記事一覧

読書がなかなか終わらない

 現在、日本の南北朝関係では代表的な、佐藤進一氏の「南北朝の動乱」を読み進めています。かなり分厚い本なので、読み終えるまでにまだまだ時間がかかりそうです。読み応えはたっぷりなんですけどね。荒波の将軍も近々建武編に入るので、この辺りのことを詳しく書いてある同書は大変勉強になります。

 最近やったことと言えば、ネット小説ランキングに登録したことと、ユグドラシル聖戦記外伝をもう一つ書き上げたことぐらいでしょうか。一応異法人の夜も今週更新分は書きあがったので一安心。なんか先週と今週は、これらに卒論含めてやたらとキーボード打ちまくってたような。
 現在は荒波の将軍建武編の登場人物紹介を編集中。鎌倉の連中が一気にお亡くなりになったのが少し寂しい。長崎親子は外伝書いてもいいかもしれません。
 それどころじゃない場合でも、案外創作意欲って衰えないもんだなぁ、と思う今日この頃。