記事一覧

「奥の細道」最北の地

 昨日、伊豆・箱根・小田原を回って戻ってきました。
 いろいろとトラブルもありましたが、学生最後の旅行を楽しむことが出来ました。韮山城跡や小田原城も見て回れましたし。京都同様、またいつか行ってみたいと思える場所になりましたね。今度は天城や下田、熱海城も見たいかも。

 というわけで第二次卒業旅行日記……と行きたいところですが、まだ写真関係が整理されてないので、先に今月半ば頃に戻った秋田の風景写真なんぞを。基本的に散歩中適当に撮影したものです。

ファイル 97-1.jpg
[赤い鳥居がいくつも]
 田舎道をぶらぶらしてたら突如目に入って来たこの鳥居。
 あまり見かけることのないものだったので早速一枚。
 しかし社自体は閉ざされていたので、何の神社だったのかは今一つ分からず。

ファイル 97-2.jpg
[とびのくずれ]
 ……という名の、うちの田舎の近くにある数少ない名所(?)。
 海沿いの丘から撮った日本海の一風景。どうでもいいことですが、昔よりも随分と汚くなってて少し寂しくなりました。


ファイル 97-3.jpg
[鹿島太神宮]
 ……と書かれていた神社。茨城にある鹿島神宮の分社かとも思いましたが、「秋葉大権現」とも書かれており、さてさてどういうわけか、と疑問が残った場所です。ウィキペディアで調べてみるといろいろ興味深い点が出てきましたが、実際のところはどうなんだろう……。
 ちなみに、すぐ傍には日露戦争に従軍したであろう人々の名前が彫られた石碑もありました。


ファイル 97-4.jpg
[近所の神社]
 祖母の家のすぐ近くにある神社。ここから町名物(と言いつつ、二十年近く私はその存在に気付かなかったのだが)の三十三観音巡りに。と言っても時間があまりなかったので(正午までには祖母宅に戻る必要があった)、山一つ分回った程度に留めておきました。今度行ったときは全部回ってみましょうかね。


ファイル 97-5.jpg
[観音湖]
 ……と呼ばれる湖。よく調べたわけではないので確証はありませんが、多分上で述べた三十三観音が名前の元になったんでしょう。適当に散歩するときにちょうどいい程度の広さです。


 というわけで秋田の一風景でした。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ