異法人の夜-Foreigners night-

-Border Breaks-
登場人物

冬塚 涼子 (ふゆつか りょうこ)
本作品のメイン・キャラクター。
梢の後輩で美緒の親友。七年前の記憶に空白がある。
ある事件に巻き込まれ、以後非日常へと関わっていくことに。

久坂 零次 (くさか れいじ)
本作品のキーパーソン。
異常な力を持つが故に心に大きな傷を負い、人と共に過ごすことを諦めた。
総合的な戦闘能力は異法隊内でもトップクラス。
梢と接触後、七年前の出来事を軸にした事件に関わっていく。

倉凪 梢 (くらなぎ しょう)
本作品のヒーロー。
異常な力を持ちつつも、普通の人々と共に過ごしてきた。
草を生み出す能力の持ち主で、型にはまらない戦い方を得意とする。
ある事件を境に異法隊と戦うことになる。

(はるか)
本作品のヒロイン。
異法人とは別種の能力者で、物心ついた頃からある研究機関に囚われていた。
梢と出会うことで、初めて「日常」へと身を置くことになるのだが……。

吉崎 和弥(よしざき かずや)
梢の親友であり、兄弟弟子であり、相棒。
『悪党退治』の際には、梢を情報面などでサポートする。
梢たちに取って家族同然の存在。

霧島 直人(きりしま なおと)
零次たちの兄貴分である異法隊員。
速度重視の戦い方を得意とし、異法隊員の誰もが本気の彼には追いつけない。
その場のノリと勢いで動いているようにも見えるが、時折謎の行動を取る。
ある事件をキッカケに冬塚涼子と接触するが……。

矢崎 刃(やざき じん)
零次たちと同様異法隊員。
攻撃力、防御力共に優れた異法隊最大のパワーファイター。
寡黙な男で普段はあまり口を開かないが、割と情熱的な一面も。

矢崎 亨(やざき とおる)
兄と同じく異法隊員。
美緒とは同じクラスで、年が近いこともあってか零次と行動を共にすることが多い。
人との共存に関しては零次よりも楽観的で、異法隊内では比較的一般人に近い人物。

赤根 甲子郎(あかね こうしろう)
異法隊の問題児として疎まれている若者。
隠密行動、情報収集を得意とするが、戦闘力も高い。
野性味溢れる好戦的な性格だが、実は女子供に弱い。

藤村 亮介(ふじむら りょうすけ)
唯一異法人ではない異法隊員。『ただの能力者』と自称している。
彼は身体能力が人並のため、前線に出ることはない。
それ故に柿澤源次郎のサポートにつくことが多く、もっとも彼に近い人物といえる。

柿澤 源次郎(かきざわ げんじろう)
異法隊秋風支部を任されている隊長。
遥に関する秘密を知っているらしく、彼女を"保護"しようとするが……?

倉凪 美緒(くらなぎ みお)
倉凪梢の妹。冬塚涼子の親友。
吉崎のことが好きらしく、なにかと彼に梢のことを頼んでいる。
身内のことになると心配性な面もあるが、それは彼女と梢の過去に原因がある。

榊原 幻(さかきばら げん)
梢にとっては育ての親であり、武術の師でもある人。
倉凪兄妹を十年ほど前から引き取り、居候という形で面倒をみている。
秋風署に所属する警部補で、今は亡き倉凪兄妹の父親とコンビを組んでいた。