記事一覧

Googleアカウント

 最近会社で技術調査をやってまして、GoogleのApps周りに少し触れる機会がありましたので、それとなくまとめておきます。知ってる人には今更な内容になるかと。

a.Google App Engineって何
 簡単に言うと、これはGoogleがアプリケーションを動作させるための領域を提供してくれるというサービスです。開発者側からすると、環境構築とかの手間が省けるという利点があります。
 開発自体はEclipse+JavaもしくはPythonの知識さえあれば、Googleからのプラグインを入手してローカルで行うことが可能です。
 そして開発したアプリケーションをGoogle App Engineで設定した領域に上げると、Google提供の環境で実行が可能になります。Web上で実行するアプリケーションになるので、ネット接続出来れば使用できるのが特徴(あまりクライアント側のマシンスペックに左右されない)。公開範囲も指定可能なので、この環境を利用した受託開発業も行われています。
※こういったクラウドサービスは日本じゃあまり浸透してませんが。

b.Googleアカウント、Google Appsアカウントとの関係
 で、最初にちょっと混乱したのがこれ。
 Googleのページにいくと無料でささっと申請可能なのがGoogleアカウント。それに対し、申請には独自ドメインが必要になってくるのがGoogle Appsアカウント。なぜ独自ドメインが必要かというと、Appsアカウントは企業・団体向けで複数のユーザを管理する機能があるからです。ドメイン単位で組織管理を行うということですかね。
 で、ややこしいのはGoogle App Engineの申請は、Googleアカウントを利用して行うこともできるが、Google Appsアカウントを利用しても行える、という点。
 後述しますが、ちょっと変な現象が発生したせいで私はこの三つのアカウントに妙な相互関係があるんじゃないかと悩まされるハメにあいました。
 しかし結論から言うと、Googleアカウント(個人向け)→Google App Engineのラインと、Google Appsアカウント(組織向け)→Google Apps Engineのラインは完全に別物みたいです。

c.順番の影響か?(トラブル)
 私は、Googleアカウントだけを持っている状態で調査を始めました。そして最初にGoogleアカウントからのGoogle App Engine申請を行いました。そのときは無事申請に成功し、アプリケーション領域作成の画面まで進むことができました。
 そこで一旦画面を切り替え、今度はGoogle Appsの申請をしました。こちらも無事設定が終了しました。
 その状態でGoogleアカウントのGoogle App Engineに再度サインインしなおそうとしたところ大失敗。IE8だとサインインページにすら入れず、FireFox等ではサインインページに入れるものの、リダイレクトエラーがなぜか発生するという状態に。
「サーバ側のエラーか」と数時間様子見したものの、治る気配は一向になし。仕方ないと諦めて、Google AppsアカウントでのGoogle App Engine申請を実施。これは無事に通りました。
 その申請が完了した後、もう一度GoogleアカウントのGoogle App Engineに接続しようとすると、今度はなぜか成功。
 一応解決はしましたが、未だに原因がよく分からずすっきりしません。

d.Google App Engine申請時のSMS認証こぼれ話
 ネットで検索すると、Google App Engine申請の際に問題となりやすい箇所ということで、SMS認証が取り上げられていました。
 Google App Engine申請では、Google側が申請に必要な認証コードを携帯に送ってくるため、携帯のアドレスもしくはSMSが受信できる環境が必須となります。
 ここで厄介なのが、『同じ端末は認証に使えません(意訳)』という公式ドキュメントにあった一文。そして『Docomo・auの携帯ではSMS受信に問題があります』という注意書き。
 私はDocomo携帯なうえに、GoogleアカウントとGoogle Appsアカウントの両方でGoogle App Engine申請をしたかったので、ここでも少しつまずきました。
 一応両方をクリアすることは出来ましたので、どうやったかを列挙しておきます。
・1回目(GoogleアカウントでのGoogle App Engine申請)の際は、携帯のメールアドレスを指定。特に問題なく成功(Docomo端末)。
・2回目(Google AppsアカウントでのGoogle App Engine申請)の際は、メールアドレス使えず(1回目で使用済だからか)。ただしやり方を変えてSMS方式で実行したら成功。
 携帯情報入力画面に国を選ぶリストボックスがあるので、そこはOther、番号入力欄には『+81[先頭の0を抜いた携帯番号]』と入力することで成功しました。

 とりあえず殴り書きここまで。