記事一覧

尊氏の野望その五「村上義清の奥州制覇行」

 学問国家「伊達家」はあっさり落ちました(結論だけ)。統率100オーバーにした義経も港に引きこもったまま、降伏勧告によって吸収完了。……何このCPUの馬鹿っぷり。
 そんなことをしている間に、越後の方では急展開。武田が駿河→三河という史実のルートを辿らず、越後の長尾家を滅亡させてこれを吸収したのである……! 何この急速な拡大路線。
 ちなみに長尾景虎(後の上杉謙信)と武田信玄は信長の野望・革新中でも最高スペックを誇る怪物二人。主人公の信長も十分反則級の能力値ですが、この両名はそれすら上回ります。バラモス倒したらゾーマが出てきた、みたいな感じでしょうか。
 それが二人、同じ勢力下に入ったわけです。伊達家陥落など、こちらの問題に比べたら屁でもありません。古河公方足利家が奥州制覇をしたら、氏康率いる北条と、謙信を傘下に入れた武田の両方を相手にしなければなりません(実際は、信玄と謙信の相性が悪いのでこういうことはありません。ちょいと編集しました)。
 ついでながら、北条は長野家を吸収して、武勇最高クラスの上泉信綱を配下に組み入れ、現在は国力増強に備えています。同盟切れた瞬間足利家に襲いかかってきた場合はこれを撃退すればいい話ですが、下手に西進されると今川・徳川の武将が呑まれる恐れがあります。そうなると人材面
大きく差がつくことに。
 と、人材面で憂慮していたところ、運よく村上義清がこちらの方に流れてきました。この人は史実で武田信玄の信濃侵攻を食い止めた猛将で、武田方の真田幸隆の調略に敗れた後は長尾家に属していました。「砥石崩れ」と呼ばれる戦で信玄に大勝したという経歴からか、統率武勇は共に高め。猛烈な勢いで勢力を拡大する武田に対抗するため、この義清と義経、それから尊氏を中心とする三グループで奥州制覇をさっさと終わらすことに。
 とりあえず後方から兵を持ってきて、三手に分かれて進軍を決行。義経と師直は蘆名がこもる黒川城(なぜかまだ生き残ってた)、里見と佐竹(義重が元服)は武田に滅ぼされそうな最上家の横取りを(義光は渡したくない)、そして尊氏と義清は、奥州で大勢力になりやすい南部家が治める高水寺城を(斯波氏はとっくに滅ぼされてます)攻撃開始。三面作戦ははたして吉と出るか凶と出るか……?


オマケの武将紹介
源義経
統率100武勇87知略85政治25
 頼朝の弟。平家討伐で華々しい戦果を挙げたが、後に兄と不和になり奥州へ逃走、同地で自害した。
 軍事面においては天才的、政治面では駄目、というのは司馬遼太郎氏の「義経」の影響。兄との対決も何もなく、普通に仲間になりました。多分謙信や信玄との戦では、尊氏とこの人が鍵になりそう。

武田信玄
統率110武勇88知略96政治94
 怪物じみた能力値を持つ武将の一人。実際は官位とかでもっと能力値が+されてるので本当に洒落になりません。武田は他にも優秀な人材が大勢いるのが怖い。

上杉謙信
統率120武勇105知略74政治54
 120はこのゲームにおける素のステータスとしては最高値です。……まともに戦ったらまず勝てない鬼畜性能。陸上でこの人出てくると逃げたくなるのは私だけではないはず。海戦では意外とあっさり倒せるんですが。

村上義清
統率92武勇89知略71政治51
 信玄を敗走させたことで統率武勇が高めな代わりに、真田幸隆の計略で敗れたことから知略と政治はちょっと低め。ただし、騎馬適性がSなので野戦においては強力。この人が流れてきただけでも僥倖。