記事一覧

日暮の旅行記・伊豆下田/海中水族館

 下田の二日目は、バスに乗って駅まで戻り、そこから下田海中水族館というところへ行きました。私の希望ではなく、家族の希望です。
 駅前の、観光地然とした風景を眺めながらバスを待つことしばし。
 ちょうど、どこかの学生さんたちと行き当たったお陰で、窮屈な出発になりました。
 出発してほどなくトンネルに入り、そこから出ると、もう水族館でした。徒歩で行くことも十分可能な距離ですが、帰りにどのみち歩く予定だったので、行きはバスにしたのです。おかげで随分とげんなりした気持で水族館に到着しました。
 水族館というと、小奇麗な建物があり、その中で多様な生物が飼われている、という印象がありました。そのため、海中水族館という名称から連想して――海中の中に造られた建物などを想像していました。
 が、最初に出迎えてくれたのは、入口脇にいた巨大な亀たちでした。どれも人間より大きく、本来十分な広さであろう住処の中を、肩身狭そうに動き回っていて、それが妙に印象的でした。
 中に入ると橋があり、その橋を歩きながらいろいろな生き物を眺めていくという形式で、建物の中に入ることはさほどありませんでした。その点、海中水族館というよりも、海上動物園とした方がいいのでは、などと考えてしまいました。
 ただ、私たちにとって不幸なことに、ここが下田の中においても格別に人気のある場所であるらしく、また見世物(ショー)などが中心であることもあり、あまりじっくりとイルカやペンギンを眺めることは出来ませんでした。ただ、一番奥にあるイルカとアザラシのショーでは席を確保することが出来て、のんびりとショーを見ることが出来ました。隣に座っていた弟は、やや退屈そうにしていましたが――。