異法人の夜-Foreigners night-

-Border Breaks-
あらすじ
二〇〇三年、春。
自然の多い都市・秋風市。
駅付近の都市部を除けば平凡なこの町で、人知れずある事件が起きる。
近年増加する人身売買の裏に隠された研究。
夜な夜な出没する、人ならざる怪人の噂。
普通の人々にとっては信じがたい、虚構のような物語。
それらは、薄い境界線の向こう。
……日常のすぐ側に存在していた。