魔法使いの旅

七夕
 風が心地よい夜だった。
 彼女はベランダに出て、笹をくくりつけた。
 ゆらゆらと、飾られている短冊が揺れる。
「お母さん、短冊飾れた?」
 家の中から、幼い少女の声が聞こえた。
 彼女の1人娘である。
「ええ、飾れたわよ」
「今夜、晴れてるかな」
「心配しなくても大丈夫よ、よく晴れてるから」
「そっか……よかった」
 安堵し、ため息をつく娘の姿が、ありありと目に浮かぶようだった。
 晴れているというのは、彼女の嘘だった。
 夜空に星など何一つとして見えない。
 曇っていた。
 別に曇っていようと、織姫と彦星は空の上で出会っているのだろう。
 空の上は晴れなのだから。
 しかし、短冊に書かれた願い事は、雲に阻まれて天まで届かないのではないか。
 そんな不安を娘に抱かせてしまわぬよう、彼女は嘘をついた。
「大丈夫、願い事はちゃんと天に届くから」
「うん。そうだね……ありがとう」
 短冊に書かれた願い事。
 それは、
『元気になって、また学校でみんなと遊べますように』
 というものだった。
 彼女の娘は昔から病弱だったが、近年特にそれがひどくなった。
 もう2ヶ月近く学校も休んでいる。
 友達は心配して、よく見舞いに来てくれているが、それでも寂しさは消えないのだろう。
 ベッドの上で寝ている娘は、彼女によくこう言っていた。
「お母さん、私いつ学校行けるようになるのかな」
 その言葉に、彼女はいつも気休め程度の言葉しか送れない。
 なんとも歯痒かった。
 だから彼女は夫と共に、短冊にこう書いた。
『美希の病気が治りますように』
『美希が元気になりますように』
 彼女も夫も、願い事などを信じる年ではない。
 それでも書かずにはいられないほど、娘の病状は悪化している。
 自宅で療養中の今はまだいいが、入院しなければならなくなるかもしれない。
 確実に進行する病気に対する恐怖感は、並のものではなかった。
 だから、書いた。
 純粋に、ただ純粋に娘が元気になる姿を求めて。

 願いは、叶わなかった。

 一年後、彼女は夫と2人で朝食をとっていた。
 娘の姿は、もうどこにもない。
 去年の秋、突然発作を起こし、亡くなった。
 冬の頭にある誕生日を楽しみにしていた矢先のことだった。
 カチャカチャと、食器の音だけが食卓に鳴り響く。
 娘が亡くなった直後に比べれば、まだ雰囲気は明るくなった方である。
「今日は、七夕だね」
 夫が彼女を気遣うように、声をかける。
 少し前までは、お互い会話をすることもなく食卓が終わってしまっていた。
「ええ、そうね」
 彼女は相槌を打ちながら、窓の外を見た。
 今年も笹は飾りつけた。
 無駄だとは知りながらも、天に届くようにと願って。
 ところが、
「あら?」
 窓の外を見ると、昨日飾り付けておいたはずの笹が見当たらなかった。
「どうしたんだい?」
「ないの、笹が――」
 妙な焦燥感に襲われて、彼女は窓を開け放ち、ベランダに身を出した。
 朝風が妙に寒い。
 どこにも笹は見当たらなかった。
「風に飛ばされたのかな」
「そんな……」
 それだけのことなのに、彼女は妙に悲しくなった。
 娘がいなくなってしまったときと、同じような感覚が身を包む。
 そんな彼女の肩を、夫は優しく掴んだ。
「大丈夫みたいだ、ほら」
 夫が指し示した先には、1人の若者がいた。
 夏らしく半袖のシャツを着込んで、頭にはバンダナを巻いていた。
 その若者が、手に笹を持って彼女たちの方を見上げていた。
「これ、そちらのですかー?」
 夫と目が合った若者は、笹を持ち上げて呼びかけてきた。
「そうです、すみませんがそこで待っていてもらえませんかー? 今から取りに向かいますのでー!」
「あー、分かりましたー」
 会話を打ち切り、彼女と夫は2階から1階へと駆け下りて、玄関の扉を開けた。
 そこに若者が待っていた。
「どうもすみません、どちらで拾いましたか?」
「すぐそこの公園で。通りかかって、短冊が飾り付けられていた笹があるもんですから、どうしようと思いました。いや、持ち主が見つかってよかったです」
 と、若者は笑みを浮かべて笹を彼女に手渡した。
 まるで我が子を抱くように、彼女は笹を抱きしめた。
 その様子を見て、若者はふむ、と首をかしげた。
「失礼ですが、短冊の内容を見させてもらいました……なにか、あったのですか?」
「ああ、いや、それは……ええ、まあ」
 2人は言いよどんだ。
 この若者に語ったところで仕方のないことだと思ったからだ。
 ところが、次の瞬間若者は驚くべきことを言ってのけた。
「願い事があるなら叶えてさしあげましょうか。僕は、彦星ですから」

 目覚めると、目の前に娘の顔があった。
 看病していたまま寝ていた状態なのだろうか……と、彼女は記憶を探る。
 なにしろ1年と1日前のことだ。
 思い出すのは容易なことではない。
 それでも、安らかに眠る娘の顔を目にしたら、どうでもよくなった。
 寝ている娘にそっと触れ、静かに抱きしめた。
「――また会えたね」
「ううん……」
 抱きしめられたせいだろうか。
 娘がゆっくりと瞼を開けた。
 その瞳を見て、彼女はようやく娘が生きていることを実感した。
「おはよう、美希」
「あれ? お母さん、おはよう……どうかしたの? なんで泣いてるの?」
「願い事が叶って、嬉しかったのよ」
「……おかしなお母さん。七夕は今日なのに、もうおねがいかなっちゃったの?」
不思議そうに母を見つめる娘は、くすぐったそうに笑った。

 巻き戻された時間が“今”に追いついて、彼は眠りから目覚めた。
 場所はある一軒家の前。
 目の前には笹が落ちている。
「また『空にいる娘に会えますように』なんて書かれてないだろうな」
 相棒の魔道書が、軽い口を叩く。
 彼にとってはついさっきの出来事だが、あの夫妻にとっては1年前のこと。
 彼らは巻き戻された1年で、どれだけ世界に抗い、結果を返ることができたか。
「――大丈夫だよ、ほら」
 秋人は、笹に飾り付けられていた短冊を見た。
 そこには――――
「『ひこぼしさまに会えますように』だってさ。これってひょっとして……」
「あ、ひこぼしさまー?」
 と。
 ベランダから声が聞こえてきた。
 ふと視線を上にやる。
 そこには、幸せそうに立ち並ぶ3人の家族がいた。
 全員が秋人に向けて、笑顔で手を振っている。
「……どうやら、2年連続で願いを叶えてしまったみたいだね」
「世界視点からすれば1年だけだろが。けちけちせずに、会ってこい」
 相棒が照れているのを悟って、魔道書ナナシはちゃかした。
「やれやれ。まぁ暖かい家族というのは見ていて悪い気はしないし、ちょっとだけ付き合ってくるかな」
 そう言って家の方に向かう秋人の背中を見ながら、ナナシはない口を歪ませて笑った。
「あいつ気づいてないのかね、もう1個願い事書かれてたのを」
 ナナシは確かに見た。
『おりひめさまになって、ひこぼしさまとけっこんしたいです』
 普段は飄々としている相棒が珍しくうろたえる様を想像して、ナナシは笑った。
 ちなみにナナシの願い事は、秋人の困った姿を見ること。
 どうやらこれも、叶いそうである。