記事一覧

24シーズン6「敵の印象薄いなぁ」

 現在ファイエドがとっ捕まった辺りまで。
 なんというか、やってることのエゲツなさはシーズン追うごとに上がってきてるけど、キャラクターの魅力はどんどん下がってきてる気がするんですよねえ。気のせいかな。
 サンダース辺りまでは、敵の方にも魅力を感じてたんですよ。マルワンは、キャラクター性よりはテロの多段攻撃というそれまでにない執念深さが印象的だった。……ただ、5と6のは、テロの規模こそ大きいけれど、キャラクターとしては劣化マルワンみたいな印象しかないんですよ。ネタが切れたのか、それとも他に理由があるのか……。うーん。
 それと並行して、味方サイド(特に大統領関係)が。ローガンはインパクトあったんですが、見てる最中「なぜこいつが大統領に……」という疑念はありました。真相知る前から。そして今回のダニエルズ。……どう考えても副大統領の器じゃなさそうな気が。「24」というドラマの性質もあるんでしょうけど、報復行動に出るのが早過ぎる気が。せっかちというか短慮というか、そういう印象しかありません。
 初期は敵も味方もプロで、互いに命がけでやっている、という印象がありました。それが、何やら薄れてきたような気がしてしまいます。


 ……文句ばかり書いてますけど、24は好きですよ? ただ、作風の変化みたいなのを感じてそれに戸惑っている、というところです。複雑な心境だ……。