魔法使いの旅

無人の家
 無人の家は、人里離れた森の奥にあった。
 森は明るくはない。が、薄暗くもなかった。
 程よい木漏れ日が家を照らし続けている。
 かつてこの家に住んでいた住民は、そういったところが気に入ったらしい。
 長い旅路を終えた後の隠遁生活。
 しかし、辛気臭い場所は嫌だった。
 だが、あまり人の出入りしやすいところだと、色々と面倒臭い。
 そんな人にとって、ここは安息の地として最適の場所だった。

「変わってないなぁ、ここも」
 森の奥の、無人の家。
 そこに、一人の魔法使いがやって来た。
 彼の名は飛鳥井秋人。各地を渡り歩く旅人である。
 しかし、定住の地を持たぬ旅人にも、思い出の地はある。
 絶えず未知の場所を求める秋人にも、たまには帰りたい場所というものはある。
 それが、この無人の家だった。
「秋人さん、ここは……?」
 彼の背後から、すっと女性の姿が現れる。
 まるで背後霊のように登場したその女性は、秋人の旅仲間だった。
 正式な名はないが、秋人が便宜的に付けた名は『夏名』という。
 彼女がここを訪れるのは、これが初めてだった。
「以前何度か話さなかったっけ」
「こいつの師匠が住んでいた家だ」
 と、秋人の鞄の中から声がした。
 秋人が鞄を開けると同時に、声の主が中から飛び出してくる。
 それは古ぼけた一冊の本。
 古の時代から生き続けている、名もなき本である。
 秋人たちは彼を『ナナシ』と呼んでいた。
 秋人との付き合いは夏名よりも長い。この家のこともよく知っていた。
「旅をし始める前は僕もここに厄介になっていてね。師匠と喧嘩別れしてここを飛び出してから、僕の旅は始まったんだ」
「そうなんですか……でも、確かそのお師匠様は……」
「ああ、うん」
 秋人は少しだけ目線を下げながら頭を掻いた。
「二年前に一度戻ってきたんだけどね。……そのときは、もう」
「そう、ですか」
「気にすることはないよ。僕は気にしてないしね。というか、気にしてたらわざわざここには来ない」
 苦笑して、秋人は夏名の肩を軽く叩いた。
「しかし、急にここに来たがるとはな。何か思うところでもあるのか?」
「いいや。ただ、近くまで来たから寄ろうと思っただけさ。まぁ……そろそろ掃除しとかなきゃな、とは考えてるけど」
 そう言って、秋人は家を仰ぎ見た。
 数年前から住む人のいなくなった家。
 しかし、廃屋という程ぼろぼろになっているわけではない。
 無人の家、という表現が一番ぴったりだった。
「さすがに埃とか沢山積もってそうだし。たまには手入れしとかないと」
「お前にしては珍しい意見だな」
「ま、ここは僕にとっても思い出の場所だからね」
 秋人は家の壁をさすりながら、静かに言った。
「ずっとあの頃のまま、というわけにはいかない。でも――――朽ちて欲しくない、という思いもあるから」

 掃除は丸一日で終わった。
 家全体を徹底的に掃除したことを考えると、早く済んだ方である。
 この家の住人は元々、余計な物を置かない主義の人だった。
 だからこそ、片付けるのが比較的容易だったのである。
 全てが終わったのは、翌日の昼中だった。
「うん。大分綺麗になった」
 いくら拭いても落ちない壁の汚れには、新しい壁紙を張ることで対応。
 しつこい錆びも念入りに取り除き、家の中は大分綺麗になった。
「秋人さーん」
 と、夏名が妙に嬉しそうな表情で飛んできた。
 手にはアルバムが二冊。
 掃除の最中に見つけたものだ。
 掃除が全部終わったら見せるという約束だったので、早速見ようというつもりなのだろう。
 秋人たちは居間に集まり、テーブルの上でアルバムを開いた。
「わあー」
 写真に写っている光景を見て、夏名が思わず声を上げる。
 大海原。
 広大な砂漠。
 深い森。
 冷たい風が吹く雪原。
 遊牧民と草原。
 写真には、世界中の光景が収められていた。
「師匠は僕と同じ旅人だったらしいよ。この写真は、その中で撮ったものなんじゃないかな」
「ああ、そうだな。あいつは何かと形で表すのが好きな奴だった」
 アルバムの側に浮かんでいたナナシが、懐かしそうに言った。
「ナナシさんも、お師匠様と一緒に旅をしてたんですか?」
「ああ。このアホの前のマスターが、こいつの師匠だったんだ。えらく破天荒というか、喰えないというか……まぁ、こいつの師匠に相応しい性格の奴だった」
「あ、あはは……」
 ナナシの毒舌に、夏名は曖昧な笑みを浮かべた。
 アルバムをペラペラとめくっていく。
 その中には、風景だけではなく、人を写したものもあった。
 各地で出会った人々なのだろう。
 皆、写真に向けて笑顔で写っている。
「僕もこのアルバムは初めて見るけど……師匠の旅はなかなか楽しそうじゃないか」
「そうでもない。あいつの旅も、お前のものと同じくらい無茶苦茶なものだった。この写真に写っているものが全てではない。むしろ、写ってない――――写したいとも思わないようなものの方が多かった」
「それでも師匠は旅を続けたんだよね」
「ああ、およそ二十年間。この地を見つけるまで、あいつは進むことを止めなかった」
「……」
 ナナシの言葉に気になる部分があったのか。
 秋人の表情が、不意に硬くなった。
「……どうかしたんですか、秋人さん」
 心配そうな夏名の声にも反応を示さず、秋人は口元に手をあてながら、物思いに耽るように眉を潜めている。
 その視線は、この家のあちこちに向けられていた。

 安住の地。
 落ち着く場所。
 それは、秋人が求めるものとは正反対だった。
 未知の場所を求め続け、それゆえに旅を続ける。
 それが、飛鳥井秋人のスタンスなのである。
 しかし、彼の師匠は生涯を終える前に、旅を止めた。
 二十年も旅を続けておきながら、その生き方を変えてしまった。
 いつか、自分もそうなる日が来るのだろうか。
 そう思うと、奇妙な焦燥感を抱かずにはいられなくなる。
 この命ある限り続けようと思っていた旅にも、いつか終わりが来る。
 自ら、幕を引くときがやって来る。
 終わりがあるのだ。
 それは、いつ来るか分からない。
 ならば、少しでも多くの場所に行ってみたい。
 少しでも多くの、人々に出会ってみたい。
 それは自ら歩を進めるような欲求ではなく、何かに背中を押されるような、不愉快な望みだった。
 眠れない。
 この家は安らげる場所だったはずなのに、今日は妙に落ち着かない。
 それは。
 ここが、旅の終わりを意味する場所だと意識したからなのだろう。
 物事にいつか終わりが来るのは当たり前のこと。
 しかし、それを意識すると妙に不安になってしまう。
「やれやれ……何を今更」
 旅は秋人にとって、長年の夢だった。
 スポーツ選手がスポーツに焦がれるように。
 創作家たちがまだ見ぬ世界に焦がれるように。
 秋人は、昔から旅に焦がれ続けていた。
 だが。
 もし、その夢が終わりを迎えたら――――自分はどうなるのだろうか。
 分からない。
 全く想像もつかない。
 今ある自分以外の形など、まるで想像することも出来ない。
 そんなことを考えていたせいだろうか。
「おい、秋人」
「……心臓に悪いな、いきなり現れるなよリアル人外」
 いつのまにか寝室に入り込んできたナナシに、まるで気付けなかった。
 秋人は寝転がっていたソファーから身を起こし、ナナシに顔の高さを合わせる。
「それで、何か用?」
「ああ。お前、何かつまらんことでも気にしてそうだったからな。話を聞いてやろうと思ったのだ」
「話、ねぇ」
 秋人は微妙にナナシから視線を逸らし、小さく呟いた。
 誰かに話を聞いてもらったとしても、こんな不安はどうにもならないだろう。
 それでも、ただ黙っているよりはマシかもしれない。
 そう思って、秋人は自分の考えをナナシに告げた。
 ナナシは時折相槌を打ちながら話を聞いていたが、最後まで聞き終えると、呆れたような声をあげた。
「そんな悩みを持つなど、十年早い」
 ナナシは部屋の中をクルクルと飛び回りながら、
「旅が終わった後、お前がどうしているか? そんなことは知らん。悩んだところでどうにもなるまい」
「……いや、まぁ、そう思えたら一番楽なんだけど」
「ふん。だからお前はアホなのだ」
 小馬鹿にするように、ナナシは秋人の頭上でクルクルと回ってみせた。
「夢の終わりはお前の終わりではない。――――その先があるだろう」
「……」
「つまらない現実の中で生き足掻く者もいる。再び夢を見始める者もいる。不安に思うことはない。やれることは、いくらでもある」
 ナナシの言葉は、非常にさっぱりとしていた。
 それはどことなく、もういない誰かの口調に似ていた。
「お前が終わりを迎えるまで、夢の残滓はお前の中に在り続ける。だからお前は、今を必死に進み続けろ。そうすればきっと――――夢はより強い輝きを持ったままお前の中で生き続ける」
 秋人はただ、静かにその声を聞いていた。
 まるで、教師の授業を真面目に聞く生徒のように。
 その顔には、懐かしむような微笑が浮かんでいた。

 翌朝。
 早速秋人たちは、この家を出ることにした。
「いいんですか、秋人さん。もう少しゆっくりしていったほうが……」
「いや。あまり長居すると時間が勿体ない。ここにはまた、二年後ぐらいに戻ってくることにするよ」
「…………分かりました」
 夏名はゆっくりと、笑顔で頷く。
 そして彼女は、家に向かって軽く頭を下げた。
「それでは、行ってきます」
 かつて、彼女がいた場所。
 かつて、彼がいた場所。
 そこにはもう、誰もいない。
 夢の終わりによって住民を得た家は。
 新たな夢を持つ者を送り出し、無人となる。
 秋人は一瞬、その家に言われたような気がした。
 夏名の声に応えるように、いってらっしゃいと。
 夏の木漏れ日に照らし出されながら。
 秋人の旅路は、温かな再開を迎えた。

 それは、無人の家が建てられた頃のこと。
 家の中でくつろぐ女性の側に、一冊の本が浮かび上がった。
「……これでいいのか、お前は」
「なんだ、突然」
「いや。……旅に、未練はないのかと思ってな」
 ナナシの言葉に、女性はのんびりとした声で返答した。
「さあ……よく分からないな。ただ、旅を終わらせたことは後悔してないよ」
「そうか」
 どこか気落ちしたような声のナナシ。
 女性はそれに気付き、彼に苦笑を向けた。
「なんだ、そういうナナシこそ旅に未練があるんじゃないか?」
「別に、そんなことはない」
「次のマスターが旅好きな奴だといいな」
「いや、人の話聞けよお前」
 微かな光が窓から差し込む、温かな部屋。
 そこで椅子に腰掛ける女性に、ナナシは問いかけた。
「……しかし、なぜだ。旅はお前の夢だったのだろう。なぜ、止めてしまった?」
「探してたものが、皆見つかってしまったからだよ」
 女性は穏やかな声で答えた。
 この部屋の暖かさに、若干まどろんでいるように見える。
「私は、どうしても知りたいこと。見つけたいことがあって旅を始めた。それは旅をすればする程増えていった。……だけど、ある日を境に、少しずつ減り始めた。そして最後には零になった。そのとき、私は漠然と思ったよ。もう、これで終わりなのだ、とね」
 時計の針が動く音が聞こえる。
 外からは鳥の鳴き声も聞こえてきた。
 夢の終わりに辿り着いた場所。
 ここが、彼女の旅の終着点なのだ。
 これまで辿ってきた道を振り返ると、この終着点は彼女に相応しいと言えるのかどうか。
 それはきっと、誰にも分からないだろう。
「……望みを全て果たした、ということは、今のお前は何も望みを持っていない、ということか」
「そういうことになるな」
 目を閉じて安らかな表情を浮かべる彼女。
 ナナシも長年彼女に付き合ってきたが、こんな表情はこれまでに見たことがなかった。
「……それでお前は今、幸せなのか?」
 望みは何もないはずなのに。
 そんなつまらない日々の中で、彼女はなぜこうも安らかな表情を浮かべることが出来るのか。
 それがナナシには分からなかった。
「さあて。……そいつは、私にも分からないな」
 彼女自身にも、分からないらしい。
 ナナシの問いかけに、彼女はゆっくりと頭を振った。
 そして、こう続けた。
「でも――――これからどうするかを考えるのは、なかなか面白いよ」