記事一覧

よろずや平四郎活人剣

 一度途絶えたものを再開するのは、それを続けていたときよりも大変な苦労を要する。ということで、最近ちょっと日記の更新を怠ってしまってました。健康面は問題ありませんが、ものを書こうとする気力がまだ回復途中。
 嬉しいweb拍手などを頂いてモチベーションは大分取り戻せたので、今月中に一つぐらいは何か書きたいなと思います。

 さて、それとは関係ありませんが久々の読書感想。
 昔は通学途中の電車でたっぷり読めたんですが、今は乗ってる時間が短いうえに混み合っているので、あまり時間が取れなくなってしまいましたよ。


 そんな中で読んだのが藤沢周平さんの「よろずや平四郎活人剣」。剣とあるからそれがメインの話かと思いきや、「よろず揉め事仲裁します」を合言葉にした人情物語でした。
 鳥居とか遠山とか、ちらちらと有名な人物も名前だけは出てきますが、話の中心は江戸の庶民たち。それぞれの因縁話なども出てきますが、一つ一つがさっくり終わって、「短編連作」として良い読み心地でした。

よろずや平四郎活人剣〈上〉 (文春文庫)
よろずや平四郎活人剣〈上〉 (文春文庫)藤沢 周平

文藝春秋 2003-12
売り上げランキング : 43495

おすすめ平均 star
star夫婦喧嘩から、果し合いまで、モメゴト何でも請け負います。
starやっぱり良いですね…
starよかったぁ

Amazonで詳しく見る


よろずや平四郎活人剣〈下〉 (文春文庫)
よろずや平四郎活人剣〈下〉 (文春文庫)藤沢 周平

文藝春秋 2003-12
売り上げランキング : 27982

おすすめ平均 star
star若いのに、腹も据わって、腕も立つ。平四郎の冴えを見よ!
star市井+剣豪の藤沢作品の両面が楽しめる面白い本です

Amazonで詳しく見る