記事一覧

藤原純友、海を往く

 さて、本日第二弾は北方謙三氏の「絶海にあらず」。平将門とほぼ同時期に伊予で朝廷へ反旗を翻した、藤原純友を描いた作品です。
 北方節とでも言うべきか、ハードボイルドな文体及び登場人物は今回も顕在。主人公の純友、立場は違えど純友とは通じるものを持った小野好古、権力の頂点にあり純友の宿敵とも言える藤原忠平など、多くの人物が良い意味で男臭いです。
 実際はこの"純友の乱"、結構不明点が多いので北方氏の推察によるところも結構あるのですが、これがなかなか複雑。純友が伊予掾になった辺りから物語は本格的に動き出すのですが、伊予を実質的に支配している越智一族、表面上はそれに従いながらも不満を持つ他の一族、越智の力を削いで伊予を名実共に手中に収めたい朝廷、そんな朝廷が内海をコントロールしている事実に不服を唱え始める純友――と、それぞれの利害の一致・不一致の複雑さがこの物語の特徴でしょうか。簡潔かつ丁寧に書かれているので分かりやすいのですが。

 最後の結末は「おお?」と驚き半分でしたが、こういう終わり方もアリだと思います。

 北方氏の歴史小説が好きな方には、文句なくお勧め出来る作品ではないかと思います。南北朝からは離れたみたいですが、こういう風に今まであまり描かれなかった人物・時代をこれからも描いていってもらいたいというのが一読者としての希望ですね。

 関係ないですけど、好古という名前だと秋山好古を思い出します。秋山好古の故郷は確か伊予。小野好古は伊予で反旗を翻した純友を討伐した男。滅多に見かけない"好古"という名前に伊予という土地。何か関係あるのかなあ、と気になったり。まあこれは作品とは関係のない、私の戯言ですが。

絶海にあらず 上 (1) (中公文庫 き 17-8)
絶海にあらず 上 (1) (中公文庫 き 17-8)北方 謙三

中央公論新社 2008-06
売り上げランキング : 3690

おすすめ平均 star
star満足の一冊

Amazonで詳しく見る

絶海にあらず 下 (2) (中公文庫 き 17-9)
絶海にあらず 下 (2) (中公文庫 き 17-9)北方 謙三

中央公論新社 2008-06
売り上げランキング : 2702


Amazonで詳しく見る