識人の捜し物

エピローグ「両手を繋いで」
 行方不明者は四十五名。
 もっとも、それは現段階で確認されている数字に過ぎない。
「これから、もっと増えるかもしれねぇ」
 朝見はうんざりしたようにぼやいた。
 その顔には、疲れが色濃く表れている。
 トーストにマーガリンを塗りながら、彰は相槌を打った。
「行方不明者には一人暮らしの人が多いそうですね」
「ああ。いなくなっても、さほど気にされないような人たちばかりだ。おかげでこっちも事態に気づくのが遅れた」
 短期間で姿を消した人々があまりに多く、涼宮署は事件性を疑って捜査を始めている。
 ニュースもそのことで持ちきりだった。
 町中を歩いていても、その話題は少なからず耳に入ってくる。
 だが、真相を知る者はいない。
 たった二人の当事者を除いて。
「……それで、俺に話ってなんですか?」
「察しはついてるだろ。お前に話を聴きたいんだ」
 二人がいるのは、以前彰が永久を連れて来た喫茶店だった。
 もともとここは朝見から教えられた店なのである。
 朝見の視線を受けて、彰は小さく溜息をついた。
「やっぱりですか……まあ昼食奢ってもらえる以上、文句は言えませんね」
 ちょうど行方不明者が出る前後に、彰は朝見に斑目のことを尋ねに行っている。
 時期が時期なだけに、朝見も無関係とは思わなかったらしい。
「でも最初に言っておきますけど、俺は残りの行方不明者とかは知りませんよ」
「俺が知りたいのはそこじゃない。今回のこれは偶然なのか、事件なのかってことだ」
 行方不明者は誰一人発見されていない。
 目撃情報も曖昧で、遺体なども見つかっていない。
 だから警察にも、実状がまるで見えてこないのだろう。
 彰はトーストをかじりながら、曖昧に答える。
「これだけいなくなったんです。偶然じゃないと思いますけど」
「お前には捜せそうか?」
「多分、無理です」
 死んだ者は、いくら彰でも捜すことは出来ない。
 見失ったものなら見つけ出せるが、本当の意味で失われたものは、どうにもならない。
 朝見はその返答に落胆した。
「そうか……」
「……でも、もう誰かがいなくなるなんてことはないと思いますよ」
 彰は朝見を慰めるように言った。
 ベランジェール、あるいは秋野葉子。
 事件の犯人であるあの悪魔は、もういない。
 彰でも捜し出せない場所に行ったのだ。
 既に事件は、終わりを告げている。
 朝見は一瞬、彰に探るような視線を向けてきた。
 が、すぐにそれを打ち消す。
「やれやれ。お前の方は解決したのかよ?」
「おかげさまで。いろいろありましたけど、どうにか片付きました」
「片付いた、か……」
 しばらくの間、朝見はその言葉を噛み締めているようだった。
 やがて、割り切ったように苦笑を浮かべる。
「……ああ、そうそう。辛気臭い話ばっかだとあれだから、いいニュースを一つ」
「なんですか?」
「この前、お前に愚痴った生活安全課の子な。オーケー貰えたそうだ」
「え?」
 彰は目を丸くして、食事の手を止めた。
「だって、その人が好きな相手って転勤したんじゃ……」
「したさ。でもよ、それで終わりだと決まったわけじゃねーだろ? その子な、一念発起して転勤した男にラブレター送ったんだってよ。そしたら相手からオーケーの返事があったんだと」
「へぇ……」
 彰は素直に感心した。
 一度は挫けたにも関わらず見事に復活し、納得のいく決着をつけた。
 それだけでも称賛に値するだろう。
「良かったですね、本当に」
「まあな。俺も応援した甲斐があったってもんだ」
 朝見は嬉しそうに笑った。
 彰もつられて、微笑を浮かべる。
「っと、そろそろ時間だぞ。何か用事があるんじゃなかったのか?」
 朝見が腕時計を見ながら言った。
 彰も店内の時計に視線を向ける。
 午前十時半。
 そろそろ出ておいた方がいいだろう。
「ええ。でもいいんですか、こんな話で」
「いいんだよ、こちとらお前一人に時間割いてやれるほど暇じゃねえんだ」
「いつも暇そうな人の発言とは思えませんね」
「俺はドラマに登場するようなタイプなんだよ。決めるときに決めればいいんだ」
 言い訳にも聞こえるが、朝見は確かにそういうところがあった。
 いざというときは決めてくれる。
 あの晩も、朝見がいなければ彰は動くことが出来なかっただろう。
 ただ、同僚にしたいとは思わないが。
「ほれ、何ぼーっとしてやがる。早く行った方がいいんじゃないか?」
「ああ、そうですね。それじゃ朝見さん、また今度」
 朝見に別れを告げて、彰は足早に喫茶店を後にする。
 店を出た途端、心地よい空気が肌に触れた。
 見上げれば、空は雲一つない。
 快晴である。
「さて、迎えに行ってくるか」
 そう呟くと、彰は駆け足で駅に向かっていった。

 急行に乗って移動すること二十分。
 涼宮駅よりも数段大きな駅に到着して、彰は新幹線の改札口へと移動した。
 新幹線から降りてくる人々の中に、目的の顔がないかどうか探す。
 それはすぐに見つかった。
 彰の方に大きく手を振りながら歩いてくる。
 が、人に道を譲ったりしているせいか、なかなか近づいてこれないようだった。
 彰はじっと待つ。
 やがて、憔悴した様子の倉凪永久が、彰の前までやって来た。
「久しぶりっ。彰、元気にしてた?」
「ああ。少なくとも今の君よりはな」
「うぅ……。人込みは苦手なのよ」
 乱れた髪の毛を手で整えながら、永久ははにかんで言った。
 二人は並んで駅の中を歩く。
 事件が終わってからは忙しかったため、こうしてゆっくりと並んで歩くのは久々だった。
 事件の最中の方が、まだのんびりしていた気がする。
 あの後やって来た『九裁』の退魔士は、永久に散々小言を残して戻っていったらしい。
『九裁』本部で、今後彰の処遇をどうするか決めるのだそうだ。
 永久曰く、
「多分しばらく監視されることになるけど、大人しくしてればそのうち解放されるわ」
 とのこと。
 ただ、そう語る永久の表情はげっそりしていたのだが。
 そして彼女は、学校が春休みに入ってからは実家に戻っていた。
 電話で話すこともなかったので、こうして言葉を交わすのは久しぶりだった。
「彰はどうだった? 今のところ右腕、大丈夫そう?」
「ああ、問題なし。最初は少し気になったけど、もう慣れたよ」
 彰はひらひらと右手を振りながら言った。
 そこに内包されている『天魔の欠片』は、今のところ落ち着いている。
 時折妙に熱くなることがあったが、深呼吸をして心を落ち着ければ次第に冷めていく。
 この力を使いこなせているわけではない。
 これからきちんと制御する術を身に着けていく必要がある。
 魔力なんてものは彰にとって未知のものだが、どうにかなるだろうと思っている。
「そっちはどうだったんだ?」
「友達に、いろいろと報告してきたわ」
「友達?」
「前に言ったでしょ。四年前に器にされたって子」
「ああ……覚えてる」
 彰が頷くと、永久は寂しげな微笑を浮かべた。
「ごめん、それ少し嘘なんだ。……その子はね、もともと悪魔だったの」
「え?」
 彰は思わず足を止めた。
 が、永久がそのまま進んでいくので、慌てて歩みを再開する。
「それって、どういうことだ?」
「言ったでしょ。悪魔にも人間に協力的なのがいるって。その子……梨絵はそういった親人派でね。悪魔としてじゃなく、人として生きていくことを望んでた」
 永久の声がわずかに震えた。
 彰は黙って話を聞いている。
「けど……梨絵は『左腕』を持ってた。それを狙って、別の悪魔と戦いになったの。その果てに――暴走が起きた」
 先日の戦いを思い出す。
 木々は次々と薙ぎ倒され、激震の影響で土砂崩れも起きたらしい。
 永久に言わせれば、きちんと制御して、ようやくあの程度の被害に抑えられたらしい。
 もしあの力が暴走すれば、どれほどの被害が起きるのか。
 想像するだけで寒気がした。
 永久は彰の方を振り返り、懺悔するように言った。
「私は、暴走を止めるために梨絵を殺したの」
 彰は何も言えなかった。
 永久が背負っているものが、想像以上に重かったからである。
「……最期に梨絵は私に頼んできた。『左腕』を受け継いで、他の誰にも渡さないでくれって。ごめんなさいって、自分を殺した相手に謝りながら、申し訳なさそうに頼んできた」
 そう言って、永久は自分の左腕をそっと撫でた。
「だから、これは私にとってあの子の形見みたいなものなのよ。それに、罪の証でもある」
「それは、罪なんかじゃないと思うぞ」
「ううん、私は……私自身が、そう思ってるから。それを背負っていこうって決めたから」
 永久はかすかに微笑を浮かべた。
 彼女自身がそう言っている以上、余計なことは言うべきではない。
 きっと、それは彼女の『真実』なのだろう。
「そうか」
 と、彰は小さく頷いた。
「……でも、ありがと。彰に聞いてもらったら、少しすっきりした」
「話ぐらい、いくらでも聞いてやるさ」
 仲間だからな、と彰は胸中で呟く。
 さすがに恥ずかしかったので、それは口に出さなかったが。
「それが、永久の戦う理由か。なんとなく、納得したよ」
「そう?」
「いつもどこか辛そうだったからな。本当は悪魔と戦うことなんて、望んじゃいないんだろ」
 斑目のときも、童女のときも。
 おそらくは、あの女悪魔のときもそうだったに違いない。
 永久はいつも、戦うたびに辛そうな表情を垣間見せている。
 それでも戦うのは、受け継いだ『左腕』を守るため。
 そしてなにより、自分の周囲にいる人々を守るためなのだろう。
「そんな立派なものじゃないけどね。ま、あんまり積極的に悪魔狩りする気にはなれないけど。だからか『九裁』にはくさい顔されてるけどね」
「それぐらいでいいんじゃないか。永久は永久だ、そいつらに合わせる必要はない」
「ん……そう言ってもらえると、ちょっと安心する」
「そうか。そいつは良かった」
 二人は顔を見合わせて笑った。
「その子には、何を報告したんだ?」
「頑張ってるよって。あと、これからも頑張るよって」
 そして、永久は彰の前で立ち止まり、
「それから……助けてくれる人が出来たよって、教えてきたわ」
 駅の窓から差し込む光が、永久を包み込んだ。
 その姿を、美しいと思った。
 その隣に立っていられることに、彰は密かに満足する。
 これからのことは分からない。
 だが、一人でいた今までよりは、きっと充実した日々になるだろう。
「彰?」
 ふと我に返る。
 目の前では、永久が怪訝そうな表情でこちらを見ていた。
「ああ、なんだ?」
「もう、聞いてなかったの? 向こうに着いたら特訓よ。きちんとその力を制御出来るようになってもらわないと、こっちも心配なんだから」
 頬を膨らませる永久に、彰は思わず笑みをもらした。
 永久を助けるという約束は既に果たした。
 しかし、彼はまだこうして彼女と一緒にいる。
 思い返せば、彰が『天魔の欠片』に手を伸ばしたのは、彼女との繋がりが欲しかったからなのかもしれない。
 彼女との繋がりが、『線』が途絶えてしまわないように。
 もう、一人きりにならないように。
 だから、彰はとびきりの笑顔で彼女に応えた。
「ああ。……これからよろしく頼む」
「こちらこそ」
 永久も笑って、左手で彰の右手を掴んだ。
 彰も永久も、もう一人ではない。
 同じものを背負う仲間がいる。
 駅はいろいろな人で溢れかえっている。
 その中で、彰はたった一人の大切な仲間と、手を繋いで歩き始める。
 これから続くであろう長い道への第一歩を踏み出す。
 ――そこに確かな『(きずな)』があることを、認識しながら。