記事一覧

日暮の旅行日記・京都&大阪2008/第14話「坂の上の寺」

 さて、一日空けての再開です。
 南禅寺を後にしたチーム「三馬鹿が斬る!」は、長い長い坂道を進み、清水寺へ到着。改めて説明するのが馬鹿らしくなるほどの有名どころでございます。

ファイル 84-1.jpg
[ついに来ました清水寺]

 やはり京都観光名所の中でも屈指のお寺。周囲は人、人、人!
 特に外国人の方も大勢参詣にいらっしゃってました。古都京都も国際社会。幕末の頃とは偉い違いです

ファイル 84-2.jpg
[俺たちはようやくのぼりはじめたばかりだからな(以下略)]

 ちなみに、清水寺は坂や階段が非常に多いです。体力に自信なかったりする人にはちょいときついかもしれません。かく言う私も、割とひーこら言ってました。

ファイル 84-3.jpg
[随求堂]

 入って少し進んだところにあったのは随求堂。ここで胎内巡りというものを体験しました。何も見えない道を手探りで進んでいくことで何かが見えてくる、という趣旨のもの。
 感想はあえて言いませんが、清水寺を訪れたならやってみるのもいいかもしれません。普段、自分がどれだけ目に頼っているかよく分かります。
 ちなみに出たところで、金閣寺に引き続きまたもおみくじ対決。今度は確か緑だけが微妙に悪い結果に終わったはず。
 ついでながら、私はすぐ前にやったピーターと全く同じ番号のおみくじを引き当てました。……なんだ、前日のブラックジャックと言い、同じ物を引き当てるのが私の特技なのでしょうか。

ファイル 84-4.jpg
[清水の舞台にて]

 絶景かな絶景かな。本堂近くの清水の舞台でございます。
 どんな風景かは、直接訪れて見ていただいた方がいいかもしれません。
 しかしこれ、何のポーズなんだろう。……リクームかバータ

ファイル 84-5.jpg
[キュクレイン大黒様]

 ちなみに私、この面子で新年会やったときにちょいと無茶をしましてね。
 キュクレインという称号を獲得してしまったのですよ。そういうことがピーターや緑の頭の中にあったのか、彼らは口を揃えて言いました。
「これキュクレインじゃね?」
 罰当たりますよ

 清水寺編、次回に続く。