記事一覧

日暮の旅行日記・伊豆&箱根2008/第三話「遥か昔の逢瀬の地」

 今日もJAVAの勉強。そして大神。
 いや、息抜きも大事ですよね?
 現在赤カブトを倒したところ。はじめて戦闘でゲームオーバーになりかけた……。倒し方分からないからって適当に攻撃すべきじゃないな、このゲーム。八犬士のおかげで無事でしたが。
 しかし、大神の音楽はどれも出来が素晴らしいですねえ。サントラ買おうかな。それだけの価値はありそう。

 さて、いよいよ三島大社本殿にやって来たむっつりバスターズ(3/5)。さすがに有名どころ、時期も時期なだけに、割合賑わってました。

ファイル 104-1.jpg
[三島大社本殿]

 早速我々の方もお参り。「5円がないなら1円を投げればいいじゃない」などと言おうとしたところ、どちらもなかったので10円を投げることに。みみっちいことに変わりはないなぁ。
「さらば諭吉ぃっ!」とかやれるようになりたいもんだ、とか思ってたら横でゴリがその台詞を言いやがりました。違うだろ、お前はキャラ的に筋肉だろ……! 俺もキャラ違うとは思うけど!(分かる人にしか分からないネタです)

 その後、いろいろと茶目っ気のある馬鹿な写真を撮ったり、本殿の脇にあった見目神社や若宮神社などを見て回ったりしながら、のんびりと中を散歩。
 源頼朝が平家打倒のために参拝したという、一種執念深さが感じ取れるエピソードがあるこの神社ですが、そんなことを感じさせない和やかさがありましたね。桜が満開だったせいかもしれないですけど。


ファイル 104-2.jpg
[頼朝と政子の腰掛け石]

 参拝理由は平家打倒という物騒なもの。やって来たのは、どっちもいろいろときつそうな印象のある頼朝と政子。その二人が腰掛けたと伝わる石でございます。
 しかし、ここでの会話は他愛ない男女のものだったんじゃないかな、などと思ったりもします。頼朝や政子に限らず、当時の武士たちは、敵に対しては厳しく容赦しない代わりに、心通わせた仲間は本当に大切にしたんじゃないかな、という印象があります(頼朝は義経や範頼を死なせてますが、それはいろいろと込み入った話になりそうなので割愛)。

ファイル 104-3.jpg
[何か見栄えの良かった離れの社]

 特に理由はないですが、離れにある建物って何か心惹かれてしまうんですよねえ。何でだろう。
 ちなみにこの辺りには鯉や亀などがいました。なぜかGUCCIが亀に夢中になってたのを記憶しております。まあ普段はあまり見ないですしねぇ……。

 その後、鹿を見に行っていたというゴッド、江頭と合流。時間さえあれば私も見たかったのですが、そろそろ宿に行かないとまずい時間帯に。
 初日は伊豆長岡近くに宿を予約していたので、そちらまで車でGO!

ファイル 104-4.jpg
[伊豆の車窓から]

 というわけで三島大社でした。
 なお、この写真は(多分)韮山辺りで撮ったものです。特別なものはありませんが、こういう風景を見ると心が洗われるような気がします。普段どんだけ汚れてるんだろう……。