記事一覧

尊氏の野望その七「村上義清の奥州制覇行・最終章」

 ※これは「信長の野望・革新」のプレイ日記です。

 長尾(上杉)家を吸収し、一気に人材面が凶悪になった武田家。これに対抗するため、古河公方足利家は奥州を制覇し、彼の地にいる人材の面々を確保することに。

 というわけで奥州制覇もようやく大詰め。残すところは安東氏だけでございます。既に最上義光と津軽為信という奥州二大武将を手に入れているので、目的の半ば以上は達成したも同然。最後は水軍強化に便利な安東愛季を手に入れて終わりですよ。
 ……とか言ってると横から思わぬ痛手が来るのがお約束。
 安東氏を攻める準備をしているところに、北条氏との同盟が切れたとの知らせが。……そういえば兵力は奥州方面に集中させてて、関東手薄になってたなぁ、とか思っていたら。
「尊氏様、一大事でございます! 北条家の(以下略)」
 早速攻めてきました北条家。正直武田を警戒し過ぎていたせいで、北条と接していた古河御所と久留里城の防御はかなり手薄です。一万も兵いません。おまけに残っている武将は文官揃い。
 急いで太田城にいた佐竹一族(義重除く)を応援に向かわせますが、何分相手が悪過ぎる。
 北条家は関東最強の武将とも言える北条氏康率いる足軽隊と、氏康に次ぐ北条家の戦名人北条綱成率いる騎馬隊。他数部隊加わって総勢四万近く。それがまっすぐ古河御所目がけて突っ込んできました。
 対する古河御所の総大将はご隠居様。統率三十代という素晴らしいステータスを持つ足利晴氏です。……ああ、これは駄目だ。
 ということでスタート地点であり本拠地でもあった古河御所は、あっさり攻め落とされました。しかも晴氏はとっ捕まって処断。ゲーム的には大して痛くないですが、心情的にはきっついもんがあります。ご隠居雑魚なんだから解放してくれても良いじゃないか……。

 気を取り直して村上義清の奥州制覇。プレイ日記だとあまり目立ちませんが、義清は奥州での戦にほぼ参加しており、毎度毎度恐るべき戦果を挙げています。弓とか得意じゃなかったのに連射まで覚えて、もうどこまでいくんだという感じです。計略も少しずつ成長してきたので、このまま信玄にぶつけて因縁の対決をさせたいところ。……多分ボロボロにされるでしょうけど(義清は十分強いけど信玄は更に輪をかけた強さ)。
 古河御所が落とされている間に安東氏を攻めて、ちょうど入れ替わるようにこれを陥落。これで奥州の領地は足利家が掌握したことになります。

 ところがぎっちょん、そうは問屋がおろさない。
 北条をどうしてくれようとか思っていた矢先、今度は師直・義経が待機中の黒川城へ武田が攻めてきました。向こうの武将は山県、馬場、勘助、それから信玄の弟信繁。寿命なし設定なので、本来そろそろ死んでそうな方々もまだまだ元気です。というか、武田は誰が来ても怖いのが嫌だ……。

 そんなわけで、休む間もなく武田・北条と戦うはめになった古河公方足利家。はたして古河御所は取り戻せるのか、黒川城は守り抜けるのか……。