ま行
牧島裕一 (まきしま ゆういち) 【人名】
研究機関のメンバーで、所属施設では主任を務めていた。
奇形(フリーク)という能力を持ち、機関壊滅後はそれを自らの名前とした。

非常に不安定かつ歪な心の持ち主。
マッドサイエンティストとしての一面、苦悩する青年としての一面など、様々な面を持つ。
ザッハークと共に強化人間を引き連れて榊原家を襲撃、遥の奪取に成功。
歪んだ性質をザッハークに見込まれ、機関壊滅の際も彼だけは見逃された。
その後「世界を変える」という柿澤の思想に興味を持ち、彼らに協力を申し出る。

あれも駄目これも駄目という、ある意味ザッハークに似た心の持ち主。
おそらく、そういったところが気に入られたのだろう。

父親によって半ば無理矢理新型能力の被験体にされた。
そのことで機関及び異能の存在に憎悪を抱くようになり、そこから徐々に心が歪んでいく。
似たような境遇にあった遥に対し、親近感を抱いていた。
また、藤村亮介に対しても、自分と似たものを感じ取っていたようである。

何がしたいのか自分でも分かっておらず、その解答を求めるために柿澤らに協力した。
最後は刃の手によって討ち滅ぼされる。臨終の際、ある問いかけを残した。

対立という構図において、争う両者の間で苦しむ第三者を表したキャラクター。
第一部には存在せず、border breaksで新たに追加されたキャラクターでもある。
当初はあまり深く考えず作り出したが、話数を進めていくうちに方向性が決定。
最終的にはこのような形に落ち着いた。

争う者の間で苦しむ第三者、というテーマはいつかまた書いてみたいと思います。


牧島幸光 (まきしま ゆきみつ) 【人名】
牧島裕一の父親。
昔、尋常ならざる何者かに妻を惨殺され、自身も危うく殺されそうになったことがある。

一命を取り留めた彼は復讐の念を燃やし研究機関に入り、そこで奇形(フリーク)の開発に着手。
その復讐の念は凄まじく、奇形(フリーク)の能力開発のために息子を実験台にしてしまう程。
最後はザッハークによってトラップの起動スイッチにされ、死亡した。

あまり目立たないが、異能の者に被害を受けた一般人の代表。
その復讐心は狂気の域に達し、息子の心を大きく歪ませるに至る。

対立という構図における被害者の怒りを象徴したキャラクター。
もう少し出番を与えるべきだったと反省。


増田 (ました) 【人名】
零次のクラスメート。
吹奏楽部の部長。

初出は日常編特別版だが、border breaksでも端役として登場した。


幻想焼却 (マジック・ヴェイパー) 【能力】
炎銃ヴィリが内包する魔術。
魔力や魔力で構成されたものを焼き尽くす炎の力。

ヴィリを手にし、起動詠唱を行うことで炎の竜が出現、敵の魔力を焼き尽くす。
あくまで魔力に類するものしか焼かないため、人体への直接攻撃にはならない。

その性質から、ザッハーク戦では大活躍。
最終決戦において、三頭の大蛇のうち一頭を討ち滅ぼした。

起動詠唱は以下の通り。
「神秘を焼き尽くせ、幻想を打ち砕け、夢は夢へ還せ。顕現せよ、人に創られし偽りの神。その名を晒せ————業火の魔銃!」



魔獣 (まじゅう) 【俗称】
ザッハークの力によって生み出された、自立型の魔獣たち。
その全てが魔力で構成されている。
涼子や吉崎にも見えていたことを考えると、それなりの魔力が使われているようである。

強化人間と共にborder breaksにおける雑魚代表。
どれだけの魔力で作られたかによって性能が異なる。
姿形も様々で、自らの意志で形態変化をすることが出来るようだ。


魔術 (まじゅつ) 【用語】
魔力を用いて『起こり得ることを起こす』技術。
起こり得ない現象は引き起こせない。

異法と違い、努力次第で誰でも身に着けることが出来るもの。
現象の起こりやすさに応じて難易度が増減する。

用途や系統は多岐に渡る。
border breaksでは柿澤が涼子の記憶を封じたり、ザッハークが人避けの結界を張ったりしていた。
柿澤の"儀式"や、優香・遥の力も魔術に分類される。
ヴィリとヴェーもこの技術によって作り出された。
当然、ヴィリの力を応用して作られた「魔を払う光の大樹(ヘイムダル・グリーン)」も魔術に属する。


魔術師 (まじゅつし) 【用語】
魔術を扱う者たちの総称。
border breaksでは遥や優香、柿澤源次郎にザッハーク、冬塚水穂らが魔術師に分類される。
幸町も魔術は扱えるが、魔術師を名乗れる程のレベルではないらしい。

基本的には『家』という共同体の中で魔術を研究する日々を送っている。
ほぼ例外なく秘密主義で、自分の技術を公表することを好まない。
正体を隠すことに長けており、縁のない者が彼らを探し出すのはとても難しい。
冬塚夫妻は遥救出に関して飛鳥井家を頼ろうとしていたが、連絡が取れなかったため断念している。

国内においては飛鳥井、奈良塚、古賀里、泉の四家が代表的。
飛鳥井は魔術全般、奈良塚は魔術道具作成、古賀里は破壊、泉は精神系統に特化していた。
古賀里家と泉家は既に滅んでいるが、その技術は今も両家の生き残りたちが抱えているようだ。


魔術同盟 (まじゅつどうめい) 【組織】
魔術師たちの『家』が集まった組織。

秘密主義の魔術師たちに同盟も何もあったものではないが、この同盟は研究の果てに暴走する可能性がある魔術師たちの統率を図るために作られたものなので、別に矛盾はしていない。
また、滅多にないことだが、魔術師が個人ではどうにもならない状況に出くわした際の救援要請も受け付けていたりする。
同盟による魔術教育や、魔術道具の貸し出しなど、いろいろ便利な施設ではある。

世界中に支部が存在するが、なぜか本部の存在は確認されたことがない。
また、同盟を取り仕切る盟主の存在は一部の者しか知らず、発足の歴史も闇の中。
なんとも胡散臭いが、活用法はそれなりにあるので大概の魔術師は所属している。

飛鳥井や奈良塚なども所属しており、幸町も奈良塚傘下として加わっている。


魔術連盟 (まじゅつれんめい) 【組織】
魔術同盟と違い、魔術師たちの研究を積極的に支持する組織。
当然同盟との仲は最悪で、互いに顔を合わせれば殺し合いに発展することもざらである。

活動資金はスポンサー任せのため、スポンサーの指示には逆らえないという欠点がある。
そのためその理念とは裏腹に、実際は所属している魔術師たちもあまり研究に専念できずにいる。

有能な魔術師と言うのも、同盟に比べればほとんどいない。
同盟よりも有利な点は、スポンサー経由で政治的な面での力も持っている、ということである。

border breaksではザッハーク包囲網に参加したが、他の組織とは連携を取っていない。


魔力 (まりょく) 【用語】
異法や魔術を使用する際に必要となる要素。
人の活力とも言えるもので、魔力が尽きると怪我の有無に関わらず行動不能となってしまう。

大気中に漂う魔力素(魔力源とも言われる)を魔力泉という機関に通すことで精製される。
魔力泉は各個体毎に異なり、そのため精製される魔力も個体毎に異なる性質を持つ。

普通の人間には見えず、先天的な才能の持ち主以外は訓練をつまないと認識出来ない。
ザッハークの魔力は皆視認していたが、あれは魔力量が並外れていたからである。


魔を払う光の大樹 (まをはらうひかりのたいじゅ) 【能力】
「魔を払う光の大樹(ヘイムダル・グリーン)」の項参照。


三嶋教習所 (みしまきょうしゅうじょ) 【地名】
秋風市東部にある教習所。
吉崎や藤田はここでバイクの免許を取得している。

ここの近くに遥が囚われていた施設があった。


御法 (みのり) 【家名】
国内の治安を守ることを使命とする家。
様々な人材を抱えており、普通の人間ではどうしようもない事態が発生したときに動く。
その性質上魔術組織や退魔組織と連携して動くことが多い。政府との直接的な繋がりはない。

border breaksでは、ザッハークとの最終決戦に参戦。
特に描写されていないが、ザッハーク包囲網で縦横無尽の大活躍をしていたと思われる。


無限爪舞 (むげんそうぶ) 【能力】
赤根甲子郎の切り札。
細かく刻んだ無数の爪で敵を攻撃する技。
中距離もしくは遠距離攻撃として使う。

無数の刃で敵を切り刻むため、この技を避けるのは至難の業。
爪の一つ一つは切れ味が落ちているが、全方向から一斉に攻撃するので殺傷力は充分。
ただ、この技を使っている最中は赤根本人が無防備になるという欠点がある。


思い出の映像劇 (メモリアル・ムービー) 【能力】
藤村亮介の力。魔術に分類される。
触れた対象の記憶を映像化することが出来るが、音声は出ない。
相手への尋問、味方からの報告をサポートする形で使われる。

普段はある程度力が抑えられており、藤村が本気を出すと性質が変化する。
どのような性質を持つかは藤村がある程度決めることが出来る。
本編では以下のように使われた。

——藤村の周囲半径20m以内に立ち入った者相手に強制発動。
対象者の中に色濃く残る思い出が出現、同時に対象者は結界の中に閉じ込められる。
結界を越えることが出来るのは対象者、あるいは対象者と同じ思い出を共有する者のみ。
対象者が思い出に対し解答を導き出し、決別を心に思い浮かべることで結界及び思い出は消え去る。
また、この状態になると音声が付くようになる——。

零次たちの足止めを任された藤村はこのように能力を発動させた。
これには、零次に過去を乗り越えさせようという意図があったようである。

ちなみに涼子に対して「本人が覚えていない記憶は映像化出来ない」と言っていたが、これは偽り。
やろうと思えばやれるのだが、藤村は「ここで彼女の記憶を揺さぶるのはまずい」と思い、嘘をついたのだ。
この辺り、藤村は内心相当苦悩していたようである。


モルト・ヴィヴァーチェ (もると・ヴぃヴぁーちぇ) 【能力】
霧島直人の異法。
対象の速度を上昇させることが出来る力。

非常に単純かつ強力な能力。
限界というものはなく、速度はどこまでも上昇可能。
ただし無理に速度を上げ過ぎると、対象にかかる負担が増していくので危険。
この能力を使うと、周囲の動きがスローモーションに見えるようになる。

名前は音楽標語から。
しかし後になって、上遠野浩平先生の「ビートのディシプリン」の主人公、ピート・ビートの技と被っていることに気づく(本作を書く前に私はビートのディシプリンを既に読んでいた)。
狙って書いたわけではないけれど、ここまで見事に被ってるとさすがにお恥ずかしい限り。
無意識にやってしまったんだろうか……。