記事一覧

今更ながら隆慶一郎にハマる

 以前「一夢庵風流記」を読んだきりだったのですが、その後ふと「死ぬことと見つけたり」を読んでみて大ハマリ(それだけに未完なのが悔しくてなりません)。現在は「吉原御免状」を読み進めてます。「面白い」以外の感想が出てきません。

 一方自分自身の作品執筆具合はというと、若干雲行きがあやしい状態。ある程度書き溜めはあるものの、職場が新しくなって覚えなければならないことが増えたので、執筆に割ける時間が減りそうな気配です。ううむ。

 とりあえず日常編を、小説ではあまりないようなスタイルで書き直したいところ。一つの話として描こうとすると、ちょっと「日常」らしさがなくなってしまうので、そのあたりを克服したいと考えてます。そう上手くいくとは思ってませんが。