荒波の将軍

-足利尊氏-
中先代の乱
 西園寺公宗の後醍醐暗殺未遂から数日後、早くも尊氏の元に早馬が駆け込んできた。
「信濃にて、相模入道(北条高時)が遺児、北条時行が挙兵致しました」
 知らせを受けて、尊氏は低く唸り声を上げた。北条時行は北条本家の忘れ形見だ。これまでの小規模な反乱と同じように捉えてはいけない。
「やはり担いでいるのは諏訪か」
「はっ。諏訪頼重、時継親子が反乱の中心となっております」
 諏訪氏は信濃に古くから土着している豪族だった。鎌倉時代には強大な北条氏の前に従っていたが、遡れば神代のタケミナカタに行き着くという由緒ある家柄である。今回の反乱も、北条時行を担いではいるが、本当の狙いは諏訪氏による信濃支配であろう。
 建武政権において、諏訪氏は不遇だった。北条氏の被官という立場が悪かった。それまで信濃の代表格として勢威を振るっていたのが落ちぶれた。
 代わって台頭したのが、平安末期から信濃に土着し始めた甲斐源氏の小笠原氏だった。
「それで、貞宗は?」
 小笠原の当主貞宗は、鎌倉政権崩壊時に尊氏と行動を共にし、その功績が認められて信濃守護となった。
 古くからの権威を誇りとする諏訪氏と、源氏の流れを汲むことを誇りとする小笠原氏が合うはずもない。両者の間には、緊張と不穏な空気が常にあった。
「時行勢の保科・四宮が攻め寄せて来ましたが、これを撃退。凶賊の西進を食い止める構えでおります」
「うむ、それで良い。信濃守護としての責務を全うしてくれ。今は小笠原勢が頼りじゃ、任せたぞ」
 本当に、心底からそう思っているような顔つきで言う。感情が面に出やすいのは尊氏の地だった。それ自体は演技でも何でもない。ただ、尊氏は自分のこういうところが時として人を動かすことを知っている。その点が狡いと言えば狡い。
「は、ははっ」
 小笠原の使者が恐縮して引き下がる。足利家の当主が見せた一面にたじろいでいるようだった。
 入れ替わりに師直が姿を見せた。こちらは付き合いが長いので、恐縮も何もあったものではない。尊氏の表情も仏頂面になった。そのくせ互いに信頼している。
「諏訪が時行を担いで決起しおった。西園寺家から逃れた四郎殿(高時の弟、時行の叔父)は合流素振りを見せておらぬようだ」
「両者は無関係だった、とは考えられませぬか」
「どうだろうな。少なくとも四郎殿は諏訪の野心に気づいておられたと思うが……」
 西園寺の暗殺計画が成功したうえで信濃の決起が重なった場合、建武政権に多大な打撃を与えていただろう。北条氏の復権も不可能ではなかった。
「それは殿も同じでござろう。これ見よがしに小笠原を重用なされておられたではありませぬか」
 師直が皮肉を交えて言った。いつものことなので尊氏も特に腹は立てない。
 尊氏は貞宗を買っていた。彼を信濃守護に推挙したのは、尊氏の力添えによるところが大きい。立ち振る舞いが爽やかで、接しているとこちらの身も引き締まる――小笠原貞宗とはそういう男だった。
 別に、最初から諏訪氏を挑発する意図があったわけではない。
 だが、結果としてこれは活かせる、と考えた。
「帝に武家の重要性を説く、良い機会になるな」
 公家衆ばかりに任せていては、世の兵乱は収まらない。武家には武家の管理機構が必要なのだ。公家が武家を支配する時代は、百年以上前に終わっているのである。
 もっとも、尊氏の発想はそこまでである。武家は公家の支配は受けないが、朝廷の――天皇の支配は受ける、という考え方からは脱却していない。武家の独立を考えているわけではなかった。
 師直は僅かに含みのある笑みを浮かべた。
「それで、いかがなされますか」
「鎌倉府に伝えよ。鎌倉という地にこだわる必要はない。適当に戦って、三河辺りまで退けと」
「なるほど。鎌倉は長年北条の本拠地でしたからな、我らが守るにはちと不向き。その点三河は足利の国ですからな」
 三河は鎌倉と京の間にある、東海道の要所だった。鎌倉を時行勢に落とさせれば、次に彼らは京を狙うだろう。そこを三河で待ち伏せて迎撃する。
 尊氏は物惜しみしない性格だった。鎌倉は武家にとって非常に重い意味を持つ地だが、そこに対するこだわりはあまりなかった。重要性は理解しているが、他の要素と軽重を図り、軽いと見れば切り捨てる。尊氏にはそういう割り切りの良さがある。
「わしは機を見て朝廷に出向き、出陣の必要性を説くとしよう。できれば武家の在り方について、直接帝に打診したいところだ」
「上手くいくといいのですがね」
「こいつ、嫌なことを言う」
 だが、難しいだろうということはよく分かる。
 朝廷に向かって武家の在り方を認めさせるのは、戦に勝つことよりもずっと難しい。

 時行勢は決起して間もなく、小笠原貞宗を攻めきれず、進軍方向を西から東へと変更。尊氏の読み通り鎌倉を狙って猛攻を始めた。
「さもあろう、鎌倉は北条の本拠。放っておくはずもあるまい」
 読みが当たって笑みを浮かべる尊氏だったが、次の報告を受けて顔色を一変させた。
「鎌倉に攻め寄せた時行勢の士気高く、足利勢は敗走! 渋川義季殿、岩松経家殿は御自害された由!」
「なにっ……」
 尊氏は思わず腰を浮かせた。唇がわなわなと震えており、使者は恐ろしげに表情を硬くした。
 渋川も岩松も足利の一門である。特に、尊氏は渋川義季に目をかけていた。若手ながら彼の才気を見込んだ尊氏は、直義に義季の妻の姉妹を娶せたぐらいである。
 その義季が死んだ。それも自害だという。
「ぐ、ぐうぅ……わしの意図を理解せなんだか……!」
 尊氏の剣幕に使者は怯えた表情を見せた。無論、彼が尊氏の言葉に応えられるはずもない。表情の変化が、悪い方に出た。
「もう良い、そなたは下がれ」
 脇に控えていた師直が使者を下げた。それでもなかなか尊氏は落ち着かない。
「なぜ自害などと早まった真似をした。わしの意図を理解していたなら、さっさと退けば良かったものを」
「戦場では不慮の事態はままあること。特に退き戦は難しゅうございます。おそらく時行勢の勢いが凄まじく、退くことも出来ぬと思われたのでしょう」
「……分かっておる」
 妻子が殺されたが如き面で尊氏は腰を下ろした。無念は消えない。
「師直、念のため西国の方にも連絡をつけておけ」
「西国……少弐や大友でございますか」
「島津もだ。菊池は無用だ、あそこは朝廷との繋がりが強い。……わしが留守の間、妙なことが起きぬよう手を打っておかねばならぬ」
 尊氏の言葉を受けて、にやりと師直はほくそ笑んだ。尊氏はこうと決めると強い。やや無鉄砲にも見えるその強さが、師直は好きだった。

 しかし、朝廷との交渉は難航した。なかなか出陣の許可が降りない。
 戦においては即決即断が迫られるときがある、今がまさにそのときだ――。尊氏はそう説いたが、戦に慣れぬ公卿衆には響かなかった。
 尊氏としては焦りが募る。
 彼の立場は決して軽くない。軍を率いて無断で京を離れれば謀反と疑われる危険があった。しかしこうして手をこまねいていては、三河にいる登子や千寿王、直義らが危ない。渋川義季の一件が、尊氏の焦りの源泉となっていた。
 帝に会いたかった。公卿たちはともかく、帝ならば。そう思うものの、機会がない。
 平時の小規模な反乱とはわけが違う。時行の決起は大きな波を呼び寄せる。それに呑まれるか、乗りこなすか、ここが瀬戸際だった。
 公卿衆が首を縦に振らない理由は分かっている。尊氏の力が怖いのだ。
 京にいるうちはまだ自分たちの土俵に持ち込める。しかし京を離れ軍勢を率いるようになれば、鎌倉政権の再来になりかねない。大塔宮が危惧していたことを、大塔宮を失脚させた者たちが恐れている。
 尊氏は出陣に際して、当然のように征夷大将軍の官職を望んだ。それが公卿衆の疑念を湧き起こしているのだが、尊氏には尊氏の言い分がある。
「この際だから私に全部任せていただきたい」
 建武政権の武家に対する扱いは杜撰極まりなかった。彼らが背景にいる限り、尊氏が討つべき敵は降伏することなく、死に物狂いで抵抗するだろう。そして、武家への扱いが変わらない以上、反乱の火種は消えることがない。
 世を鎮めるには、建武政権が武家に対し適切な処置をきちんと取るか、それが出来る者に裁定権を委ねるしかない。尊氏が見る限り、前者はまず不可能だった。
 だから、自分に全部任せろ――という意味で征夷大将軍を望んだ。見方を変えれば、それは朝廷を裏切らないという証でもある。なにしろ征夷大将軍は朝廷の位であり、天皇の臣であることに違いはないのだ。
 しかし、公卿衆たちにはそれが僭越としか映らないらしい。
 埒が明かず、尊氏の苛立ちは日々募っていった。
 ……わしに私欲がないと言えば嘘になる。しかし公卿たちはそこしか見ないのか。
 尊氏の私欲は足利氏の発展である。しかしその私欲が、同時に世を鎮める効能もあると自負している。
 公卿たちの私欲はどうだろうか。いたずらに世を乱れさせ、満足しているのは当の本人たちばかりではないか。
 そのくせ大義は自分たちにあると信じている。その根拠は一に家柄、二に帝との距離。それぐらいである。
「馬鹿馬鹿しい」
 その日、屋敷に戻って来た尊氏が終始苛々した様子で、馬を引き出させた。
 様子がおかしいと他の家人に呼ばれてきた師直は、尊氏の格好を見て眉を潜めた。
「殿、その御姿は」
 鎧姿である。まるでここが陣中であるかのような雰囲気だった。
 尊氏を出陣させまいとする朝廷の意向は師直も聞き知っている。それだけに、鎧姿の主を見て、何がおかしいのかすぐに分かった。
「出陣されますか」
「うむ。もはや悠長なことは言っておれぬわ」
 時行勢は鎌倉で軍勢を増しているという。このままでは、三河にいる直義らは間違いなく蹴散らされるだろう。そうなれば、危ないのはこの京である。
「しかし朝廷の許可を得ず出発すれば、後々あれこれと喚き立てられませぬか」
「理由など後からどうとでもなる。だが、死んだ者を後から生き返らせることは出来ぬ」
 この点が尊氏の『武人』であった。
「成程、仰せの通り」
 頷いて、師直が他の家人・郎党に向かって叫ぶ。
「我らが主の出陣じゃ!」
 その日、尊氏は朝廷の許可を得ずに三河へと走った。
 それが後々どのような結果に至るのか――このときの尊氏は、まだそのことを考えていなかった。