記事一覧

平将門

 竜門冬二氏の作品は上杉鷹山に続いて二冊目ですが、主要人物に対する静かな思いやりのようなものが感じ取れますね。
 ということで、今度は平将門を題材とした小説を読んでみました。最近読んでる本の歴史区分が無茶苦茶になってる気がするなぁ……。

 平将門は関東人には割と馴染みのある存在なんじゃないかなあ、と思います。どちらかと言うとイメージが先行してる感じもしますけど。首飛ぶ怨霊だったり新皇名乗った反逆者だったり。
 この小説では、全部とっくるめて『人間・平将門』を描いています。作中の将門は、基本的には純粋な人間です。しかし、その純粋さがときに愚かさに繋がり、人を失望させたり怒らせたりしてしまうこともあったり。武将として、人間として、朝廷の役人として、東国人としての将門像が楽しめる作品でした。
 あくは強いですが、興世王みたいなずるい奴も良い味出してました。主人公・将門の友人であり好敵手でもある貞盛も、様々な面を持つ人間としてしっかりと書かれていました。個人的には藤原秀郷が一押しですけどね。渋過ぎるよあんた。案外小さいことにこだわってますが(笑)。

 いや、でも久々にすっきりと「面白かった」と思える作品でした。ここのところ読んでたのは、質は高くとも何か自分とは合わないなぁ、という作品が多かったので。


全一冊 小説平将門 (集英社文庫)
全一冊 小説平将門 (集英社文庫)童門 冬二

集英社 2002-07
売り上げランキング : 252642


Amazonで詳しく見る