記事一覧

尊氏の野望その二

 貧弱な国力をどうにか人並みに成長させた関東の足利家。飛躍的に国力を増強させるため、貿易をして南蛮技術を手に入れるのが第一の目標。
 なにせ、古河御所に隣接している四勢力のうちの三つが、貿易をするために必要な港を持っている。西の北条は同盟相手なのでともかく、東の佐竹と南の里見はそれなりに有能な武将が揃っていることもあり、南蛮技術を取らせ続けていては、足利家が攻め落とされるのは必定。
 そんなわけで、史実で関東の覇者になった強国北条に頭を下げて、早速里見家を落としにいくことに。こちらがあまりに弱かったからか、氏康公はあっさり要請を受諾。完全に舐められてる。
 ともあれ、関東最強クラスの氏康自らが出陣してくれたおかげで、里見家との戦いは比較的優勢に。何気に登録武将の一人、源頼朝がいたので押される場面もあったが、それなりに余裕のある状態で久留里城を制圧。兵力2000程度しか残していなかった古河御所に攻め込んでくる輩もおらず。
 里見家は本城こそ失ったものの、岡本港でまだ戦う姿勢を崩さず。そのまま攻めようとしたら、里見家と協定を結んでいた房総水軍にボコられるという惨事に。
 革新PKでは諸勢力という概念があり、これは絶対に滅ぼすことが出来ず、放置するか協定を結ぶかしか出来ない。敵対する大名家と協定を結んでいる諸勢力は様々な意味で面倒臭い敵と化す。
 特に国人衆と水軍衆は、協定を結んでいる大名家に侵攻しようとする相手の前にどこからともなく瞬時に現れ、一つの部隊が倒れれば即座に別の部隊がワープしてくるという阿呆臭い仕様。序盤において、こんな連中とまともにやりあっていてはきりがない。
 なので、少し出資は痛いが、こちらも金を払って房総水軍と協定を結ぶ。こうしておくと邪魔してこなくなる。


 そこまでしてようやく港を攻められるようになる。しかし、里見家はまだまだ落ちない。更なる伏兵を用いて、足利家に反撃してくることになる。……というところで次回に続く。

オマケの武将紹介
源頼朝/統率86武力58知略84政治96
 鎌倉幕府初代将軍。初っ端から負けてたり、鎌倉得てからはほとんど後方から指示出してる印象しかなかったので、将軍補正込みで統率はこのくらい。その分鎌倉幕府の基礎を築き上げた政治力は高め。
里見義堯/統率82武力71知略80政治57
 現在の千葉県辺りの戦国大名。関東支配を狙う北条氏に抵抗。統率と知略が頼もしい。