異法人の夜-Foreigners night-

-第一部-
第十五話「雪の記憶」
 最初は悲しみから。
 次に喪失。
 そして、僅かな期待。
 結末は、どこまでも遠く。

 母と妹を失い、一人途方に暮れる零次に声をかけたものがいた。
 その名は柿澤源次郎。
 今より若かりし日のこの男は、街角にて一人たたずむ零次の姿を見て、静かに声をかけた。
「君は何かを失くしたのか」
「はい」
 うん、と言わずにはい、と答える。
 そんな幼子を見て、柿澤は悲痛に顔をゆがめた。
「君は、変わっているな」
「普通ではないと、母さんは言っていました」
「私も同じだ」
 同じとは、どういう意味なのか。
 異能の存在であることか、それとも――。
「貴方も、何かを失くしたんですか」
「そうだ。大切なものを、失くしてしまった」
「普通ではないから?」
「普通ではないからだ」
 零次の問いかけに、静かに頷く。
 その言葉に込められた重みは、この二人にしか分からないだろう。
「一緒にいてはいけないのだろう。私や君は、この世界において異物だ。どこにも、受け入れられない」
「みにくいアヒルの子、みたいですね」
「否定はしない」
 風を確認し、零次に煙がいかぬよう気をつけながら、柿澤は煙草を吸った。
 しばらく無言の時が続く。
 沈黙の幕を閉じたのは、柿澤だった。
「一緒にくるか」
「受け入れられないのでは、ないんですか」
「異物同士ならば問題ない。みにくいアヒルの子は、白鳥の群の中では正常なのだよ」
 その一言が、彼のスイッチを押した。
「それでは、やはり」
「やはり?」
「アヒルと白鳥とは、分け隔てるべきなのですか」
「アヒルたちが寛容であれば、その必要はないのだがな」
 柿澤はそう告げた。
 心中、何を考えているかは分からない。
 ただ、こんな子供を相手に語っているにしては、柿澤は本気の様であった。

 雪の積もる日。
「あれ?」
 一人の少女が、公園の入り口で立ち止まった。
 いつも遊んでいる、郊外の公園。
 町中にある公園と違い、人はいない。
 彼女は時折、この"自分だけの秘密の場所"にやって来ていた。
 その場所に、自分以外の人がいた。
 同年代ぐらいの、少し暗い表情の男の子。
 なんだか自分の場所が取られたみたいで、気に入らない。
 そんな子供じみた考えから、彼女は男の子の側に近寄るなり、
「えいっ」
 と、いきなり雪を投げつけた。
 自分だけの場所を守るために、追い出そうとしたのだろう。
 感情的なものであって、そこに理屈はなく。
 だからこそ、少年の心を傷つけた。
「……ごめん。いちゃ、いけなかったんだね」
 寂しそうに呟くと、少年――零次は、ゆっくりとその場を立ち去った。
 慣れていた。
 雪をぶつけられることなど、優しい方である。
 ひどいときは石を投げつけられたり、直接蹴り飛ばされたり、箒かなにかで頭が割れるぐらいに叩かれることもあった。
 ――普通では、ないから。
 零次は周囲の人間を恨むよりも、まず自分自身を恨んだ。
 なぜ自分は他の人と違うのか、と。
 誰にも受け入れてもらえないのは、自分のせいなのだと。
 だから、そのときも少女に対し何を言い返すでもなく、そのまま立ち去ってしまった。

 また別の日。
 零次は一人、郊外の木の下で眠っていた。
 この頃には彼は異邦隊の隊員となっていたが、何分幼い。
 また、当時は現在と比べても規律がいい加減だったので、その行為を咎めるものはいなかった。
 と、そこに一つの影が忍び寄っていた。
 幼いながらも、零次は気配には敏感な方である。
 すぐに気づき、どこかへと立ち去ろうとした。
 逃げようとした、と言い換えてもいい。
「待って!」
 影が発した声に、零次は動きを止めた。
 自分に対して、どこかへ行け、あっちに行け、近づくな、といった言葉を向ける者なら何人もいた。
 しかし、待ってくれ、などという言葉が送られてくるとは思っていなかった。
 その声に、恐る恐る振り返る。
 そこにいたのは、先日零次に雪を投げつけた少女だった。
「っ!」
 零次は咄嗟に駆け出し、少女が見えなくなるまで足を動かし続けた。
 後ろから「待って」という声が何度も聞こえてきたが、聞き入れる余裕などなかった。
 やがて十分ほど走り続け、零次は後ろを振り返った。
 少女の姿はない。
 よくよく注視してみても、その姿はどこにも確認できなかった。
 当然だろう。
 強化能力者の零次と、一般人の少女とでは脚力が違いすぎる。
「これでいいんだ」
 そう言い聞かせ、零次は自分にあてがわれた一人きりの家に向かった。
 ただ、胸の中に僅かな痛みを残して。

 また別の日。
 零次は、あの日の少女のことが妙に気になっていた。
(あの木のところに行ってみようかな)
 そこにあるのは、ほんの僅かな痛みと罪悪感。
 雪を自分に向かって投げてきた少女。
 待って、という少女を振り切って逃げた自分。
(どう、違うんだろうな)
 そんなことを思いながら、その場所へと足を運ぶ。
 そこに、少女はいた。
 辛そうな顔をして、座り込んでいる。
 零次はどうしたものかと、迷っていた。
 なんだか放っておけない。
 しかし、話しかけてまた雪をぶつけられるのも嫌だった。
 と、どうすればいいかと悩んでいるうちに、足元にあった枝を踏んでしまった。
 その音に気づき、少女は顔を上げて零次を見た。
 目に見る見るうちに涙を浮かべ、ゆっくりと――本人は走ろうとしているようだったが――零次の方にやって来た。
 そして、頭を下げる。

「ごめんなさい」

「え……?」
 零次は何を言われているのか、分からなかった。
 謝られることなど、久しくなかった。
「なんで……あやまるの?」
「私、雪ぶつけちゃって。そのときすごく、寂しそうだったから」
 涙ぐんでいるせいか、その声は聞き取りにくかった。
 それでも、零次は少女の一言一言を、漏らすことなく心に刻み込んだ。
 心の中の痛みが、僅かに癒えた。
 ひょっとしたら。
 この女の子なら、自分を受け入れてくれるのではないか、と。
「僕も、ごめん」
「え?」
「待って、って言ってたのに、逃げちゃったから」
「あ、でも……」
「あやまろうと、してくれてたんだよね?」
「……うん」
 弱々しく、だがしっかりと少女は頷いた。
 なぜか、零次の方も涙を浮かべてしまっている。
「僕、久坂零次」
 震える声で、名前を告げる。
「私は冬塚涼子」
 少女――涼子も頷いて、応じる。
 その名前を確認して、零次は小さな声で告げた。
「もしよかったら、友達になってくれませんか――」

 ふと、うたた寝をしてしまっていたらしい。
 机の上にうつ伏せになりながら、涼子は寝ぼけた頭を必死に覚醒させようと務めた。
 目の前には昔のアルバム。
 収められているのは、まだ幼かった自分や、健在だった家族。
 そして隅の方にある写真。
 そのたった一枚には、幼き日の零次が写っている。
 涼子と二人で、手を繋いでいた。
「そっか。これ見てたから、昔の夢見ちゃったのかな」
 零次と初めて出会った日。
 何もかもが懐かしい。
 罪悪感と、後悔。
 そこから始まった、一冬の思い出。
「……あれ?」
 しかし、その結末は思い出せない。
 両親が死に、慕っていた姉が死に。
 それ以来、気づけば零次もどこかに姿を消してしまっていた。
 何があったのか、どうしても思い出せない。
 今までは両親の死んだ時期、ともあって思い出そうとすらしていなかった。
 無意識に避けていたのである。
 しかし、いざ思い出そうとすると、そこだけ霧に包まれているかのように、不鮮明で曖昧になっている。
 これは、どういうことだろう。
「うーん」
 首を捻りながら、考え続ける。
 しかし結論が出る前に、涼子は別のことを思い出した。
「あっ、お買い物行かなくちゃ」
 夕飯だけならば問題ないのだが、明日は零次の分の弁当も作らねばならない。
 そうなると、いささか材料の残りが不安だった。
「ってもうこんな時間っ……早く買いに行かないと」
 慌てて上着を身につけ、部屋を飛び出していく。
 あとに残されたのは、見開かれたままのアルバム。
 その中にいる久坂零次は、どこか誇らしげで、嬉しそうな表情をしていた。

 壊れた正義はどこへ向かうのか。
 過去と現在と。
 期待と義務と。
 危ういバランスを保ちつつあった零次の精神がにわかに傾き、崩壊が始まった。
「ちぃっ、こいつ……!」
 目の前に立つ悪魔を目にし、梢は動けずにいた。
 異様な威圧感が、彼の行動を妨げている。
 咆哮一つごとに、地が揺れ天が震える気さえした。
 刹那、梢の身体が吹き飛ばされた。
 成す術もなく壁に叩きつけられ、胃の中に溜まっていたものを吐き出しそうになる。
「――っ……お……!」
 声が思うように出ない。
 もともと刃との戦いで大怪我をしている身。
 脱走する際や零次との戦いでは無理をして動かしてはいたが、本調子とは言えない状態であった。
 いや、本調子であったとしても梢では、今の零次にはかなわないだろう。
 久坂零次の内に秘められた、禁断の能力。
 彼は悪魔をその身に宿していると言われていた。
 その悪魔の力を限定的に解放し、自らの力として使役する。
 結果の一つが、あの黒き腕というわけだった。
 しかし、悪魔は常に破壊を求める。
 あまり過度に解放してしまっては、零次自身制御することができない。
 制御には能力者の精神状態が深く関わっている。
 平常心を乱してはならない。
 己を追い詰めてはならない。
 その二つが、能力制御のために零次が自身に言い聞かせていたことだった。
 しかし、その均衡は倉凪梢の出現、冬塚涼子の存在によって崩れ落ちた。
 零次の心は追いやられ、悪魔が目覚めてしまった。
 梢如きの実力では、どうにもならない相手だ。
「く……そっ」
 見ると、零次は先ほどから動いてすらいない。
 おそらくは魔力を用いて、近くにいた梢を吹き飛ばしたのだろう。
 触れるまでもない相手。
 そう思われていることに気づき、梢は激昂した。
「このクソ野郎がっ!」
 そう言って拳を振り上げる。
 寸分の合間もなく、眼前に漆黒の身体が迫ってきた。

 刹那。

 零次と梢との間に、黄金の盾が現れた。
「っ!?」
 突如現れた盾を警戒し、零次は引き下がった。
 訳が分からないのは梢も同じで、この黄金の盾を警戒しながら見ていたが、あいにくとあまり身体は動かせない。
「なん、だ?」
「なんだとは失礼な。せっかく助けに来たんですよ?」
 と。
 聞き覚えのある声が、訓練場に響き渡る。
 声の主は姿を現すよりも先に、
「白銀よ、敵を討て!」
 と、命を下した。
 その声と共に零次目掛けて十の銀の刃が降り注ぐ。
「ああああぁぁぁぁっ!」
 零次は雄叫びを上げつつそれらの刃をなぎ払う。
 全て、地に叩き落された。
 その隙に、梢の隣に降り立った男がいる。
「お前は……」
「矢崎刃が弟、矢崎亨」
 亨は、梢の方を振り返ることなく、零次に向き合った。
「一身上の都合により、助太刀します!」

 広い訓練場で彼らは対峙していた。
 もはや理性を失い、己の力をありのままに振るう零次。
 その眼前に、梢と亨がいる。
「逃げましょう」
 颯爽と現れた亨がまず言い出したのは、そんなことだった。
 だが無理もない。
 普段の零次ならばともかく、力を解放した零次に対して勝ち目はない。
「なんでだ」
 そんなことは分かっているはずなのに、梢は亨に問う。
 いかにも不機嫌そうで、逃げるという行為には頭から反対しているようだった。
「なんでって、アレに勝てると思いますか?」
「思わない」
「じゃ逃げるしかないでしょう。僕が手を貸しますから、すぐに……」
「馬鹿野郎」
 差し伸べられた手を跳ね除けて、梢は自力で立ち上がった。
 ふらふらになりながらも眼前の敵を見据える。
「あんなん放っておけるか」
 梢は危惧していた。
 見たところ今の零次は理性を完全に失っている。
 単純な破壊衝動によって、行動していると見るべきだった。
 そんな相手が町にでも出たとしたらどうなるのか。
「いや、でも」
 亨は梢の言わんとすることが分かったが、賛同する気にはなれない。
 ここで二人、戦ったとしてもすぐに倒されてしまうのがオチであろう。
「まぁ心配すんな」
 ニッ、と笑って梢は亨の肩を叩いた。
「お前が着てくれたんだ。勝てる見込みも少しは出てきたってもんだぜ」
「……?」
 勝てる見込みなどあるのだろうか、と亨は疑問に思った。
 梢は見ただけでも分かるほどの手傷を負っている。
 亨は到底零次に敵うだけの実力など持っていない。
「なぁ亨。お前、魔力は活動力の源だって知ってるか?」
 と、突然梢はそんなことを言ってきた。
 亨は頷く。
 その"源"を失ったせいで、他ならぬ兄が昏睡状態に陥っているのである。
「ええ、それがなにか……?」
 ちらりと、怪訝そうに梢を振り返った瞬間。
 ごうっ、と凄まじい音を発し、零次が亨に迫ってきた。
 それだけでも物凄いプレッシャーとなる。
 零次の身体から放たれる魔力が、亨の全身に襲い掛かるようであった。
「くっ、黒金、我が盾となれ!」
 言葉と同時に、亨のポケットから鉄球が飛び出した。
 それは瞬く間に強固な盾なり、零次の攻撃を受け止める。
 が。
 零次の攻撃はそんなものでは防ぎきれない。
 鉄の盾は瞬時に鉄屑と化し、その背後にいた亨にまで攻撃の手は伸びた。
(なんて、圧倒的……!)
 底冷えするような気持ちでその攻撃を眺めている。
 と、そこで亨は横から強い力で引っ張られ、投げ飛ばされた。
 梢が零次の攻撃から、亨を助けたのである。
 亨がいた空間を突きぬけ、零次の拳は壁にまで達した。
 その瞬間、建物全体に激震が走る。
 零次は壁を突き破り、そこに巨大な空洞を作り上げていた。
(あんなものをまともに喰らったら、身が持たない……!)
 破壊の跡を見つめながら、亨はグチャグチャになる自分を想像してしまった。
 ひどく気分が悪くなる。
 そんなものは想像するべきではない。
 してはいけないものだ。
 そう言い聞かせるようにして、亨はその雑念を振り払った。
「梢さん、やはり」
「まぁまともに戦ったら死ぬわな」
「何を気楽そうに言って――」
 そこまで言いかけて、亨は言葉を飲み込んだ。
 梢の顔が真っ青だったからである。
 それに汗だらけ。
 あの破壊力を目の当たりにして、何も感じないはずはない。
「ただ、時間さえ稼げばどうにかなる」
「どうにかなるって……」
「いいから、十分ぐらいだ。必死に持ちこたえるぞ」
 それで話は終わりなのか、梢は亨から離れて構えを取った。
「おら、早くかかってこいや!」
「ぐぅぅぅぅぅ……アアアアアアアアアアァァァァァ!!!」
 絶叫。
 それは獲物を狩る獣の叫びではなく、悲しみを纏った嗚咽。
 零次は、梢に向かって突撃する。
 そんな零次を、梢は笑顔で迎え入れた。
「お前が何を抱えてるかは知らねぇが……とことん、付き合ってやる!」

 地下十二階。
 そこは異邦隊隊長である、柿澤源次郎の私室。
 隊員は誰も入ることができない、禁断の地。
 そこに、霧島直人はいた。
 周囲は薄暗くてよく見えないが、どうも何かの遺跡のようになっていた。
 石造りで、ひどく古いものに見えた。
 電気などは見当たらない。
 もっとも、あったとしてもつける気は霧島にはなかったが。
(さっきの揺れは、零次のアレが発動したか?)
 手探りで未知の遺跡を進みながら、霧島は危惧していた。
 梢は死ぬかもしれない。
 零次が能力を完全に解放した場合、その戦闘能力は平常時の比ではない。
 まともに相手をしていては、梢は死ぬしかない。
 また、そんな結果は零次としても望んでいないだろう。
 その行いを自らの咎とし、さらに自分を責め続けることになるだろう。
 そのような結果は霧島とて、望むところではない。
 彼は梢に対してもそうだが、零次にも自分の弟のような感情を持っていた。
 いや、彼からすれば吉崎も美緒も、矢崎兄弟も赤根も藤村も。
 それら全ての者が、自分の弟分、妹分であるかのように思えている。
 助けに行こうかと何度も考えたが、結局は行かずにいる。
 と言うよりも、行きたくても行けなかった、と言った方が正しい。
 彼は彼で、あまり好ましくない状況に陥っていたのである。
(周囲に三十人)
 それが今の彼が置かれている状況である。
 彼の周りに、何者かがいる。
 姿は見えないが、敵意と気配だけは、やけに濃厚に感じ取れた。
(奴さん、完全に俺に気づいてるようで)
 一応気配遮断は行っているのだが、それも無駄なようであった。
 進める道は二つ。
 一つは一目散に逃げること。
 もう一つは、相手を全員蹴散らすこと。
 しかし、それはあくまで進める道のこと。
(進むべき道は、ハナっから一つだけよっ!)
 そう念じ、一番近くに感じた気配に飛び掛り、一気に突き上げる。
「ギ――!」
 手応えあり。
 相手は人型のようであった。
(この感覚……そして今の声)
 結論を思い浮かべるよりも先に、霧島の一撃に反応したのか周囲の気配が一斉に飛び掛ってくる。
 しかしそんなものは霧島の敵ではない。
 ただ、その正体が霧島にとっては重要であった。
 なだれ込むようにして襲い掛かる敵を蹴散らしながら、霧島は一人確信した。
「こいつら、強化人間か!」
 人間の身でありながら異能たる者への進化を強制され、全てを失った哀しき亡者。
 そんなものが、柿澤源次郎の私室にいる。
 それがどういう意味を持っているのか。
「ハッ――前からクサイクサイと思ってはいたが……決定的だな、隊長!」
 自分は喜んでいるのか、怒りに打ち震えているのか。
 それすらも分からないままに、霧島は甲高い声をあげながら、強化人間を蹴散らし続ける。

「げほっ」
 口から血が吹き出る。
 梢は喉を押さえながら、足を立てようとする。
 しかし膝に力が入らず、途中で倒れてしまった。
 眼前では亨が零次から必死に逃げまわっていた。
 どうやら亨の能力は金属を操作、擬態化させることのようだ――と梢は読んでいた。
 そして、彼の能力では零次には絶対に勝てないということも。
 根本的な戦闘能力が違いすぎるのである。
 梢が瓦を十枚割れるとしたら、あの零次は五十枚は割ってのけるだろう。
 亨の金属防御などは瓦で言うならば七、八枚分程度でしかない。
 あまりに差がありすぎる。
 それでも梢は、喜色を浮かべていた。
「オオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオォォォォォッ!」
 悪魔の怒号が響き渡る。
 その声にまで威圧的な魔力が含まれているようでもあり、聞くだけで空恐ろしくなる。
 だが、それこそが奴の弱点だ、と梢は見ていた。
 残された魔力を解き放ち、飛び交う零次の足に蔦を巻きつける。
 すぐさまそれは引きちぎられるが、そのことで梢の存在を思い出したのか、零次がギョロリと梢の方を見た。
 無様に倒れている敵対者。
 握りつぶすことはいとも容易く、またその意志も十分にある。
 零次は梢に向かって、何度目かの突撃をし、
「黄金よ!」
 途中で、亨の放った黄金の鎖によって捕らえられた。
 亨はその鎖に相当の魔力を送り込んでいた。
「この鎖から逃れることは、容易じゃありませんよっ!」
 その刹那、快音と共に黄金の鎖は粉々に砕け散った。
「なっ……」
 信じられないという風に全身を硬直させる。
 今度は、零次の敵意が亨に向けられた。
「グゥゥゥォオオオォォォォォァアアアアアアアア!」
「ひっ!」
 地の底から響くような声で、零次は亨に迫る。
 だが。
「もう、いいだろ」
 梢は、そう呟いた。
 そう大きい声ではない。
 しかし、その声はやけに響いた。
 その一言で、亨も、そして零次さえも止まった。
 そして、零次の身体が地に沈む。
「……っ!」
 突然の事態に、亨は驚きを隠せない。
 言われたとおり、死ぬ気で十分ほど持ちこたえた。
 するとどうだろう、結果として零次は……絶対に敵わないと思っていた相手は、倒れている。
「なぜ?」
「あん?」
 動くこともできないのか、梢は倒れたまま聞き返した。
「ああ、なんでこうなったか、か? 簡単だよ、魔力切れたんだ、そいつ」
「そんなに簡単に魔力が枯渇するはずないでしょう?」
 普通活動できなくなるぐらいに魔力を使い切るということはない。
 無意識のうちに、ある程度魔力の消費は抑えられているものなのである。
「いや、それがするんだな。こいつの場合」
 零次の場合は、事情が異なる。
 純然たる破壊本能だけに突き動かされ、そこに理性は一切存在しない。
 また、雄叫びや、周囲へ威圧感を放つというだけのことにも魔力を用いている。
 要するに、無駄が多い。
 その手加減のなさは確かに比類なき恐怖を相手に与えるが、長持ちしないのである。
 結果、十分も戦えば力尽きる。
 もっとも刃と違い、根こそぎ奪われたという状態ではない。
 しばらくは目が覚めないだろうが、数日経てば再び目覚めるだろう。
「なるほど……」
 梢から説明を受けて、亨は納得した。
 と同時に、梢を見直す気になった。
 思っていたよりも、状況判断能力がある。
「大丈夫ですか」
 梢に肩を貸しながら尋ねる。
 亨も零次との戦いで手傷を負っていたが、梢に比べれば随分とましである。
「ああ、すまねぇ」
「すぐに脱出しましょう。吉崎さんにも連絡してあります」
「……ちょっと待ってくれ」
 と、出口へ向かって歩き出そうとする亨を止めた。
「どうかしましたか?」
「あいつを、連れて行きたい」
 梢が示したのは倒れている零次だった。
 今では黒く変貌した姿も解け、元の人間の姿に戻っている。
 漆黒の翼も、今はない。
「僕は反対です、零次は異邦隊という組織の考えに最も忠実な人間の一人。貴方とは合いませんよ」
「それは分かってる。別にこいつを仲間に加えたいわけじゃない」
「ではなぜ?」
 亨の問いかけに、梢は面白くもなさそうに呟いた。
「こいつ、迷ってるみたいだからな。ここに置いておくよりは、外に出してやった方がいいんじゃないかって思っただけだ」
「……分かりました」
 渋々亨は頷いて、零次を抱えた。
 それを辛そうだと見たのか、梢は亨から離れた。
「いいんですか?」
「ああ、俺は自分で歩ける」
 そいつは、まだ歩き始めていない。
 そんな意味を言外に込めながら、梢は皮肉げな表情を浮かべた。

 その様子を遠くから眺め、霧島は満足そうな笑みを浮かべた。
「どうやらどっちも無事だったみたいだな……」
 心底ホッとした様子である。
 が、すぐに表情を引き締める。
「ちと派手にやり過ぎちまったし、協力者も外に出る。となれば、ここに長居は無用だな」
 異邦隊員用に支給される携帯を握りつぶしながら霧島は一人、赤間カンパニーから姿を消した。