記事一覧

日本神話の原型

 どうも、最近日記を怠けていた日暮です。
 いや、ほら夏ってばてやすいですし……ねえ?(何)
 家に帰って来ると疲れてそのままぐでーっとしちゃうんですよね。仕事自体はそんな忙しいわけでもないんですが。

 そんなわけで、これまで溜めてた小説の感想とか、気力があるうちに書けるものを書いてしまおうと思います。
 まずは小説というよりは歴史書というべきか、というこの作品から。

古事記 (上) 全訳注 講談社学術文庫 207
古事記 (上) 全訳注 講談社学術文庫 207次田 真幸

講談社 1977-12
売り上げランキング : 53160

おすすめ平均 star
star難解でしたが面白い
star古事記への入り口としてはこれが最適か
star神話の時代が活写されている

Amazonで詳しく見る


 古事記と言えば、日本人なら一度ぐらい名前は目にしたことがあるんじゃないでしょうか。奈良時代初期に編まれた歴史書で、日本神話~推古天皇の時代までを記したもので、八年後に完成した日本書紀と合わせて記紀と称されることも。
 スサノオとヤマタノオロチとか、天岩戸とか、ヤマトタケルとか、そういった有名なエピソードの他、様々な物語が収められています。まあ、歴史書なので物語だけでなく系譜も記されているのですが……その辺りは史料的価値の面が大きくて、後世の、所縁もなく研究者でもない人間にとってはさほど面白いものではありませんでした(史料的価値の面でも信頼性は微妙っぽいですが)。
 物語面では、これまであまり知らなかったエピソードを発見出来たことで、謎とされている古代史の断片を垣間見れた気がします。どのエピソードも政治的意図とか様々な思惑が隠されているので、それを読み解くのも古事記の面白さの一つかもしれません。


古事記 (中) 全訳注 講談社学術文庫 208
古事記 (中) 全訳注 講談社学術文庫 208次田 真幸

講談社 1980-12
売り上げランキング : 21515

おすすめ平均 star
starこじき
star古事記中の英雄説話が集まった中巻
star『古事記』 講談社学術文庫版 - 中巻

Amazonで詳しく見る

古事記 (下) 全訳注 講談社学術文庫 209
古事記 (下) 全訳注 講談社学術文庫 209次田 真幸

講談社 1984-07
売り上げランキング : 83534

おすすめ平均 star
star良質な資料
star古事記三巻完結編
star『古事記』 講談社学術文庫版 - 下巻

Amazonで詳しく見る


 ちなみに、原文は奈良時代初期のものであるだけに、とても普通には読めたもんじゃありません。ゆえに書き下し文にしたものや現代誤訳にしたものが出版されているわけですが、私が目にしたものの中では、この講談社学術文庫版が一番読みやすかったです。書き下し文も割合読みやすいし、それに加えて現代語訳・注釈・解説も入っているので。
 分かりやすさだけなら「口語役古事記」でも良いかもしれませんが、著者の主観が薄い分、純粋な古事記に触れるならこちらの方が良いかもしれません。それは好みに合わせて、ということで。


口語訳古事記 完全版
口語訳古事記 完全版三浦 佑之

文藝春秋 2002-06
売り上げランキング : 161466

おすすめ平均 star
star日本の神話の原典。一回は読んでおきたい。
star日本神話の世界をオリジナルに近い形で味わうことができます
star面白い VS 難解、さあ どっち?

Amazonで詳しく見る