記事一覧

CLANNADがやばい

 原作で一番泣けたシーンが今週のアニメで流れたCLANNAD。やっぱり原作とは表現方法こそ異なりますが、相変わらず泣かされました。
 格好良いわけでもなく凄いわけでもなく、むしろ駄目なところばかり覚えている相手が、実は自分のために全てを投げ出して頑張ってくれていた、という。展開自体は家族をテーマにしたドラマだとありがちなのですが、そこに至るまでの持っていき方がずるいですねえ。

 家族は大事にしないと。ありきたりながら、そんなことを思った今日この頃。
 もっと年月を経て、自分が親になったりしたときに、もう一度見たいものです。


 あと関係ないですが、京極夏彦にはまりそうな予感がします。分厚さから避けがちだったのですが、試しに読んでみた巷説百物語が面白い……!(今更?)