識人の捜し物

第二話「少女」
 歩き続けているうちに陽が落ちた。
 一休みするために一旦駅前まで戻り、行きつけの喫茶店で軽食を取る。
 急かす斑目を引き連れて再び学校までやって来た頃には、既に午後九時を過ぎていた。
「ここなんですか?」
 斑目はとても信じられないようだった。
「盗まれたものって、コインロッカーとか犯人の家とかにあるものだと思ってたんですけど」
「まぁ以前には公園の茂みだとか、自分の職場なんかに隠した奴もいましたからね」
「いろいろ考えられているんですねぇ」
「斑目さん、そこは感心するところではないかと」
 閉ざされていた校門をよじ登り、二人は校舎に向かう一本道を歩いていた。
 彰が通っていた頃とあまり変わっていない。
 道の両脇に植えられた木は、もう少し経てば桜の花を満開にすることだろう。
 やがて一本道を抜けると、そこには綺麗な校舎が建っていた。
 中学と高校が一つになっており、クラスの数も多いため、校舎はかなり大きい。
 夜に見るとなにやら威圧感を感じてしまい、少し落ち着かない。
 斑目の『線』は、高校の屋上へと伸びていた。
「それじゃ、斑目さん。宿直の先生に見つからないよう、これからは黙って進みましょう。くれぐれも気をつけて」
「はぁ……なんだってこんなことに」
 あちこち歩きまわって疲れたのか、斑目は投げやりな口調でぼやいていた。
 彰はその声を黙殺し、高校の玄関にそっと忍び込む。
 不服そうではあったが、斑目もその後に続いた。
 懐中電灯の光がないことを確認しながら階段を駆け上がる。
 幸い宿直の教師との鉢合わせはなかった。
 斑目の呼吸が乱れているのが気になったが、とりあえずは無事に屋上前へと到着する。
「大丈夫ですか、斑目さん」
「はぁっ、はっ……す、すみません。体力には、あまり自信がないもので」
「見つからないようにという緊張もあったんでしょう。少し休みますか? あまり長居は出来ませんが」
「いえ。人に見つかるとまずいですから、急いで確認しましょう」
「分かりました。大丈夫、きっと見つかりますよ」
 斑目の線は扉の向こうに伸びていた。間違いなくこの先に鞄がある。
 彰は音を立てないよう、ゆっくりとドアを開けた。
 外から、まだ少し肌寒い夜風が吹き込んでくる。
「変わってないな、ここも」
 殺風景な屋上。ここは、在学していた頃の彰が一番気に入っていた場所だった。
 一人になれるからである。
 人の意識を直視出来る彰にとって、対人関係ほど恐いものはなかった。
 普通の人ならば気づかない、あるいは気にしないような悪意さえ、彰の右眼は容赦なく捉えてしまう。それも、事実だけを。
 本来、自分が誰にどう思われているかを判断するのは想像力である。
 普段の言動などが一応判断材料になるが、最終的に決めるのは自分自身だった。
 だから、ある程度都合よく受け止めることが出来る。
 彰にはそれが出来ない。
 人が自分のことをどう思っているかを、そのまま認識してしまう。
 都合のいい解釈など入る余地がないくらい、はっきりと。
 無論、普段は眼帯で右眼を隠しているため、線は見えない。
 それでも、一度気づいてしまえば後戻りは出来なかった。
 人の悪意というものが、どれだけ恐ろしいかを知ってしまったのだから。
 教室は居心地が悪かった。
 結局試したことはなかったが、もしあそこで右眼を開いていたら、何が見えていたのか。
 想像するだけで寒気がした。
 だから彰は一人になることを好んだ。
 屋上を愛用していたのはそのためである。
「……っと、懐かしさに浸ってる場合じゃないな」
 今は依頼を済ませることが先決だった。
 斑目は一生懸命あちこちを捜し回っている。
 彼の『線』は、屋上の端へと伸びていた。
 彰はそれを辿る。
 屋上の片隅、入り口からは死角となっている場所で視線を止めた。
 学校の裏側を向いたフェンスの外に、不自然な黒い鞄が置かれていた。
「斑目さん、あれじゃないですか?」
 振り返る。
 ――その瞬間、視界に刃が飛び込んできた。
 闇の中、輝く凶器は彰目掛けて真っ直ぐに振り下ろされる。
 それに合わせるように彰は右腕を振り上げた。
 手にはポケットから取り出した、護身用のナイフが握られていた。
 刃と刃が衝突する。
 彰はそのままの体勢で、自分を襲撃した相手に引きつった笑みを向けた。
「……随分と物騒なもん持ってますねぇ、斑目さん」
「君の方こそ。なかなかいい反応じゃないか」
 斑目は愉快そうに笑う。
 どこに隠していたのか、刃渡り二十センチはありそうなナイフを手にしていた。
 彰から距離を取り、片手で器用にナイフを回している。
 先ほどまでのようなみすぼらしい雰囲気は完全に消え失せていた。
 だらしなかった双眸も、今は不気味な輝きを宿している。
 豹変した斑目を前に、彰は舌打ちをした。
 営業用の笑顔、言葉遣いを瞬時に頭から叩き出す。
 ……くそっ、久々にこいつの世話になるとは……!
 真っ当な商売でない以上、たまに危険な仕事を持ち込まれることもある。
 依頼人に騙されたケースも一度や二度ではない。
 そのため、彰は護身の武器を常に携帯していた。
 それでも、こんな事態は慣れるものではない。
 斑目は両手を大きく広げ、彰に賞賛の言葉をかける。
「今の動きは実にいい。気づいていたのかな、私の目的に」
「そんなもんは知らない。あの鞄に何が入っているのかも、全然見当つかないね」
 彰の言葉に、斑目は意外そうな表情を浮かべた。
「ほう、それにしてはいい動きだったが……」
「……『線』が見えたんでね」
 彰が振り返ると同時に、斑目から伸びていた『線』が一瞬にして彰の方に戻ってきたのだ。
 それも、明確な殺意を伴いながら。
「あんなおっかない『線』を向けられたらさすがに気づく。こんなところにある捜し物も変だ。斑目さんよ、あんたの話、どっからどこまでが本当だ?」
「線、というのはよく分からないが……」
 興味深そうな視線をこちらに送りながら、斑目は苦笑した。
「盗まれたというのは本当だ。中身については若干嘘をついたがね」
「……まさか妙なお薬じゃないでしょうね」
「そんなつまらないものではないよ。もっともっと重要なものだ」
 鞄は彰の後方にある。
 斑目が手にするためには、間にいる彰をどうにかする必要があった。
 彰と斑目の距離は五メートル。
 屋上の出口は斑目の背にあるので、彰は逃げ道を塞がれた形になる。
 彰は自分と斑目のナイフを見比べた。
 こちらはせいぜい刃渡り五センチ。
 向こうの獲物と比べると、あまりに頼りない。
「ともあれ、最初の一撃で仕留められなかったのは誤算だったな」
 斑目は溜息をつきながら、軽くステップを踏む。
「少し、君を苦しませてしまうかもしれない」
 何をするつもりだとナイフを構えた瞬間、彰の視界から斑目の姿が消えた。
 ……っ!
 自分へと向けられた殺意の『線』は右の方へ傾いていた。
 その発信源を視線で追う。
 刹那、右肩に衝撃が走った。
 次いで浮遊感。
 少し遅れて、何かに叩きつけられたような痛みが背中に襲いかかる。
 身体がよろめく、どころではない。
 最初の衝撃によって、彰はフェンス際まで吹き飛ばされたのである。
 彰は痛みに顔をしかめながら、斑目の姿を捜す。
 こちらへと向けられた線は、上の方から伸びていた。
「うっ……!」
 見上げた先に斑目はいた。
 跳んでいる。
 斑目は、フェンスの高さを軽く越えた位置からこちらを見下ろしていた。
 右手のナイフをこちらに向けながら、一直線に落下してくる。
 彰は両腕でフェンスを押し、その反動で前へと飛び出した。
 わずかに遅れて、斑目がそこに着地する。
 ……あいつ、化け物か!?
 彰は無我夢中で出口に向かって走りながら、脅威の眼差しを斑目に向けた。
 五メートルの距離を一瞬で埋めた移動速度、人間を文字通り吹き飛ばすほどの力、そして軽々と三メートル以上跳躍してみせた脚力。
 どれを取っても人間離れしている。
 否、現実離れしていると言った方がいい。
 彰も荒事には慣れているし、運動神経に自信はあった。
 が、あんな相手とまともに戦って勝てるとは思えない。
 急いで逃げなければ、確実に殺される。
 だが、出口まで後一歩というところで、斑目が眼前に飛び込んできた。
「逃げられるのは、困るな……!」
 突然現れた斑目に驚き、彰の足が止まる。
 その隙を狙って斑目は右腕を振るった。
 下から弧を描くように、武骨なナイフが彰の心臓に迫る。
 急激な停止の直後だったため、彰は反応するのが遅れた。
 防御も回避も、間に合わない。
 死がすぐ側に迫っていることを理解し、彰の思考が停止する。
 そのとき、彰は見た。
 斑目に向かって伸びる、敵意の『線』に。

 次の瞬間――二人の間に、凄まじい勢いで小柄な影が躍りこんできた。

 彰めがけて伸びていた斑目の右腕が影に弾かれ、ありえない方向に曲がった。
 斑目は顔を苦痛に歪めながら、即座に横へ飛び退く。
 それは一秒にも満たない間の出来事。
 突然のことに、彰は何が起きたか理解するのがやや遅れた。
 自分の胸に手を当てて、まだ生きていることを確認する。
 そして、改めて乱入者に目を向けた。
 落ちてきたのは少女だった。
 夕方、彰が校門前で目撃した子である。
 先ほど見たときとほとんど同じ格好で、違う点といえば鞄を持っていないことぐらい。
 その横顔は間近で見ると綺麗なのだが、それ以上に頼もしさを感じさせる。
 芯の強さと鋭き意思を秘めたその姿は、気高き戦士を思わせる。
 斑目に敵意の『線』を向けているのは、彼女だった。
 少女は彰の方を見た。しかし、すぐに背を向けて斑目と対峙する。
「最初は両方そうだと思ったけど……どうやら、〝悪魔〟は貴方の方だけだったみたいね」
 少女の凛とした声が、静かな屋上に響き渡る。
 彰には言葉の意味は分からなかったが、斑目の方は露骨に顔をしかめた。
「まいったな。こんな時間まで見張ってたのか? いや……これは罠だったと見るべきか」
 と、忌々しそうに吐き捨てる。
 少女のことを知っているようだった。
「その口ぶりからして、貴方、この前私がぶっ飛ばした奴かしら? 貴方たちってすぐに姿変えるから誰が誰だか分かりにくいのよね」
 悪魔。
 姿を変える。
 そんな異常な言葉に対し、彰の思考は追いつかない。
 両者の会話に、彰が立ち入る隙はない。
 少女の登場によって、完全に傍観者へと追いやられてしまった。
「まあいっか。どんな方法使ったのかは知らないけど、尻尾を掴んで逃がす馬鹿はいないわ。二度と妙な真似が出来ないように懲らしめてあげる」
「盗っ人猛々しい。アレはもともと我らのもの。是が非でも返してもらう」
「やれるもんならやってみなさい。言っとくけど、手加減はしないわよ」
 少女はその場で右腕を振るった。
 彼女の手に、一瞬眩い光が生じる。
 やがてそこから一振りの刀が現れる。
 やや大振りな刀で、見た目は時代劇などで見るような日本刀に似ている。
 ただ、刀身が淡い緑色の光をまとっているのが特徴的だった。
 ……なんだこれは。
 無茶苦茶な光景だった。
 何もないところから突然刀が現れるなど、彰の理解の範疇を越えている。
 自分自身奇妙な右眼を持っているくせに、彰はこの非常識な現象にただ呆然としていた。
 そんな彰を置き捨てながらも、状況は止まることなく進行していく。
 刀を手にすると、少女は一直線に斑目の元へ跳躍した。
 速い。
 地を一度蹴っただけで、瞬時に斑目の胸元へと接近する。
 斑目は舌打ちと同時に左腕を突き出した。
 少女の顔面を狙ったストレート。
 少女は上体をわずかに落とす。
 少し遅れて、彼女の頭上を斑目の左腕が通過した。
 斑目の胴に隙が生じる。
 すかさず少女は刀を突き出した。
 弾丸のような勢いで放たれた突きは、斑目の腹部を深々と貫く。
「ぐ、あ……っ!」
 斑目は苦しそうに呻き声をあげた。
 歯をむき出しにした凄まじい形相で、自らの懐にいる少女を睨みつける。
 少女は即座に刀を引き抜いて、後ろに下がった。
 不思議なことに、刀には血が一切ついていない。
「げ、ぐ……」
 斑目は貫かれたところを押さえている。
 血は出ていない。
 その代わり、黒い霧のようなものが溢れ出ていた。
「これで勝負ありね」
 少女の言葉の通り、勝負は決まっていた。彼女の完全勝利である。
「これに懲りたら早くどこかに消えなさい。アレを諦めるんだったら、別に命まで取ったりはしないわ」
 そう言って少女は踵を返す。斑目に背を向けて、ゆっくりと彰の方に歩いてくる。
 あれだけ人間離れした斑目を、いともあっさりと倒した。
 そのことが、まず彰には信じられなかった。
 ……こんな、女の子が?
 決して体格のいい少女ではない。
 見た目からは、むしろ華奢な印象を受ける。
 手にした短めの刀も、彼女には少し大きいような気がした。
 それでも、少女の強さは本物だった。彰自身がその目で見たのだから間違いない。
 今更ながら、何者なのかという疑問が生じてきた。
 じっと、歩いてくる彼女の姿を見つめる。
 そのとき、彰は斑目が放つ殺意の『線』に気づいた。
 それは少女に向かって伸びている。
 眼を血走らせ、少女の背を凝視している。
 もう腹部は押さえておらず、いつのまにか左手にナイフを持っていた。
「――危ないっ!」
 彰は咄嗟に叫んだ。
 自分でも想像していなかったほどの大声が、夜の屋上に響き渡る。
 それを合図としたのか、斑目が少女めがけて飛び出す。
 人間のものとは思えない叫び声をあげ、斑目は左腕を振り下ろそうとした。
 しかし。
「……馬鹿」
 斑目の叫びに、少女の呟きが重なる。
 同時に少女は、左足を軸にして一気に身体を回転させた。
 手にした刀が斑目の胴へと軌道を描き、一太刀でその身体を真っ二つに切り裂く。
 勢いに乗った上半身が、かすかに宙へと浮かぶ。
「この、逆徒めが……!」
 斑目は憎悪を露わにした表情で、その場に崩れ落ちた。

 少女が手にした刀は光に包まれ、やがて静かに消えていく。
 惚れ惚れするような戦いぶりだった。
 少女の動きにはほとんど無駄がなかった。
 必要最低限の動作で結果を叩き出し、斑目に完勝した。
 彰も武術を学んでいるから、少女がどれだけ強いのかはよく分かる。
 しかし勝利を収めたにもかかわらず、なぜか少女は沈んだ表情を浮かべていた。
 さっきまで力強く吊り上がっていたはずの双眸は、目尻が下がり憂いの色が見え隠れしている。
 無傷の勝利だったはずなのに、どこか辛そうに見えた。
 崩れ落ちた斑目を、じっと見続けている。
 屋上は再び元の静けさを取り戻し、立っているのは彰と少女の二人だけ。
 少女の横顔に、先ほどまでの頼もしさはない。
 まるで、悪いことをして親に叱られた子供のような表情だった。
「……大丈夫か?」
 彰は心配になって、少女に声をかけた。
 少女はハッとして彰を見た。
 どうやらすっかり忘れていたらしい。
 最初は少し気まずそうに目を伏せていたが、やがて小さく頷いた。
「そっちこそ大丈夫? 怪我とかない?」
「ああ、おかげさまで。ありがとう、助かった」
 この少女がいなければ、今頃彰は凶刃に倒れていただろう。
 ……本当に危なかった。
 命を救われたことを胸に刻みつけて、彰は頭を下げた。
「本当に助かった。感謝してもしきれない」
「別に頭下げなくてもいいよ。私、危うく貴方のこと見殺しにするところだったんだから。本当はお礼なんか言われる立場じゃないの」
 少し後ろめたそうに告げる少女。
 だが、それは彰にとっては些細なことだった。
「それでも実際こっちは救われたんだ。状況はよく……っていうか全然分からないけど、助けてもらったんだから、きちんと礼は言わなきゃいけないだろ」
 彰は再び頭下げてから、少女の後ろにある斑目の遺体に目を向けた。
 そこからは黒い霧が溢れ出ている。
 先ほど斑目の腹部から出ていたものと同じもののようだった。
 血は全く流れていない。
 彰は真っ二つになった人間など見たことはないが、それでもこの遺体がおかしいということは分かる。
 これは、明らかに異常だった。
「……出来れば、説明をお願いしたいんだが」
「え?」
 少女は目を丸くした。
 どうやら質問されるとは思っていなかったらしい。
 途端に困ったような顔で、彰と斑目の遺体を交互に見る。
「……特撮の撮影とか」
「いや、それはないだろ」
 とか、などと言っている時点で嘘くさい。
「むぅ……それじゃ、えーと……」
 なにやら必死に考えているようだった。
 本当のことは話したくないらしい。どうにかしてごまかすつもりのようだった。
 確かに、見なかったことにして帰るのも一つの方法ではある。
 というより、普通の人ならばこんな場所からはさっさと逃げ出しているだろう。
 しかし、彰はそういうわけにもいかない。
 巻き込まれたわけでもなく、無関係でもない。
 斑目をここに連れて来たのは彼なのである。
 事情は分からないが、彰もまた当事者なのだ。
 状況を把握しないまま帰ることなど出来ない。
 眼帯をこっそりと元に戻しながら、彰はしゃがみ込んで斑目の遺体に触れた。
 まるで破裂した風船の残骸のような触感だった。
 一応依頼人ではあったが、こちらを殺そうとした相手でもある。
 同情する気にはなれない。
「これ、どうするんだ?」
「あ、それは放っておけば魔力が消えて自然と消滅するから」
「……」
 駄目元で尋ねてみたら、きちんと答えが返ってきた。
 少女は口が滑ったことに気づいたのか、慌てて口元を抑えていた。
 少女はさっきまでとは打って変わって、年相応の女の子しか見えなかった。
 斑目を撃退した彼女と同一人物とは思えない。
「魔力って、この黒い霧みたいなやつ?」
「……」
 さすがに同じミスはしないらしい。
 彼女は彰に背を向けて沈黙している。
 彰はその背中に声をかける。
「こいつをここまで連れて来たのは俺なんだ」
 少女は肩を震わせた。
 やや緊張した面持ちで振り返る。
 それは、斑目と対峙していたときの顔だった。
「……貴方が? 単に巻き込まれたってわけじゃないの?」
「ああ。でもこいつの目的とかは全然知らない。さっき君はこいつを悪魔って言ってたけど、それはどういうことなんだ?」
 悪魔と聞いて彰が最初に思い浮かべたのは、黒い肌に翼を生やした異形の存在だということ。
 次いで、サタンやベリアルなどといった固有名前などである。
 しかし、斑目はほとんど人間と変わらない外見をしていた。
 血の代わりに黒い霧が流れ出ているということ、そして人間離れした力を持っているということ。
 この二点を除けば、普通の人間となんら変わらない。
 恐いのはそこだった。
 斑目は見た目こそ人間そのものだったが、内面はまるで異なる。
 人を容易く殺せるような力を持っていた。
 そんな奴が、他にもいるとしたら。
 自分たちの日常の、すぐ側に潜んでいるとしたら。
 そう考えると、この件はとてもではないが放置しておけない。
 少なくとも、相手の正体ぐらいは知っておかないと安心出来ない。
 現に彰は、ついさっき殺されそうになった。
 この恐怖は、前にも一度体験したことがある。
 それは、初めて自分に向けられた悪意を『線』として見てしまったときだった。
 日常の中に潜む、『本当に恐いもの』に気づいてしまったときの恐怖。
 それが今再び彰の心を蝕んでいた。
「頼む。どうしても駄目だっていうわけじゃないなら、教えてくれないか」
 彰が単なる好奇心だけで尋ねているわけではないと察したのか、少女の口元から力が抜けていく。
「あんまり、知らない方がいいと思うんだけど……」
「もう知ってる。少なくとも、こいつがただの人間じゃないってこと、それにその鞄の中身が何か重要なものだってことは。生兵法は大怪我の元とも言うし、出来ればきちんと知っておきたい。また同じようなことが起きたときのためにも」
 彰は少女の眼を見据えた。
 やがて、少女は根負けしたのか、溜息をついて肩を落とした。
「……分かった。私も聞きたいことが出来たし、簡単な説明でいいなら」
「ありがとう。……そうだな、助けてもらったお礼にどこかで奢るよ。そこで話を聞かせてくれないかな」
 この季節だと、まだ屋上は寒い。
 彰は構わないが、少女の方は制服姿である。
 上着もつけていないし、かなり寒そうに見えた。
「あ、でもこんな時間に制服姿でうろつくのもますいか。えっと、それじゃ……」
「明日の放課後でいいなら、時間空けられるけど」
「明日か」
 彰としては、この異常事態について早く説明が欲しい。
 だが今日中に聞かなければならないかと言われれば、そうでもない。
 一日ぐらいは待ってもいいだろう。
「……分かった。それじゃ、明日にでも頼む」
「了解。……あ、そうだ。忘れてた」
 少女は彰の前にやって来ると、初めてにっこりと微笑んだ。
 向日葵を連想させる可愛らしい笑顔だった。
 不意打ちのように放たれたその表情に、彰は思わず見惚れていた。
「挨拶が遅れたわね。私は 倉凪永久(くらなぎとわ) 。一応、退魔士よ」
 退魔士。
 おそらく、その名の通り魔を狩る者のことなのだろう。
 斑目が悪魔だとするなら、それを倒した彼女にはよく似合う肩書きのように思えた。
「俺は不瞳彰。こっちは、そうだな……」
 なんとなく、彼女とつり合う肩書きがないかと意識してしまう。
 しかし、結局思い浮かんだのは一つだけだった。
 ポケットから取り出した名刺を彼女に手渡しながら、
「――捜し屋、ってとこだな」