荒波の将軍

-建武編-
登場人物
 足利氏関係者
  足利高氏(あしかがたかうじ) 尊氏(たかうじ) ……源氏の主流である足利家の当主。鎌倉及び北条氏の統治能力を見限り、朝廷方へ寝返った。六波羅探題を滅ぼし、京において大きな発言力を持つようになる。鎌倉幕府討伐の功労者として、後醍醐天皇より『尊』の一字を拝領、尊氏へと改名する。

 足利直義(ただよし)……尊氏の実弟。幼名は次郎。冷静かつ謹直であり、尊氏の良き補佐役。鎌倉滅亡後の武士を足利氏の手でまとめあげたいという志を持っている。

 赤橋 登子(とうこ) ……尊氏の妻。北条氏の支流、赤橋家の出身。

 上杉 清子(きよこ) ……尊氏、直義の母。元公家の家柄に生まれた。夫貞氏亡き後、息子たちを見守っている。

 (こうの)師直(もろなお)……足利家の執事を務める家柄の生まれ。通称は太郎。軍務に長じた猛将。

 斯波(しば)高経(たかつね)……足利家の支流である斯波氏の出身。斯波氏は足利一門の中でも家格が高い実力者。

 細川 頼春(よりはる) ……足利家の支流である細川氏の出身。尊氏からの信頼は厚い。

 寿康丸……尊氏の二人目の子。後の足利 直冬(ただふゆ)

 千寿王(せんじゅおう)……尊氏の三人目の子。登子との間に出来た子で、嫡子として育てられる。後の足利 義詮(よしあきら)

 各地の武士、豪族、僧侶等

  新田義貞(にったよしさだ) ……尊氏と同じ先祖を持つ源氏の武将。鎌倉幕府を直接滅ぼしたことで一躍名を馳せる。武士としての誇りを重んずる男。

  脇屋義助(わきやよしすけ) ……新田義貞の弟。尊氏、直義兄弟への対抗心を燃やす。

 山名(やまな)時氏(ときうじ)……新田氏の一門である山名氏の当主。新田氏からは独立しており、尊氏に従う道を選ぶ。

  結城宗広(ゆうきむねひろ) ……鎌倉幕府創設期より続く結城氏の支流。鎌倉討伐の際朝廷に味方した功績により、結城氏の総領となる。 北畠顕家に従って奥州に向かう。

 佐々木 道誉(どうよ) …… 近江(おうみ) の佐々木氏の支流、京極の生まれ。北条高時の側近だったが、尊氏と共に朝廷方に協力し、佐々木一族の中で強い発言力を持つようになる。

 菊池 武重(たけしげ) ……元弘の乱で後醍醐天皇に味方した菊池氏の当主。九州の肥後一国を与えられた。

  賢俊(けいしゅん) ……元弘の乱で鎌倉に斬られた日野資朝の弟。真言宗の僧。

 北条 時行(ときゆき) ……北条高時の次男。父の仇を討とうと各地で活動。特に尊氏と義貞を憎悪している。

 赤松円心…… 播磨(はりま) の悪党。鎌倉との戦いでは六波羅を急襲、名越高家を討ち取るなど、野戦で活躍した。物静かな性格。

  名和長年(なわながとし) …… 伯耆(ほうき) の悪党。鎌倉との戦いでは隠岐に流された後醍醐天皇を迎えて戦った。陽気な性格。

  楠木正成(くすのきまさしげ) ……河内(かわち)の悪党。赤坂城・千早城といった山城を利用して、鎌倉の大軍を相手に籠城戦を繰り広げた。誠実かつ素直な性格。

 朝廷の人々
  光厳(こうごん) 天皇……持明院統。鎌倉の意向によって皇位に就いた。鎌倉を滅ぼした後醍醐に皇位就任を否定されてしまう。

 阿野廉子……後醍醐天皇の寵愛を受けた女性。

  北畠(きたばたけ) 親房(ちかふさ) ……後醍醐天皇の側近。次第に後醍醐天皇の親政に不信感を募らせていく。

  北畠(きたばたけ) 顕家(あきいえ) ……親房の子。後醍醐天皇の指示により奥州の統治を任される。

  大塔宮(おおとうのみや) ……後醍醐天皇の皇子。父と共に鎌倉討伐戦に参加し、各地に綸旨を送るなどして武士の決起を呼びかけ続けた。尊氏や義貞といった有力武士たちを危険視している。

  後醍醐(ごだいご) 天皇……大覚寺統の天皇。鎌倉討伐を果たし政務に復帰。天皇親政の強化を目指す。