識人の捜し物

第十話「暗澹」
 午後六時過ぎ。
 彰と別れた永久は、一人民家の屋根の上に座っていた。
 少し早めに出てきた月を、憂鬱そうに見上げている。
 もっと早く、ああしておくべきだったのかもしれない。
 夕方の彰とのやり取りを思い出して、永久は溜息をついた。
 彰は不思議な右眼を持っているようだが、それ以外は普通の人間と変わらない。
 そんな彼を、このような争いに巻き込むべきではなかった。
 永久は月に向けて左手を伸ばした。
 月光に照らされた掌を見つめる表情は毅然としている。
 その内には、天魔の魂が宿っている。
 それを手に入れた日――戦うと決めた日に誓った。
 もうあの子のような犠牲者を出さないために、たった一人でも戦い続けると。
「これでいいんだよね、梨絵……?」
 永久は、今はもう亡き親友に問いかけるように呟いた。
 そのとき、ポケットに入れていた携帯が震動した。
 着信画面には、今の親友の名前が表示されている。
『あ、もしもし。永久?』
 のんびりとした、しかしそこに心配そうな響きを含めた声。
 それを聞いて、永久は申し訳なさそうな表情を浮かべる。
「うん、私。どうしたの、茜」
『今日も帰らないの?』
 家出した子供を心配する母親のような口調だった。
 永久はやや気まずそうに答える。
「うん……ごめん」
『理由は、やっぱり教えてくれないのかな』
「ごめん」
『いいよ。でも、無茶だけはしないでね』
 温かい言葉をかけてくれる親友に、永久は心の底から感謝した。
 最近毎晩出歩いているせいか、永久にはいかがわしい噂が流れていた。
 男を作って遊び歩いている、危ない薬に手を出した、などといった類のものである。
 茜もその噂は聞いているのだろう。
 しかし、永久の前ではそのことをおくびにも出さない。
 永久を心から信用し、支えてくれているのである。
 そんな親友がいるからこそ、永久はこうして戦い続けることが出来る。
 ありがたい親友だった。
 だからこそ、茜に本当のことは言えない。
 永久のしていることを知って、茜がどんな反応を示すか。
 彼女は類稀なるお人好しだから、おそらく放ってはおかないだろう。
 彰のように協力を申し出てくるかもしれない。
 それだけは絶対に避けねばならない。
 彰も茜も、こんな戦いに関わるべき人ではない。
 彼らには、日常の中で生きていて欲しい。
「茜」
『何?』
「……いつも、ありがとね」
 そう言って、永久は返事も待たずに電話を切った。
 口にした瞬間、恥ずかしさが込み上げてきたのである。
 通話が終われば、彼女はまた一人。
 いつものことだというのに、なぜか今日は少し寂しかった。
 初めて仲間を得て――そして、失ったからだろう。
 彰と過ごした時間は、友情を育むには短すぎた。
 それでも、今まで一人きりで戦い続けてきた永久にとっては、心躍るような日々だった。
 役に立とうが立つまいが、永久は彰がいてくれたことが嬉しかったのである。
 だから、彼の好意に甘えてしまった。
 何かあっても、自分が彼を守ればいい。
 そう考えていた。
 しかし、昨日ベランジェールが襲撃してきたときに永久は気づいてしまった。
 自分の力では、彼を守り切れるかどうか分からないということに。
 昨日の戦いで黒い霧によって視界が覆われたとき、永久が一番焦ったのは敵の姿が見えなくなったことではなかった。
 彰の様子が分からなかった。
 そのことが、もっとも彼女を動揺させた。
 結果、隙を見せるはめになり、必要以上の傷を負ってしまった。
 その事実が、永久の心に陰りを生じさせた。
 戦いが終わってから彰のことを誉めそやしていたのは、内心湧き上がりそうになる不安を抑えつけようとしたからである。
 ……駄目ね、こんなんじゃ。
 彰を突き放す覚悟が出来たのは、今日彼の話を聞いてからだった。
 それまでは決断することが出来なかった。
 気が緩んでいる証拠だと、永久は自分自身に喝を入れる。
 極力普通の人は巻き込まず、たった一人でも戦い続ける。
 それが、倉凪永久本来のスタイルだった。
 気を引き締めなおして、明日まで右腕を守り抜かねばならない。
 否、その先も戦い続けなければならない。
 決意を新たに、永久は左手を力強く握り締めた。
 ……でも、楽しかったな。
 その言葉を、心の片隅に追いやりながら。

 ――昔、彰が『先生』と出会う前の頃。
 友達の家で不幸があった。
 母親が亡くなったのである。
 その子は普段から元気で、誰からも好かれる子だった。
 しかし、母親を亡くしてからは別人のように無口になり、クラス全体が沈みがちになってしまった。
 その子は、彰と一番仲の良い友達だった。
 沈んだ友達を、そしてクラスを放っておけず、彰はいろいろなことをやって雰囲気を変えようとした。
 だが、それはほとんど失敗に終わった。
 無理に場を盛り上げようとする彰の言動は不謹慎と取られ、次第に彼を見る周囲の視線は冷えていった。
 それでも彰は、一番の友達であるその子を元気づけようと奮闘した。
 しかし、それも終わりを迎えることになった。
『いい加減にしてよ!』
 一番の友達だったはずの子は、そう言って彰に殴りかかってきた。
 子供だったこともあり、彰もかっとなってそれに応じた。
 そして、喧嘩の最中に眼帯が外れ――彰はようやく、自分の置かれている状況に気づいた。
 あちこちから自分に向けられた『敵意の線』。
 それは、地獄と言ってもいい光景だった。
 仲の良かったはずの友達が、顔と名前ぐらいしか知らないクラスメートが、全く面識がないよそのクラスの子が。
 そして、彰が一番の友達だと思っていた子が。
 誰一人残すことなく、彰に敵意の視線を向けていたのである。
 ……やればやるほど、泥沼になっていった。
 彰が人と関係を持つことに臆病になったのは、それからである。
 あんな光景は、二度と見たくなかった。
 憎まれるぐらいなら、いっそ『線』など向けられないようにした方がいいと思った。
 嫌な奴と思われるよりは、どうでもいい奴と思われた方が楽だった。
 楽しそうに笑いあうクラスメートたちの輪を、少し離れたところでじっと見ながら、ずっと自分にそう言い聞かせてきたのである。
 捜し屋を始めてからも、そのスタイルは変わらなかった。
 親身になって顧客の相手をしたことはあるが、あくまでそれはビジネスだと割り切っていた。
 彼らにとって彰は捜し屋であり、彰にとって彼らは客である。
 仕事が終われば、それきりの関係だった。
 しかし、永久の場合は違った。
 出会ったきっかけは捜し屋の仕事だったが、彼女は客ではなかった。
 永久にとっても、彰は捜し屋ではなかった。
 ……仲間だった。
 この二日間、短い間ながら、二人は確かに仲間として過ごしてきた。
 彰はさして役に立てなかったが、それでも永久は嬉しいと言ってくれた。
 彰も、彼女と過ごした時間は楽しかった。
「くそ、何を今更……」
 それを捨てたのは彰自身である。
 その判断が間違っているとは思わない。彼女の負担を減らしたことは、事実なのだから。
 しかし、彰の気分は晴れない。
 むしろ、どんどん沈んでいく。
 永久が別れ際に少しだけ見せた辛そうな表情。
 そして右眼が捉えた、大きく揺れる彼女の『線』。
 それが、彰の脳裏に焼きついて離れない。
「あんな顔してるから、放っておけなかったのに……俺がさせて、どうするんだよ」
 陽はとっくに落ちているのに電気もつけず、彰は暗い部屋の中、一人苛立たしげに髪を掻き毟っていた。