記事一覧

これは闘争の物語か、黄昏の物語か

 さて、本日第三弾は、今更ながらの古典的名作。
 ヘミングウェイの「老人と海」です。私は海外の本には軽い苦手意識があったので(以前読んだ小説の訳が読みにく過ぎて挫折した)、これまであまり手を出さなかったのですが、たまには読んだ方がいいかな、ということで短めのを。

 内容は、己の老いを痛感するようになった老人が海に挑み、大きな獲物を狙うといったもの。老人が一人で漁に挑む部分が作品の大半を占めるので、独白部分が非常に多いなどの特徴があります。
 最初はさらさらっと読んで「結局この作品の言いたいことって、なんだったんだろう?」と思っていたのですが、あとがきの解説を読んでこの作品に込められたメッセージがようやく見えた気がします。
 うーむ、文学にみる文化性の違いというかなんというか。
 アメリカ文学、これからもう少し読んでみようかなぁ……。

老人と海 (新潮文庫)
老人と海 (新潮文庫)ヘミングウェイ

新潮社 1966-06
売り上げランキング : 4283

おすすめ平均 star
star人生の黄昏
star単純で難しい話
star漁を通して人間存在の罪と虚無を描いた秀作

Amazonで詳しく見る