記事一覧

風の群像―小説・足利尊氏―

 困った。
 何が困ったって、この作品、とんでもなく評価しにくいのである。

 最近途絶えがちですが、私も足利尊氏を題材に小説を書いている身。
 本業の方が書かれた尊氏の作品というものに興味を持たないはずがなく、その中でもこの作品は割と最近に出たもの。前々から読んでみたいと思いつつ、どこに行っても売り切れ状態。ようやく中古で買ったものなのだった。……いつぞや(昔の日記の方で)「豊臣家の人々」探すのにも難儀した書いた記憶がありますが、この作品はそれ以上に苦労したような。

 で、肝心の内容は、題名にある通り足利尊氏の生涯を追った物語。複雑怪奇な南北朝の動乱を書くのは、それだけでもう大変なもんですが、杉本さんはさすがプロの方だけあって、非常に分かりやすく、明快に描き切っています。私なんかは不必要なくらい長々と説明入れてしまうので、これは見習いたいところ。

 ただ、この作品には一つ特徴があって、それが評価の難しさに繋がっている。それは、この作品の主要人物である尊氏・直義兄弟の描かれ方にある。
 一言で言ってしまえば、尊氏は駄目男、直義は聖人。
 これ、個人的にはちょいと受け入れ難いところがあるのだ。
 先に断っておくと、私は尊氏も直義も好きだし、師直や義詮にも見所はあると感じている。その見所とは、武将として、または政治家としての側面にある。無論、人間臭さも持ち合わせていただろう。
 この作品は、それらを否定的に捉えているように見受けられる。特に直義を通してのその描写は甚だしく、彼は政権に対する意欲も何も持たない聖人君子として描かれ切っている。綺麗過ぎて、逆に違和感がある。
 直義が清廉な人柄だったのは、彼に関わる逸話からも察することは出来る。しかし、それと同時に彼は室町政権に対し相当の意欲を持っていたと私は考えている。ゆえに、全く抵抗せず、世を儚みながら自害する直義の最期を、素直に受け入れることは出来なかった。良い人、一方的な被害者。そうじゃないと思うのだ、直義は。自らの理想を持ち、その実現のために対立相手の南朝や師直派と暗闘も繰り広げ、力一杯生き抜いて戦った。そんな直義像を持っている私には、この作品の直義はちょっときつい。
 同様にきついのは尊氏だ。これはこの作品を読んだ人なら大抵の人は感じることだと思う。上巻はともかく、下巻になるとこきおろされっ放し。愛嬌もなく、人徳すら全く感じさせず、かと言って悪役としても中途半端。本当、「よくこんなのに皆付き従ったな」と思わせる人間像である。
 それも、どちらかというと直義の清らかさをアピールするための比較材料としてこきおろされている感がある。
 確かに尊氏は欠点の多い人物かもしれない。しかし、人を魅了するだけの何かを持っていたはずなのだ。この作品では、尊氏のそういった面は古典の逸話の場面でしか見受けられない。それ以外の場面では、大抵愚鈍な人物として描かれている。
 他の人物も、あまり良く描かれている人物はいない。直義派と言うべき人々は例外として好意的に描かれており、夢窓疎石や天皇家(北朝系)も良い扱いではある。しかしそれ以外はろくでなし揃いといった扱いに近い。これは、おそらく杉本さんが直義の視点で南北朝の世を捉えていたからだろう。視点となった直義の人物像が先に述べたように聖人君子なものだから、権謀渦巻く南北朝の世を生きる人々全般が批判的に捉われたのではないか。

風の群像―小説・足利尊氏〈上〉 (講談社文庫)
風の群像―小説・足利尊氏〈上〉 (講談社文庫)杉本 苑子

講談社 2000-09
売り上げランキング : 222436

おすすめ平均 star
star足利直義の魅力も満載!

Amazonで詳しく見る

風の群像―小説・足利尊氏〈下〉 (講談社文庫)
風の群像―小説・足利尊氏〈下〉 (講談社文庫)杉本 苑子

講談社 2000-09
売り上げランキング : 205748

おすすめ平均 star
star歴史の教科書にはない、観応の擾乱

Amazonで詳しく見る