記事一覧

病弱若旦那の事件簿

 さて、本日最後は時代劇+推理+ファンタジーという珍しいジャンルのシリーズ。病弱な若旦那と、ある事情からそんな若旦那を見守る妖たちが、周囲で起きる事件を解決しようというのが話の大筋。
 第一巻の"しゃばけ"は一巻を通しての長編、第二巻の"ぬしさまへ"はいくつかの短編で構成されています。
 若旦那は実家が大店で、両親から大切にされているという、傍から見たら"恵まれたお坊ちゃん"。しかし本人は意外と江戸っ子気質なのか、病弱なことも含め、そうした自分の現状に不満を持っていたりします。そのため結構無茶をしたりもするのですが、それが事件と遭遇するきっかけになることも。
 そんな若旦那の周囲にいる妖たちは、一癖も二癖もある変わり者たちばかり。人間の常識が今一つ通じない彼らですが、妙な愛嬌があって魅力的な存在になっています。
 そんな彼らが挑む妙な事件。人の起こした事件もあれば妖の起こした事件もあり、あるいは事件要素の薄いエピソードもあったりと、様々なタイプの話が楽しめます。シリーズは沢山出てるので、続きを読むのも楽しみですね。

しゃばけ (新潮文庫)
しゃばけ (新潮文庫)畠中 恵

新潮社 2004-03
売り上げランキング : 2080

おすすめ平均 star
star文句なしです!
star妖とまた会いたい。そんな気にさせてくれる物語!
star楽しかった

Amazonで詳しく見る

ぬしさまへ (新潮文庫)
ぬしさまへ (新潮文庫)畠中 恵

新潮社 2005-11-26
売り上げランキング : 8060

おすすめ平均 star
starのんびり、ほのぼのとした気持ちになれる本
star精神的に逞しくなった若旦那が微笑ましい
starファンタジー時代劇サスペンスの面白さ

Amazonで詳しく見る