識人の捜し物

第十二話「追走」
 彰は自分に向けられた『線』を辿りながら、バイクで夜道を駆け抜けていた。
 住宅街に安眠妨害を撒き散らし、一心不乱に走り続ける。
 永久の『線』は、アパートから見て駅の反対側――涼宮町の郊外に向かっていた。
 しかし、少しずつその『線』は薄れてきている。
 永久との間に距離が開きつつあるのか、あるいは向こうが彰のことを意識しないようにしているのか。
 ……くそ、消えるな!
 彰は自分の意識を表す『線』を見ることが出来ない。
 そのため、万一この『線』が消えてしまえば、永久を追うための手がかりが途絶えてしまう。
 やがて、次第に人家が減り始めてきた頃。永久と彰を繋ぐ『線』は完全に消えてしまった。
 彰は舌打ちすると、道の脇にバイクを停止させる。
 もう一度携帯をかけてこちらを意識させようとしたが、今度は電源を切られていた。
 周囲は街灯の数も少なく、深い闇に包まれている。
 何軒か家が見えたが、さらに進んでいけば完全な田園地帯に出るだろう。
「……どこだ?」
 駄目だということは分かっているが、彰は永久の姿を強く思い浮かべた。
 しかし、やはり自分が発する意識は『線』として見えてこない。
 焦りと苛立ち、そして高揚感が彰の胸中を駆け巡る。
 永久に合流することが出来れば、この戦いに終止符を打つことが出来る。
 相手の出方を待つのではなく、こちらから攻め込むことが可能なのだ。
「……なんで逃げるんだよ。昨日も今日も」
 顔をしかめて彰は毒づいた。
 しかし答えが返ってくるはずもなく、溜息ばかりが外にもれる。
 このまま立ち往生している場合ではない。
 自分一人では彼女を追うことが出来ないなら、誰かに協力してもらう必要がある。
 永久のことを具体的に意識出きる人物がいれば、その人の発する『線』を追っていけばいい。
 最初に思いついたのは朝見だった。
 彼は一度永久と顔を合わせているから、彼女を意識することも不可能ではないだろう。
 ただ、彼をこの件に巻き込むのは出来るだけ避けたい。
 そのとき、彰は自分に向けられた『線』を捉えた。
 永久が去っていったのとは逆の方、つまり彰が走ってきた方から伸びてきている『線』である。
 わずかな動揺と、それを押し殺そうとする強い意思を秘めた『線』だった。
 ふわりと、彰の頬に柔らかな風が当たる。
 次の瞬間、その『線』の発信源が彰の眼前に飛び込んできた。
 永久よりも一回り小さい少女だった。
 闇に溶け込むようなおかっぱ頭。
 そして、永久と同じ涼宮高校の制服を着込んでいる。
 少女はかすかに顔を強張らせ、彰の正面に立った。
「不瞳さん。貴方は何をしているのです」
 その声を聞いて、彰は少女が何者かに気づいた。
「……君は、秋野葉子か?」
「ええ。突如貴方が部屋を飛び出したので、慌てて追って来たのです」
 葉子は徒歩のようだった。
 自分の足だけで、バイクで疾走する彰を追って来たということなのだろう。
 そのくせ息は全く乱れていない。
 どうやら悪魔というのは本当らしい。
 少なくとも、普通の人間ではないだろう。
 彼女は彰に対し、非難するような眼差しを向けた。
『線』も若干刺々しい形をしている。
「まったく。なぜか今晩は倉凪永久が厳重に見張っていたせいで、貴方の部屋に近づけませんでした。さらに貴方は貴方でいきなり飛び出すし……実に面倒なことです」
「永久を追ってたんだ。彼女に伝えたいことがあって」
 葉子の声が剣呑さを増してきたので、彰は話を変えるために最初の質問に答えた。
「それで、見失って立ち往生しているのですか?」
「う……まあ、そんな感じだ」
 反論出来ず、彰は曖昧に言葉を濁した。
 葉子は呆れ顔で肩を竦める。
「ならば早々に部屋に戻られることをお勧めします。夜は悪魔の真価が発揮される時間。貴方が外を出歩くのは危険です」
「いや、それは駄目だ。俺は今、彼女に会って話をしたい」
 今、の部分を強調して、彰ははっきりと告げた。
「ですが、見失ってしまったのではどうしようもありません」
 彰の関与を嫌っているのか、葉子は渋面を浮かべる。
 だが彰はそれを黙殺し、
「君は、永久のことをどの程度知っている?」
 と訊ねた。
 突然の質問に若干戸惑いながら、葉子はゆっくりと答える。
「……退魔士であること。『九裁』に所属していないモグリであること。『天満の左腕』を内包する候補者であること。直接会って話したことはないので性格は分かりませんが、姿なら遠くから見たことが何度かあります」
「それだけ分かれば充分だ。まだ追いかけられる」
 葉子の『線』を見て彰は笑みを浮かべた。
 彼女の『線』は彰ではなく、永久が去っていった方向に伸びている。
 これを追っていけば、永久の元に辿り着けるだろう。
「細かい話は行きながら説明する。手伝ってくれないか?」
「私がですか?」
「君たちは天魔を復活させないのが目的なんだろ? だったら、手伝って欲しい。俺や永久も目的は同じだ。うまくいけば、今晩中に決着がつく」
 彰の言葉に、葉子はぴくりと眉を動かした。
 しばし黙考し、やがて重々しく頷く。
「……いいでしょう。その自信、根拠をお聞かせください」
「決まりだな、乗ってくれ」
 彰に促され、葉子が後部座席に腰を下ろす。
「……ああ、そうそう。言い忘れてた。倉凪永久に関することだ」
「なんですか?」
「永久は危険なんかじゃない。彼女は単なる、不器用なお人好しだ」
 きょとんとした表情を浮かべる葉子に、彰は笑ってそう言った。

 涼宮町の南部には、いくつもの山が連なっている。
 夜風が木々を揺らし、葉がざわざわと音を立てる。
 時折、鳥の鳴き声が聞こえることもあった。
 まだ少し雪が残っていて、所々が白に染まっている。
 その一角、涼宮町を見渡すことが出来る場所に永久はいた。
「はぁ……二度も見つかるなんて思わなかった」
 憂鬱そうに言って、彼女は溜息をついた。
 あんな風に別れを切り出した手前、今更彰と顔を合わせることなど出来ない。
 それに、アパートを見張っていたことなど知られたくなかった。
 知られれば、彰に無用の気遣いをさせてしまう。
 彼には、何も気にせずに元の日常に戻って欲しかった。
「でも、あの様子だと気づかれちゃったかな……」
 うあー、と永久は呻いた。
 昨日は彰のアパートに着いた途端発見され、今日は前触れなくいきなり呼びかけられた。
 どうにもついてない。
「でもま、彰も馬鹿じゃないし。まさか追ってきたりはしないわよね」
 胸中にある不安を振り払うように言って、永久は視線を下に向けた。
 彼女は今、何の変哲もない木の上に腰かけていた。
 視線の先にあるのは、その根元である。
 降り積もった雪が、木の根元を見事に覆い隠している。
 そこに、『天魔の右腕』が隠されていた。
 最初、永久は右腕を守りつつそれを餌にし、奪還しようとしてくる悪魔を倒そうと考えていた。
 屋上ならほぼ一日中見張ることが出来たし、学校関係者以外にはおいそれと近づけない。
 近づく者がいれば、それは十中八九悪魔である。
 実際、斑目はそうやって正体を看破された。
 しかし、彰と出会ってからは、彼のアパートも見張らなければならなくなった。
『天魔の右腕』を見つけたのが彼の力だからである。
 それを知って、悪魔が彼を狙う可能性があった。
 だから今度は、単純に見つかりにくそうな場所に隠した。
 多少目を離しても、そう簡単には発見されないように。
 町中では安心出来なかったので、結局こんな郊外になってしまったが。
「幸い今のところ見つかってないし。彰もきっと家で大人しくしてるはず。だからあとは、明日までこれを守り抜けば……」
 それで今回の戦いは終わる。
 あるいは、右腕奪還に失敗した悪魔たちが永久を襲ってくるかもしれない。
 そうなったら、返り討ちにして終わらせればいい。
 そして、その後は、また一人で――。
「……あー、やめやめ」
 先のことはそのときになってから考えればいい。
 先のことなど分からないのだ。
 分からないことを考えても仕方がない。
 携帯していた牛乳を飲みながら、永久は遠くに見える町並を眺めた。
 彼女は高校入学に伴ってこちらに来たから、まだ二年しかここで過ごしていない。
 それでも、永久はこの町が好きだった。
 守りたいと強く願う。
 ただ、その町も今は遠い。
 永久は一人きりで、山の中に身を潜めている。
 誰も訪れないであろう、寂しい場所で――。
「……え?」
 そのとき、視界の片隅に何かが移った。
 ここから遥か下、山と町を繋ぐあぜ道。
 そこを、一台のバイクが爆走していた。
 速度規定など無視しきった、信じられないくらい乱暴な走り方である。
 乗っているのは二人。
 距離があるので、それが誰かはよく分からない。
 運転している方がヘルメットをしているのがかろうじて分かった。
 そのヘルメットが、わずかに永久の方を見たような気がした。
「……まさか」
 そう呟いたときには、既にバイクは見えなくなっていた。
 永久は慌てて木から飛び降り、道がある方へと走り出す。
 彼が来るはずなどない。
 あんなひどいことを言って別れたのだ。
 たった数日、一緒にいただけなのだ。
 それなのに、危険だと言っておいたにも関わらず、こんな時間にこんな場所までやって来るはずがない。
 それでも、確認しておきたかった。
 不安を拭い去るために、そしてかすかに浮かび上がった期待を押し殺すために。
 木々の間を駆け抜けていくうちに、バイクの走行音が次第に近づいてくる。
 やがて道が見えてきた。
 永久はそこには出ずに、脇にある木の上に跳躍する。
 もしバイクに乗っているのが彰なら、隠れている永久に気づくだろう。
 他人だったら、そのまま素通りするはずである。
 バイクはすぐに現れた。
 真っ暗な夜の山を、ライトが眩しく照らし出す。
 永久は思わず目を瞑った。
 そして、バイクは永久が潜んでいる木の前で停止した。
 運転していた方がバイクから降りる。
 彼は、ヘルメットを外しながら永久の方を見上げて言った。
「――君は、そんなところで何をやっているんだ?」
 呆れと安堵が入り混じった視線を永久に向けて、不瞳彰がそこに立っていた。

 木から飛び降りてきた永久は、何か言いたげな視線を彰たちに向けてきた。
 葉子は彰の後ろでじっとしている。
 永久を警戒しているようだが、積極的に敵対行動を取るつもりはないようだった。
 一応、彰が事前に説得しておいたのである。
 永久は一瞬、彰を見て安堵の表情を浮かべた。
 が、すぐにそれを打ち消し、厳しい面持ちで睨みつけてくる。
「なんで、こんなところに来たのよ」
「君を追ったらここに着いたんだ」
「……なんで、私のところに来たのよ」
「放っておけないからに決まってるだろ」
 彰は自嘲気味に笑う。
「最初からそうだったんだ。放っておけなかったんだ。一人きりで戦ってる君が放って置けなくて、協力を申し出た。……今度も同じだ。やっぱり君は、放っておけない」
 永久はそっぽを向いて、
「迷惑」
 と、短く言った。
 しかし彰は怯まない。
「そうでもない。役に立てる方法がようやく思いついたんだ」
「……え?」
 永久は意外そうに口を丸くした。
 彰は、顔の右半分を覆い隠す前髪をかき上げた。
 その下にあったのは眼帯ではなく、強い意思を秘めた右眼である。
「この目と君がいれば、今夜にでも決着がつけられる。俺が来たのはその方法を思い出したからだ」
「そんな方法、あるの?」
「自分でも呆れるぐらいだ。あのベランジェールって悪魔と戦ってから、俺は自分のことを役立たずだと思いこんでいた。だから忘れてたんだ、と思いたい」
 少しだけ冗談っぽく言ってから、彰は言った。
「君は既に敵の親玉と出会い、相手を認識した。つまり君は、奴へと続く『線』を作ることが出来るようになっているはずなんだ」
「あっ……!」
 永久も気づいたのだろう。口元に手を当てながら瞠目する。
 最初に出会ったときは、敵のことがよく分からなかった。
 だから彰の右眼が真価を発揮出来なかった。
 しかし今は違う。
 永久がベランジェールを強く意識すれば、彰が相手の元へ続く『線』を見ることが出来るのである。
 相手の出方を待つ必要はない。こちらから攻めることが出来るのだ。
「永久、どうだ? これでも俺は役立たずか?」
 彰は永久に向かって一歩進む。
「俺は君を放っておけなかった。君は一人で戦ってる。一人で自分の内にあるものと、外の敵と戦ってる。その辛さは、俺にも少しは分かるつもりだ」
 誰もが敵となった、幼い頃のあの教室。
 そして、それを否応なく彰に伝えた右眼。
 彰はそこから逃げた。
 しかし、永久は逃げずに戦っている。
 ゆえにその姿に憧れた。
 けれど、それはとても危うい光景だった。
「だから、助けたいと思ったんだ」
 自分が逃げたところで頑張っている少女には、自分のようになって欲しくなかった。
「君に迷惑をかけたいわけじゃない。俺が完全に役立たずなら大人しくしていた。君が本気で嫌がるなら、俺は何もしない。……けど、俺はそうは思わなかった」
 永久の目の前で足を止め、彰はじっと彼女を見た。
「君は無理して俺に気を使ってるだけだ。これ以上巻き込まないようにと」
 彰は永久を正面から見据え、はっきりと言った。
「俺に――仲間に妙な気遣いはいらない。前にも言ったことだ。……永久、仲間として答えてくれ。君は、俺と一緒にいない方が本当にいいのか?」
 永久は哀しげに目を伏せ、ゆっくりと首を振る。
「……そんなことない」
 小さくて、今にも消えてしまいそうな声だった。
「そんなことない。……彰と一緒にいて楽しかった。いろんなところを一緒に歩いたり、あちこちで食事したり。危ないのに、離れてた方が安全なのに、それでも一緒にいてくれて……駄目だって分かってるのに、嬉しかった」
 永久は今にも泣きそうな顔をしていた。
 嬉しさと、それを否定する思いとがない交ぜになっているのだろう。
 そんな彼女の頭に、彰はポンと手を乗せた。
「その言葉が聞けて良かった」
 彰は満足げに何度も頷く。
 そして、永久に向かって手を差し伸べた。
「未熟者でいらん苦労や迷惑をかけるかもしれない。けど、一つでも出来ることがあれば、俺は全力で君を助ける。――約束だ」
 永久は少し悔しそうな表情でそっぽを向いて、
「……馬鹿」
 と、彰の手をそっと握った。
 顔は背けたまま、永久は手に力を込めて呟く。
「彰、約束は出来る限り守る主義なのよね」
「ああ。進んで破ったことは一度もない」
「それならもう一つ約束して。……絶対に死なないって」
 彰からは永久の表情は伺えない。
 しかし彼女から伸びる『線』が、そして震える手がその心境を如実に物語っている。
 ……これは、なんとも厳しい約束だな。
 そして、なによりも優しい約束でもある。
「――約束しよう。俺は死んだりしない」
 彰がそう言うと、永久は正面に向き直った。
 そこには申し訳なさと喜びがない交ぜになった顔があった。
「ごめんなさい。……それと、ありがとう」
 どこか恥じ入るように、永久は頭を下げた。