記事一覧

日暮の旅行日記・京都&大阪2008/第7話「イタリア料理を食べに行こう」

 数日遅れの報告になりますが、無事に卒業出来ることが確定した日暮です。あとは卒業式に行くだけ。合間があるので消化試合みたいな感覚です。でも、考えてみれば十六年にも及ぶ学生生活のピリオドなんですよねぇ……。もうすぐ社会人か。

 さて、二条城を後にしたチーム「S学無双・妄想伝」は、昼食を取りにイタリア料理店へ。
 様々な通りを歩きながら、室町通りへ。ついでながら、通りにはそれぞれ由来を記した看板(?)が設置されていました。観光地っぽさが前面に出てて、歴史を感じるうえではちょいと微妙な感じもします。いやまあいろいろ分かるのは嬉しいんですが。複雑です。

ファイル 76-1.jpg
[イタリアンに乾杯]

 で、お店に着いた我々はスタッフ一同に迎え入れられて指定の席へ。
 なんというか、従業員の方々の動き方がいかにも手慣れているというか、プロっぽい。他のお客さんたちも皆落ち着いているので、馬鹿になってる私は戸惑ってしまいますね。
 なにせ、この三人の間では不浄王と呼ばれているくらいですから!
 清浄な場所にいると弱体化してしまうのですよ!

ファイル 76-2.jpg
[前菜]

 で、上品な店の雰囲気にたがわず、注文したものが順番に。
 イタリアというと「このジョルノ・ジョバーナには夢があるッ!」とか「世界でもっとも愛されもっとも憎まれたハゲ」とかの印象しかないので、料理内容はさっぱりでございます。
 どれも美味しかったですけどね。
 その辺り考えると、結構自分が食べてる料理の名前とか知らないなぁ、私……。

ファイル 76-3.jpg
[極太スパゲティ]

 太っ!
 フォークで食べるには結構なコツが必要。
 食感も普通のスパゲティとは異なり、私の戸惑いゲージはいよいよマックスへ。
 どうしようどうしようかと思い食べた私の一言。
「ンまあああアアァい!」

ファイル 76-4.jpg
[太スパと普通のスパ]

 手前がピーター、奥が本多緑の頼んだスパゲティ。それぞれ三人で回して、結局全部のスパを食べました。どれも素晴らしい味でしたが、個人的には本多緑の頼んだスパが一番好みでした。野菜系が好きなのですよ。麺の部分はどれも美味しかったので、優劣つけがたかったです。

ファイル 76-5.jpg
[最後はデザート]

 実はフルーツ系が総じて苦手な私。かろうじてリンゴが平気な程度。
 アイスとか飲み物になってればある程度は大丈夫なんですけどね。果汁が入っていると微妙に嫌。
 とまあ私の好き嫌いは別にして、スパによって口中に広がったこってり感が、このシャーベットで綺麗に洗われたというところでしょうか。
 これまでは徒歩での移動が多く、結構足が疲れてたんですが、料理も合わせて、ここで十分回復出来た気がします。たまにはこういうイタリアンも良いものですね。

 さて、次はーー新たな山場。
 金閣寺でございます!