魔法使いの旅

始発電車
 勝手気ままな旅暮らし。
 どこかへと落ち着ける腰を持たない魔法使いは、退屈そうに周囲の風景を眺めていた。
 代わり映えのしない同じ風景が、延々と続いている。
 物事に飽きっぽい――というよりは常に変化を求めたがる――性質の彼にしてみれば、こういった状況は面白くない。
「広大なれアメリカ大陸。これが世界の農業だ!」
 試しに叫んでみた。
 余計虚しくなった。
「……少しは落ち着け。この状態で変なことしたら危ないぞ」
 制止するのは、意思を持った魔道書ナナシ。
 この魔法使い、飛鳥井秋人の相棒である。
「そうですよ、秋人さん。私たち、車に乗ってるんですから」
 と、たしなめたのは秋人よりも少し年上のような雰囲気を持った、神々しい美女だった。
 彼女の名前は夏名。これは仮の名で、秋人がつけた。
 日本国八百万の神々の一員で、自らの名前を忘れるほどに長い時存在し続けてきた女性である。
「あんまりはしゃぐと、危ないですよ」
「そうですねえ。でも、こうでもしてないと退屈で退屈で」
「そういうのが事故の原因に繋がるんだ……」
 ナナシが呆れた声をあげた。
 が、秋人は悪びれた様子もなく、周囲を何度も見回した。
 どこかに面白い発見はないものかと、探し回っているのである。
「おいおい、あまり余所見するなよ。危ないだろ」
「いいじゃないか、どうせ周囲には人影一つ見当たらないんだし」
 どこまでも広がる畑。農業知識のない秋人には何の田かは分からないので、特に興味を引くようなものではない。
 田んぼから離れたところには、ちらほらと山の姿が見え隠れしていた。
 今のところ、それが唯一の変化している景色と言える。
「……あとどれだけこれが続くのだろう。なんかこう、車と言えば逃走劇ぐらいはやって欲しいような気もするんだけど」
「馬鹿なこと言うな。車は安全なのが第一だろうが」
 そんなことを言い合っているうちにも、時間は流れていく。
 やがて太陽が真上に昇り始めた頃。
 別の道路から合流したパトカーから、突然大きな声が放たれた。
『そこの車、止まりなさい!』
 退屈過ぎて寝惚けかけていた秋人も一瞬で目覚めるような、大きい音だった。
 ほとんど間を置かず、パトカーがサイレン音を鳴らして追いかけてくる。
「……自分が恐い」
「言っとくけど、あのパトカーが現れたのはお前があほなこと言ったからではないぞ」
「その証拠はあるのかい? もしかしたら僕の大宇宙的言霊パワーが……」
「なんだ、そのハンドパワーより胡散臭いもんは」
 二人がくだらない言い争いをしている間にも、パトカーはどんどん迫ってくる。
 捕まってなるものか、と言わんばかりに秋人たちが乗っている車も加速した。
 人も対向車もいないのどかな道。
 それだけに、車もパトカーもどんどん早くなっていく。
「大丈夫でしょうか……」
 夏名が少し心配そうに言った。
 いくらぶつかりそうなものがないとは言え、加速のし過ぎは事故の元である。
 しかし秋人は平気そうな顔で笑ってみせた。
「なんとかなりますよ、多分。ははは、それにしても、ようやく面白くなってきたなぁ……!」
 秋人はこの追いかけっこを存分に楽しむつもりのようだった。
 ナナシは諦めの篭もった溜息をつくと、大人しく鞄の中へと引っ込んでいく。
 夏名は実体化したまま、後ろと前を何度も見ていた。
 そうしているうちに、夕方になった。
 車とパトカーは既に限界ぎりぎりの速さで走り続けている。
 もし事故が起きたら、大変なことになりそうだった。
「もうすぐ暗くなりますけど……本当に大丈夫なんでしょうか」
「うーん。そろそろまずいかな」
 この速度のままだと、薄暗くなってきたら危ないだろう。
「この追いかけっこにも飽きてきたし。そろそろ元凶は消えるとしようか」
「ったく、最初からこんなことしなけりゃ良かったんだ」
 愚痴っぽいナナシの声を聞き流して、秋人は静かに呪文を唱え始めた――――。

 やがてガソリンが切れ、追いかけっこは終わった。
 パトカーから警官二人が降りてきて、車のドアを叩く。
 運転席に座っていた青年は気まずそうな顔で、車から出てきた。
「あのう、なんで僕のこと追いかけてきたんですか……?」
「速度違反だよ」
「それは、いきなりそっちが追いかけてきたからですよ。僕はやましいことはしてない。スリも痴漢も無縁の人生を送ってきました。車での事故はおろか、揉め事だって起こしたことはないんですよ」
「何を言ってやがる」
 体格の良い方の警官が、荒々しく鼻息を鳴らした。
「"車の上に人を乗せてた"だろうが! 今は乗ってないようだが、どこかで落としたのか? もし死んでたら、お前の罪はより重くなるぞ」

 その頃、騒動の元凶たる魔法使いは、近場の森で野営の準備をしていた。
 夕食の支度をしながら、夏名が苦笑して言った。
「でも、やっぱり悪かったんじゃないですか? あんなことしちゃって」
「いいんじゃない?」
 火を起こしながら、秋人は無責任そうに告げる。
 ナナシも特にツッコミは入れない。
 夏名だけが、少しだけ困ったように眉根を下げている。
「今頃、車の運転手さん大変だと思いますよ?」
「いいのいいの」
 秋人がそう言うと、無事に火がついた。
 それを確認し、ようやく腰を下ろしてから、
「無免許運転の極悪詐欺師だ。老人ばかり狙うごくつぶしには、あれぐらいでちょうどいいよ」