記事一覧

天と地と

 来年の新春時代劇は「天と地と」になるそうで。上杉謙信を主人公とした小説が原作で、映画もやっていました。私はどちらも見ているので、今度のものがどうなるのか楽しみです。映画は途中眠ってしまうというハメになりましたが、ドラマ版ではどうなることか。いや、期待してますよ?
 主演はTOKIOの松岡氏。蘭丸やったり武田信玄やったりと、時代劇で結構おいしい役をやってますねぇ。私は「サイコメトラー」と「天国に一番近い男」の印象が強いですが。ガクト謙信のインパクトがいろいろな意味で強すぎるので、松岡謙信がどうなるのか、まだ想像出来ません。
 しかし、風林火山や天と地とが放送され、再来年の大河は直江兼続と、最近は長尾家(上杉家)がブームなんでしょうかね。個人的には、大大名なのに今一つ焦点が当たらない人々のドラマとか結構やって欲しいところですが。戦国だけでも南部、北条、今川、長宗我部、大友、島津とかネタになりそうなのいるんだけどなぁ。「誰でも知ってる」くらいのレベルじゃないと駄目なんだろうか。
 そういう意味では、これまでいまいちな扱いだった今川や北条が良く出てきた今年の風林火山は嬉しかったですね。義元は微妙に小物臭漂わせてましたが、桶狭間で殺されるだけの扱いよりは遥かにましです。氏康もきちんと出てくることなんてあまりなさそうだし。氏綱に至っては、出てきたこと自体が奇跡的な気が。
 個人的に後北条氏は大好きなので、そのうち幻庵視点で五代記とかやって欲しいもんです。早雲から氏直まで、やって出来ないことはない。幻庵視点なら滅亡する前に終わるから後味悪くなさそうだし。……やっぱ無理か。