記事一覧

いい最終回だった

 感想は書いてませんでしたが、ほとんど見てた風林火山。歴史ものとしては、ここ数年のでは一番好きです。新撰組は歴史ものというより青春群像劇だったし(あれはあれで好きだったけど)、義経は清盛の死後辺りからあまり見なくなり、功名が辻はつっこみどころ多数だったからなぁ。
 最初は山本勘助が主人公ということで「川中島で終わりか、武田の最後までやらないのかなぁ」なんて思ってましたが、実際始まるとなかなかどうして、充実した内容じゃないですか。
 途中微妙な回もありましたが、一年も続くと途中で息切れするのも無理のないこと。最終回では回想シーンが多様されてましたが、見てみるとかなり感慨深いものがありました。
 勘助の最後の戦いは、板垣の最後の戦いを若干意識してたような気も。心憎い演出だなあ、と一人思いながら見てました。勘違いだったらちと恥ずかしいですが。
 ともあれ、出演者とスタッフの皆さん、お疲れ様でした。