記事一覧

日暮の旅行日記・京都&大阪2008/第15話「京の文化財に家光の影あり」

 明日から金曜まで秋田に行っているので連絡が取れなくなります。


 さて、清水寺Season2でございます。

ファイル 85-1.jpg
[風景写真を一つだけ]
 一つぐらいは風景写真やっといた方がいいかなー、ということで。
 舞台近くから撮った眺めです。どうでもいいことながら、この旅行で風景写真の撮影が趣味に加ったかもしれません。やってみると予想以上に楽しいこと楽しいこと。東京じゃこんな風景見られないから、というのがあるんでしょうかねー。

ファイル 85-2.jpg
[地主神社]

 さて、舞台を出てすぐのところにあったのは地主神社。大国主命をはじめとし、その父母とされるスサノオやクシナダなどが祀られている神社です。どういうわけか縁結びの神社とし大人気。軽い気持ちで調べてみましたが、なぜ縁結びなのかが未だによく分かりません。はっきりとした解答は存在しないんでしょうかね? 何か無性に気になる……。誰かご存じでしたら教えてください。

ファイル 85-3.jpg
[大国主命と因幡の白兎]

 典型的な古代人の格好をした人にしか見えない……。
 しかし、大勢の参拝客(特に外国のお客さんが多い)の中にいると、この石像も浮いて見えますねぇ……。
 ところで、大国主命って縁結びの神様でしたっけ。日本神話は知ってるようで知らないことが多いので、記憶があやふやだったりします。

ファイル 85-4.jpg
[多分唯一の三人同時撮影]

 他の参拝客の方に頼んで撮影してもらった一枚。一番左の不審人物が私です。……マスクしてるうえに目を隠すと、本当に怪しすぎる。右二人が爽やかなだけに、私の不気味さが際立っています。ええい、所詮は引き立て役か……!

ファイル 85-5.jpg
[最近吾輩の出番が少ないんじゃない?]

 ということで清水神社、最後の一枚はクロ社長で。
 日記では今一つ伝えきれませんでしたが、観光名所としては素晴らしいところでした。全てを回ったわけではないので、機会があればまた行ってみたいと思います!

 ちなみにこの後は「こけると三年以内に死ぬ」という三年坂にあったお店で昼食を取ったり、お土産屋さんを見て回ったりしました。
 何か妙に忘れられないのは、「風水ボール」と書かれていたお土産。店内での撮影はさすがに控えざるを得なかったので、写真はありません。
 なので、文字だけでツッコミたいと思います。
「どう見てもドラゴンンボールじゃねえかあああああ!」