識人の捜し物

第十五話「封印」
 夜の山中に激震が走った。
 震源地は永久の目の前。
 一人の女悪魔が黒い霧となって空に昇る、まさにその場所だった。
 女悪魔がいた場所に黒い球体が浮かんでいる。
 天魔の魂――その右腕部分である。
 それが、山を揺さぶっていた。
 あちこちで木が倒れていき、鳥たちが騒ぎ出す。
 永久はどうにか踏ん張りながら、球体に向かって腕を突き出している。
 この球体を、再度封印しなければならない。
 急がなければ、欠片は勝手に宿主を探し出して入り込んでしまう。
 一番危険なのは永久自身だった。
 目の前にいるのだから、まず最初に目をつけられるだろう。
 ……それは最後の手段にしないと……。
 先ほど偉そうに言ったものの、永久とて天魔の力を完璧に使いこなせているわけではない。
 むしろ使用する度に、暴走しないかどうか自分でもかなり不安に思っている。
『左腕』一つでも、永久はかろうじて抑えていられるという状態である。
 もし『右腕』まで取り込んでしまえば、今度は永久の方が大きすぎる波に飲み込まれる恐れがあった。
 それは、出来るなら避けたい。
「光の壁よ、狩人を囲う檻となれ!」
 永久が詠唱すると、球体の周囲が眩い光に包まれた。
 光は次第に長方形型の水晶へと形を変えていく。
 しかし、その水晶は若干濁っていた。
 すぐさま亀裂が走り、砕け散ってしまう。
「くそ、やっぱり駄目か……!」
 永久は刃を振るって魔を退治するのが専門である。
 そのため封印に関する技術は専門外なのである。
 基礎は一応覚えているが、ほとんど役に立たない。
 それに、今の永久が使っている魔力は封じるべきものと同質のものである。
 そんなもので結界となる水晶を作っても、対象を活性化させてしまうだけだった。
 かと言って、天魔の力なしではとても太刀打ち出来る相手ではない。
「……どうしよう、梨絵……」
 永久の表情が弱気なものになっていく。
 早く決めなければ、『天魔の右腕』が宿主を探しに動き出してしまう。
 迷っている時間はなかった。
「やるしかない、か」
 永久は迷いを断ち切るように、首を振って、両手で頬を叩いた。
 封印することは不可能。
 かと言って、無関係の誰かの元にこんなものが行くのはまずい。
 それならば、残された方法は一つしかない。
 ……責任取って、私がこいつを背負う。
 正直、恐い。
 天魔の力を得るということは、それだけ自分が人間から離れていくということである。
 左腕を得たことで抱いた疎外感は、永久の中で未だに根強く残っている。
 自分が人間ではなくなってしまったのだと、今でも泣きたくなることもある。
 だからこそ、決めた。
 他の誰かにこんな思いはさせたくないと。
 そのために、たった一人でも戦い続けると。
 その決意を思い起こし、永久は震える手を球体へと伸ばす。
 しかし、その手は横から割り込んできた別の手に止められた。
 永久は驚いてそちらに顔を向ける。
「……やめろ、永久」
 そこには、彼女が初めて得た仲間――不瞳彰が立っていた。

 彰は肩で息をしながら、永久と球体を交互に見た。
 どうやら戦いは終わったらしい。
 しかし、それより厄介な問題が起きているようだった。
「永久、また封印するのは無理なのか?」
「……ええ、私じゃ出来ない。それに、放っておくと勝手に宿主を探しに出る」
 永久は罰が悪そうな顔で小さく頷いた。
 彰はそれだけで、およその状況を把握した。
「それで、君は自分がそいつを背負おうと思ったわけか」
「……」
 返ってきたのは沈黙だった。
 彰はそれを肯定と認識し、深い溜息をつく。
 ……まったく、この子はいつもこうだ。
 人を気遣ってばかりで、自分のことをあまり気にかけようとしない。
 自分一人でなんとかしようとして失敗するタイプなのだろう。
「君は天魔になどなりたくないんだろう? だったら、それはやめておけ」
「でも、それじゃあどうするの!?」
 永久が泣きそうな顔を彰に向けてきた。
「右腕を守りきれなかったのは私のせいなのよ? それで誰かがこんなもの背負わなきゃいけなくなったら……」
「それを言うなら、俺にも責任はあるだろ」
 彰は苦笑して、そんな彼女の頭をポンポンと叩く。
「だいたい、君がもし『右腕』まで取り込んで暴走でもしたらどうする。誰にも止められなくて、物凄い被害が出るかもしれないぞ?」
「そっ、それは……」
「そうならないとは言い切れない。そう言ったのは君自身だ」
 と、彰は視線を永久から黒い球体へと移した。
 この激震の中、唯一動かぬ禍々しい力の象徴。彰はそれに一歩近づいた。
「君がそんな危ない橋を渡るより、もっといい方法がある」
 そう言って――彰はおもむろに右手で球体を掴み取った。
「あ、彰!?」
 彰が取った突然の行動に、永久が悲鳴を上げた。
 球体はずぶずぶと右手の中に入り込んでくる。
 右腕が膨張していくような錯覚を抱く。
 細かい痛みがちりちりと走り、脳が内側から揺さぶられるような気色悪さを感じた。
 少しずつ自分の身体が侵されていく。
「彰、すぐにそれを離してっ!」
「悪いがそれは聞けない。これが多分最善だ。俺は無関係じゃないし、こうなったことに対する責任もある。万一暴走したとしても、君なら止められるだろ?」
 視界が歪んできた。
 それと同時に身体中が熱くなってくるのを感じる。
 落ち着け、と自分に言い聞かせながら、彰は永久の方に振り返った。
「それに約束したからな。……俺はやれることが一つでもあるなら、君を助けると」
「……っ!」
 彰の言葉に永久が大きく口を開いた。
 しかし、そこから言葉が出てこない。
 何を言えばいいのか、分からないのだろう。
 永久の表情には、怯えの色が見え隠れしていた。
「……彰は分かってない、それがどんなに辛いことか」
「ああ、確かに……まだ分かってない。多分、これから分かっていくんだろうな」
「ずっと、死ぬまでそれと付き合っていかなきゃいけないのよ?」
「それは知ってる」
「少しだけど……人間じゃなくなるのよ?」
「分かってる」
「いろんな悪魔に狙われるかもしれない」
「そのときは助けてくれ」
 冗談めかした彰の言葉に、永久が顔を伏せて叫んだ。
「……馬鹿、馬鹿馬鹿っ! 彰の馬鹿!」
「君ほどじゃない」
 そう言って彰は笑った。
 意識は次第に霞んできている。
『天魔の欠片』を取り込むことは、想像以上に負担がかかるらしい。
 既に球体は、完全に体内に入り込んでしまったようだった。
 気づけば揺れも止まっている。
 周囲には再び夜の静寂が訪れていた。
 どくん、と彰の心臓が鼓動を刻む。
 自分の中で、決定的な何かが変わったのを実感した。
 例えるなら、熱い湯水の中に冷水を入れたときのような異物感。
 そしてそれは、次第に混ざって区別がつかなくなっていく。
 不瞳彰という存在と一体になっていく。
 彰は後悔していない。
 その場に尻餅をつきながら、呆然とした様子の永久に微笑を送る。
「俺は、半端なのはもう嫌だったんだ」
「え……?」
「昔、とてもやりたかったことがあった。けど途中で俺は逃げた。それからずっと後悔してきたんだ。だから今……最後まできっちり出来たことに、満足してる」
 それは偽りなき本心だった。
 昔、友達を助けたかったが一心で彰は動き、挫折した。
 もうあんな思いをするのは絶対に嫌だと思った。
 周囲全てが敵という状況。
 そして、惨めに逃げた自分自身。
 どちらも同じくらい嫌だった。
 だが今は違う。
 彰はやろうと思ったことを、最後までやり遂げた。
 それに、もう一人ではない。
 そう思うと、張り詰めていたものが霧散していく。
 身体から力が抜けて、彰は仰向けに倒れこんだ。
「……彰っ!」
 徐々に暗くなっていく意識の中、心配そうにこちらを覗き込む少女の姿を焼きつける。
 彼女が彰に向けてくる、温かで優しい『線』のことも。
 そして、その向こうにある満天の星空を。
 ……綺麗だな。
 いつか見た夕焼け空を思い出す。
 この光景を忘れぬよう、心に刻みつける。
 そこで彰の意識は、完全に闇の中へと呑まれていった。