記事一覧

日暮の旅行記・伊豆下田/海中水族館

 下田の二日目は、バスに乗って駅まで戻り、そこから下田海中水族館というところへ行きました。私の希望ではなく、家族の希望です。
 駅前の、観光地然とした風景を眺めながらバスを待つことしばし。
 ちょうど、どこかの学生さんたちと行き当たったお陰で、窮屈な出発になりました。
 出発してほどなくトンネルに入り、そこから出ると、もう水族館でした。徒歩で行くことも十分可能な距離ですが、帰りにどのみち歩く予定だったので、行きはバスにしたのです。おかげで随分とげんなりした気持で水族館に到着しました。
 水族館というと、小奇麗な建物があり、その中で多様な生物が飼われている、という印象がありました。そのため、海中水族館という名称から連想して――海中の中に造られた建物などを想像していました。
 が、最初に出迎えてくれたのは、入口脇にいた巨大な亀たちでした。どれも人間より大きく、本来十分な広さであろう住処の中を、肩身狭そうに動き回っていて、それが妙に印象的でした。
 中に入ると橋があり、その橋を歩きながらいろいろな生き物を眺めていくという形式で、建物の中に入ることはさほどありませんでした。その点、海中水族館というよりも、海上動物園とした方がいいのでは、などと考えてしまいました。
 ただ、私たちにとって不幸なことに、ここが下田の中においても格別に人気のある場所であるらしく、また見世物(ショー)などが中心であることもあり、あまりじっくりとイルカやペンギンを眺めることは出来ませんでした。ただ、一番奥にあるイルカとアザラシのショーでは席を確保することが出来て、のんびりとショーを見ることが出来ました。隣に座っていた弟は、やや退屈そうにしていましたが――。

日暮の旅行記・伊豆下田/下田の海

 寝姿を降りてから、宿に向かいました。駅からバスに乗って移動することしばし。その間、私は窓の外に見える下田の風景を眺めながら、やはりここは一種の秘境だったのだろう、などということばかり考えていました。
 途中、白浜海岸の前を通り過ぎて、古代の風景を懸命に思い浮かべようとしましたが、どうしても出来ませんでした。風景と言えるようなものもなく、ただ生い茂る森林と、その隙間から覗ける海があった、という程度の想像しか働きません。
 やはりこの地域は海運あってのものだと考えたとき、不意に日本の海運史についての興味が湧き上がってきました。
 古代の日本は海外との交流があり、特に朝鮮半島との関わりは日本書紀等によく記されています。ただし技術力はそう高いものではなかったように思います。極東という位置にあったため、あまり遠方に船で繰り出すという発想が湧かなかったのかもしれません。
 また、そういう事情から古来日本海側の方が船の往来は盛んだったのではないかと思います。関東の海はその点奥地であったと言ってよく、活躍の場に恵まれない時代が長く続きました。ただ、鎖国と言う方針のため、船というものが日本列島を沿うようにして動くものになり――多少の皮肉を感じますが――この近辺の海が賑やかになってきたのではないでしょうか。

 宿に着くと、穏やかで愛想の良い老紳士が出迎えてくれました。疲れたので一旦部屋で休み、その後露天風呂に出向きました。
 周囲に緑が多いせいか虫が多く、夜ということもあって、電気の点いている風呂の方に集まって来て辟易した記憶があります。昔から私は虫が駄目で、そのせいか折角の露天風呂も、あまり楽しめずに終わりました。

日暮の旅行記・伊豆下田/ペリーと下田その2

 犬走島という、現在は下田市内から橋でつながれた小島があり、その近くまでやって来たときの船内アナウンスが妙におかしかったのを、一月近く経った今でも覚えています。
「あの何の変哲もない島のところで、ペリーは錨を降ろした」
 このアナウンスを考えた人にとっては、下田という土地とペリーという歴史とを結びつけることが第一であり、犬走島はその煽りを喰らったような感じがして、ちょっと気の毒でもあり、またおかしくもありました。
 しかし逆に考えてみると、その変哲もない島にまで名前があるというのも不思議な感じがします。
 この島は現代人の視点から捉える限り、本当に何の変哲もなく、そういう意味でこのアナウンスは現代的です。しかし島に名前が与えられた時代はそうではなく、例えば島に何かしらの神性を感じていた、というようなこともあり得たのではないでしょうか。
 そう考えると、上記のアナウンスは時代の移り変わりを短いながらも表しきっているようであり、なんとなく名文のような感じがしてきます。

 天気予報では翌日以降、雨が降る可能性が高くなるということなので、船を下りた後は山へ行きました。下田駅前にあるロープウェイで登ることが出来る山で、名を寝姿山と言います。
 名前の由来は「夫人の寝ている姿に似ている」とのことですが、どの角度から見ても私にはそのように見えず、寝姿山のマップを見ることで、ようやくそれらしき形として捉えることが出来ました。私の感性がよほど鈍いのか、もしくは昔の人と今の人間との感性の差なのか、どちらなのでしょう。
 花に彩られた階段を歩いて行くと、左に逸れる道があり、その先を進んで見ると黒船見張所というものがありました。
 見張所と言っても大したことはなく、数人が入れるかどうかという程度の小屋でした。傍にはベンチと大砲があり、ベンチでは理知的な印象のある西欧人らしき青年が本を読んでいました。
 ベンチと大砲の向いている先には、下田港があり、ここからはそれを一望することが出来ます。ただ、あまり開かれた場所ではないため、やや窮屈な感じがします。そして振り返ると、即席で作られたかのような小屋が一つ。当時の光景を想像すると、いかに江戸幕府が外国に対し小心であったか、ということが伺えるような気もします。
 ちなみに、私は最初、設置されている大砲は、異変があったときに鳴らすものとばかり思っていました。が、実際はアメリカの艦隊に積まれていたものを後から置いただけらしく、すると見張所の人というのは、何のためにここに置かれていたのだろう、という疑問も出てきます。

日暮の旅行記・伊豆下田/ペリーと下田その1

 下田駅を降りると、開けたバスターミナルに、南国風観光地といった感じの町並みが出迎えてくれます。もっとも、そのすぐ近くには険しい山々が連なっていて、少々不似合いな印象が拭いきれません。
 旅行を予定していた日程は、予報によると天候が下り気味で、幸い到着直後は晴れ間だったので、まずは船に乗ることにしました。船の名前は黒船サスケハナ号。ペリー艦隊の船の一つで、ペンシルバニア州の川の名前が由来になっているのだそうです。日本語にしか聞こえない響きなのですが、これは何かの偶然なのかと思ってしまいます。
 その遊覧船に向かう途上には、松陰の小径と呼ばれる道があります。無論これは幕末の長州藩志士の、形としては先駆者になった吉田松陰のことです。彼には並外れた探究心と行動力があり、国が開国するか否かで頭を抱える時勢の中、脇目も振らずにアメリカに向かおうと考えます。今は観光地らしく舗装されていますが、当時は暗く深い木々の間から、波の音が断続的に聞こえてくるような道だったのではないでしょうか。その音を聞きながら、松陰はまだ見ぬアメリカの地をどのような場所だと捉えていたのでしょう。

 さて、遊覧船に乗り込むと、カモメが元気に飛んでいる様が確認出来ました。追加料金を払うことで餌やりも出来たらしいのですが、私はそういうことには興味がなく、ただぼんやりと船上からの風景を満喫していました。
 ペリーがこの下田に訪れたのは、二度目の来航のときであり、しかも彼の目的である日本の開国及び日米和親条約はほぼ成った状況でした。正直なところ、ここを訪れた際の彼は感慨も何もなく、ただ使命を達成し得ることによる安堵や満足感があったに違いない、というのが私の推測です。あるいは、任務を果たす寸前だからと気を引き締め直して挑んだ可能性もありますが、どうしてもこの景色に特別な何かを感じていたようには思えません。

日暮の旅行記・伊豆下田/流刑のこと

 中世以前、下田には穏やかな時間が流れていました。中央政権が興味を持たなかったからでしょう。
 日本は農耕を中心として歴史を重ねてきました。江戸時代から経済が大きく発達するのですが、それまで貧富の基準は米がいくら取れるか、ということだったと思われます。
 その点、下田というのは山だらけで、開墾するのも相当の手間だったのではないかという気がします。海が近いのだから漁業が盛んだったのかもしれません。それで自給自足することは出来たのかもしれませんが、領主の立場からすれば、そうした収穫の不安定な地には興味を持ちにくかったのではないでしょうか。
 そもそも伊豆の地自体が流刑の地とされていたぐらいですから、当時の人々には人里離れた辺境という意識があったのでしょう。すぐそこに出来上がった武家政権である鎌倉幕府ですら、伊豆を流刑の地にしています。
もっともこれは、北条氏が伊豆出身のため、罪人の監視等で都合が良かったから、と考えることも出来ますが……。
 それだけに、この伊豆で源頼朝の挙兵、北条早雲の堀越御所急襲、下田条約と、歴史の転換期における重要な出来事が起きたのは、何やら不可思議な思いがします。

 伊豆全体の話に移ってしまいました。少し話を下田に戻します。
 ここで暮らしていた人々は相当に大変だったのではないかと勝手に推察してしまいます。湾岸沿いには波に削られて岩肌を剥き出しにした景色が多々あり、陸地は陸地で山脈が連なっています。津波や土砂崩れなどの災害に襲われた場合、相当な被害が出たのは間違いないと思われます。こうした厳しい環境から海賊行為に走る傾向もあったかもしれませんが、下田の辺りでは獲物となる商船もさほど通らなかったのではないか、という気がします。伊豆の海賊衆については寡聞なので、あまりはっきりとしたことは言えないのですが……。
 電車で向かう途中、何度もトンネルを通過しました。また、トンネルを抜けたとしても、視界には波打つ海か山脈ばかりが入り込んできます。昔は交通も不便だったでしょうし、他所の地域との交流はあまりなかったのではないでしょうか。
 中世に入ると戦略上の都合からか城が築かれ、後北条氏の家臣・清水氏が城主として置かれますが、下田の地が発展したから、というわけではないでしょう。人々の生活が変わり始めたのは、江戸時代になり港町として多くの商船が訪れるようになってからのように思えます。下田という地は、経済発展の効果をよくよく表しているのではないでしょうかね。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ