長き時を経て

概要
ファイアーエムブレムとは?
任天堂から発売されているSRPGです。
商品としての「ファイアーエムブレム―聖戦の系譜」については当サイトのゲームレビューで紹介しているので、そちらを参考にしてください。

ストーリー
剣と魔法を中心とした、代表的なファンタジー世界。
その中にユグドラル大陸という大陸があった。
かつてその大陸は暗黒神ロプトウスを崇めるロプト教を国教とするロプト帝国に支配されていた。
それは恐怖と混沌、暗黒の時代であった。
帝国の力は強大で、人々の抵抗は虚しく潰えていくだけであった。

あるとき、一つの反乱が起こった。
それまでの反乱と同じく、帝国の力によって追い詰められた彼らだったが、ダーナという砦にて奇跡が起きた。
十二の神々が降臨し、反乱軍の戦士たちに自らの力と十二の神器を与えたのである。
神々の力を得た戦士たちは長き戦いの末にロプト帝国を打ち破り、大陸には平和が訪れた。
彼らは大陸各地に別れ、帝国に代わる新たな国々を築き上げた。

それから約百年後。
大陸北東にあるイザーク王国とグランベル王国の戦争を機に、大陸は再び動乱の地と化していく――――。

「長き時を経て」について
この作品は、オイフェ、フィン、ティールという3人の視点から見た聖戦の系譜の物語です。
シグルド、キュアン、エルトシャンという3人の英雄たち。
そしてその子、セリス、リーフ、アレス。
2代に渡る「3人の英雄」を影から補佐した人物たちは、長き戦いをどう見ていたのか、が一応テーマです。
ヴェルダンの侵攻から聖戦の終了までを描くつもりなので、かなり長い話になるかもしれません。
また、結構勝手に解釈してたりする部分もあります。
そんな物語ですが、お楽しみいただければ幸いです。

オリジナルキャラクター

ティール
クラス:マージ
スキル:追撃、祈り、怒り
ノディオン家臣ヒミル伯爵の子。
「長き時を経て」ではフィン、オイフェに次ぐ主要人物。
シグルド、セリスにオイフェ。
キュアン、リーフにフィン。
だったらエルトシャン、アレス親子にもそういった人物がいたら? と考えて思いついたキャラクターです。
あまり身体は丈夫ではなく、どちらかと言うと病気がち。
しかし魔法の才を持ち、機転が利き、頭脳面では天才的な力を有する。
作者のイメージとしては「竹中半兵衛+黒田官兵衛÷2」。

ヒミル
クラス:セイジ
スキル:追撃、連続、怒り
ノディオンへと流れてきた素性の知れない男。
王家所縁の女性と結婚し、伯爵の位を授かる。
ノディオンの人事改革、クロスナイツの訓練法の考案などで功績を挙げる。
現在は外交官的な立場にあり、影からノディオンを支えている。