記事一覧

尊氏の野望その八「武田・北条連合戦・第一幕」

 客将、村上義清の助力もあって奥州制覇に成功した古河公方足利家。しかし休む間もなく黒川城に攻めてきた武田家、古河御所を奪った北条家との戦が開始。後方では余りものたちに技術開発を急がせ、その間に進撃してきた武田の迎撃に出発。向こうは既に風林火山(武田の固有技術)を持っているので恐ろしく手強いです。
 ただ、統率能力では黒川城に待機中の師直、義経も負けてはいません。これに奥州組の津軽為信、最上義光を合流させて応戦。一度津軽為信隊が壊滅させられて捕虜にされるという事態も発生しましたが、捕えていた信繁隊を壊滅することで奪還に成功。信繁を捕えるという大金星。交渉で無償返還して、少しずつ名声を上昇。名声が上がると公家が来訪したとき、より上位の官職を買えるようになります。
 その間に北条から古河御所を奪還するため、奥州で修業済みの村上義清(騎馬・弓矢兵法コンプ)と佐竹義重、そして当主尊氏が太田城に集結。兵数に不安があるので、古河御所の領地にある建造物を破壊して城から敵を誘き出します。民衆からしたら良い迷惑でしょうが、ゲームのことなので気にしても意味はありません。
 時折綱成が出てきて苦戦することもありましたが、順調に相手の兵数を減らすことに成功。更に兵数を減らすため尊氏と義清でまだ生き残っていた宇都宮を襲撃。案の定兵数が減っていた太田を狙って、古河御所などから北条軍が出撃。ある程度引きつけたところで、小高城に移っていた義重が部隊を率いて太田に急行。尊氏と義清も引き返してこれを迎撃。関東国人衆も加わって、北条勢をボコボコに。ある程度叩いたところで、尊氏・義清は再度宇都宮を攻めて、今度は本当に滅ぼします。黒川城との間にあって邪魔だったので、これですっきりしました。
 その直後、内政は後回しにして、宇都宮と太田から古河御所を挟撃。兵数が減っていた北条はあえなく敗北。古河御所を奪還することに成功しました。しかし、北条勢はまだ小田原を中心に十万以上の兵を有しています(このゲーム、兵数の桁がおかしいのは仕様です)。さて、どう攻めるべきか……。