荒波の将軍

-鎌倉編-
登場人物
 足利高氏(あしかがたかうじ)……源氏の主流にして鎌倉幕府の有力な御家人の一族、足利氏の生まれ。幼名は又太郎。兄の急死により足利氏の当主となる。

 足利次郎……高氏の同母弟。後の足利直義(ただよし)。北条氏を嫌っている。

 赤橋登子(とうこ)……北条氏の支流である赤橋の家の娘。高氏の元に嫁ぐ。

 足利貞氏(さだうじ)……高氏たちの父親。讃岐守。出家した身であり浄妙寺殿とも呼ばれる。
 
 上杉清子(きよこ)……高氏、次郎の母。貞氏の側室。公家出身の家柄に生まれた。

 足利高義(たかよし)……高氏と次郎の異母兄。貞氏の後を継いで足利氏の当主となるも、若くして急死する。

 高師直(こうのもろなお)……足利家の執事を務める家柄の生まれ。通称は太郎。

 竹若丸……高氏の最初の子。庶子として育てられる。

 寿康丸……高氏の二人目の子。後の足利直冬(ただふゆ)

 千寿王(せんじゅおう)……高氏の三人目の子。登子との間に出来た子で、嫡子として育てられる。後の足利義詮(よしあきら)

 新田義貞(にったよしさだ)……鎌倉の御家人。高氏と同じ先祖を持つが、鎌倉からは冷遇されている。

 脇屋義助(わきやよしすけ)……新田義貞の弟。

 結城宗広(ゆうきむねひろ)……鎌倉の御家人。鎌倉幕府創設期より続く結城氏の支流。

 佐々木高氏……近江(おうみ)の佐々木氏の支流、京極の生まれ。北条高時の側近。出家した後は道誉(どうよ)と号する。

 北条高時(たかとき) ……鎌倉幕府を支配し続けてきた北条氏の本家(得宗(とくそう)家)の当主。第十四代執権。

 赤橋守時(もりとき)……鎌倉幕府最後の執権。北条守時とも。登子の兄。高氏にとっては義兄にあたる。

 長崎高資(たかすけ)……得宗家の執事である内管領(ないかんれい)。次第に主家をも凌ぐ力を持つようになる。

 長崎円喜(えんき)……長崎高資の父親。息子と共に鎌倉の実権を握るようになる。

 日野俊基(としもと)……後醍醐天皇にその才を見出された公家。討幕運動に深く関わるようになる。

 北畠(きたばたけ)親房(ちかふさ)……後醍醐天皇の側近。

 赤松円心……播磨(はりま)の悪党。

 名和長年(なわながとし)……伯耆(ほうき)の悪党。

 楠木正成(くすのきまさしげ)……河内(かわち)の悪党。

 護良親王(もりよししんのう)……後醍醐天皇の皇子。大塔宮(おおとうのみや)とも呼ばれる。討幕運動に身を投じる。

 後醍醐(ごだいご)天皇……当時二つに分かれていた皇統の一つ、大覚寺統(だいかくじとう)の生まれ。嫡流ではないが、皇統を自らの手で一つにまとめようと画策、その実現のために鎌倉打倒を狙う。