記事一覧

蝦夷の英雄

 こんばんは、気づけばまたもや日記がご無沙汰になっている日暮でございます。気を抜いているとすぐに休日が終わってしまいますねえ。いろいろやるべきことはあるはずなのですが。


 さて、今日は久々に小説紹介でも。
 本日の小説は高橋克彦氏の「火怨―北の燿星アテルイ」。奈良時代と平安時代の境目辺りが舞台で、主人公は朝廷に抵抗する"蝦夷"のリーダー的存在、アテルイ。
 事の発端は、蝦夷たちが暮らす奥州で大量の金が見つかったことにあります。朝廷としては、仏像を造るために金は欲しいが、辺境の蛮族と見なしてきた蝦夷たちに頭など下げたくはない。ゆえに、軍事的手段で強引に奪うことを考えるようになり、それに蝦夷たちが抵抗するようになる、というのが物語開始前の主なあらすじです。
 アテルイはとある事情から、ばらばらだった蝦夷たちの各部族をとりまとめる存在となり、朝廷軍を相手に戦っていくことになっていきます。火怨の物語の大半は、この"戦い"で占められています。歴史小説というよりは軍記物語といった方が正確でしょうか。
 全体を通して綺麗にまとまっていて、つまらなくはありませんでした。
 ただ、個人的な好みには合わなかったかもしれません。歴史ものを期待していたので、物語の大半が戦(及びその準備段階)で占められていたのはかなり残念なところ。また、蝦夷側が主人公である以上、朝廷軍は敵役になるわけですが、大抵が小物臭丸出しなのも残念なところ。最大の敵として出てくる坂上田村麻呂以外は、全て彼やアテルイたちの引き立て役にしかなってない気がします。田村麻呂も、ちょいと蝦夷側にとって良い人過ぎるような。
 そして一番気になったのは、アテルイ側の軍師・モレの存在。三国志演義の諸葛亮をも上回るような凄まじい知略(というかほとんど予言の域では)もあって、圧倒的戦力差を考慮しても、最初からアテルイ側が一切負ける気がしません。なので、勝った時の達成感などが……。
 まあ、ここで挙げた「主人公側が超人的過ぎる」「敵側(田村麻呂除いて)に関する描写が薄い」「周囲が実際どういったものだったのか」という点は個人的趣向もあるので、そういう点が気にならない方にはお勧めだと思います。
 長所としては「アテルイたち主人公側の真っ直ぐさ」「全編通して感じられる力強さ」「正々堂々の武人田村麻呂」といった点でしょうか。
 ……そういや赤頭って結局どうなったんだっけ。


火怨〈上〉―北の燿星アテルイ (講談社文庫)
火怨〈上〉―北の燿星アテルイ (講談社文庫)高橋 克彦

講談社 2002-10
売り上げランキング : 27341

おすすめ平均 star
star感動的!!
starムダの無い小説、東北の歴史が理解できます。
star日本人であることを思い出させる作品

Amazonで詳しく見る

火怨〈下〉―北の燿星アテルイ (講談社文庫)
火怨〈下〉―北の燿星アテルイ (講談社文庫)高橋 克彦

講談社 2002-10
売り上げランキング : 35363

おすすめ平均 star
star感動!
star大河ドラマを見ているようでした。
star栄枯盛衰

Amazonで詳しく見る

よろずや平四郎活人剣

 一度途絶えたものを再開するのは、それを続けていたときよりも大変な苦労を要する。ということで、最近ちょっと日記の更新を怠ってしまってました。健康面は問題ありませんが、ものを書こうとする気力がまだ回復途中。
 嬉しいweb拍手などを頂いてモチベーションは大分取り戻せたので、今月中に一つぐらいは何か書きたいなと思います。

 さて、それとは関係ありませんが久々の読書感想。
 昔は通学途中の電車でたっぷり読めたんですが、今は乗ってる時間が短いうえに混み合っているので、あまり時間が取れなくなってしまいましたよ。


 そんな中で読んだのが藤沢周平さんの「よろずや平四郎活人剣」。剣とあるからそれがメインの話かと思いきや、「よろず揉め事仲裁します」を合言葉にした人情物語でした。
 鳥居とか遠山とか、ちらちらと有名な人物も名前だけは出てきますが、話の中心は江戸の庶民たち。それぞれの因縁話なども出てきますが、一つ一つがさっくり終わって、「短編連作」として良い読み心地でした。

よろずや平四郎活人剣〈上〉 (文春文庫)
よろずや平四郎活人剣〈上〉 (文春文庫)藤沢 周平

文藝春秋 2003-12
売り上げランキング : 43495

おすすめ平均 star
star夫婦喧嘩から、果し合いまで、モメゴト何でも請け負います。
starやっぱり良いですね…
starよかったぁ

Amazonで詳しく見る


よろずや平四郎活人剣〈下〉 (文春文庫)
よろずや平四郎活人剣〈下〉 (文春文庫)藤沢 周平

文藝春秋 2003-12
売り上げランキング : 27982

おすすめ平均 star
star若いのに、腹も据わって、腕も立つ。平四郎の冴えを見よ!
star市井+剣豪の藤沢作品の両面が楽しめる面白い本です

Amazonで詳しく見る

この国のかたち/四

 再び統帥権の話が出てくる第四巻。相変わらず、統帥権及び昭和の軍事政権への批判は凄まじい。「坂の上の雲」の乃木希典への批判と言い、明治以降について触れるときの司馬さんの文章は鬼気迫るものを感じます。「ローマ人の物語」において塩野さんがタキトゥスについて語るくだりで「その時代への怒りが創作意欲を掻き立てる場合もある」というようなことを述べていたような気がするんですが、それを思い出します。
 その陰に若干薄れがちですが、司馬さんの感心は「統帥権」の他、「室町の世」にも割合向けられているんじゃないかな、という印象があります。
 足利政権に対しては「政治的でない」と評する一方、その下で発展しつつあった百姓たちには非常に暖かな視線を向けているような気がします。
 特に印象深かったのは「白石の父」でしょうか。素朴な人物の中から時代に匂いを感じられる、面白い話です。

この国のかたち〈4〉 (文春文庫)
この国のかたち〈4〉 (文春文庫)司馬 遼太郎

文藝春秋 1997-02
売り上げランキング : 52265

おすすめ平均 star
star昭和の戦争に対する司馬の見方を明確に示していて興味深い
star統帥権に対する認識の甘さ
starこの国とはどこの国なのだろう?

Amazonで詳しく見る

この国のかたち/三

 三巻ともなると少し感想書きにくくなってきました。エッセイは一つ一つ取り上げたら量が大変だし、全体を通しての感想は難しいしで大変です(苦笑)。
 今回も二巻同様、取り上げられた題材は幅広いものとなっております。
 個人的に面白かったのは、後半の都市に関わる話。奈良と京の「寺」の違いや、大阪と東京の比較など。
 前島密氏の意外なエピソードは、初耳だっただけに印象的でした。東京遷都に彼が意外な形で関わっていたとは。今までは「日本における郵便制度の創始者」という知識しかありませんでしたが、この話でより彼に関心を持つようになりました。幕末及び明治維新は様々な「個人」が出てくるのが楽しいですねえ。

この国のかたち〈3〉 (文春文庫)
この国のかたち〈3〉 (文春文庫)司馬 遼太郎

文藝春秋 1995-05
売り上げランキング : 138862

おすすめ平均 star
star秀吉は「パラノイア」だったか?
star司馬流歴史小咄
star一服の清涼剤

Amazonで詳しく見る

この国のかたち/二

 その一と違って統帥権に始まる「昭和の軍事政権」への批判があまり見えない「この国のかたち/二」。内容は、江戸時代の藩の風習の話だったり、宗教(仏教や神道)的なものだったり、些細な文化の話だったり。個人的には、こういう話題の方が好みですね。
 日本人の精神というと、江戸時代の武士やその影響が見受けられる『武士道』を連想する方も多いかと思います。無論それを否定するつもりは私にもないですし、新渡戸氏の武士道は読み応えがあって優れた著作だと思います。ただ、それはあくまで日本人の辿ってきた歴史の側面であって、それが全てというわけではありません。一つの精神を題材とした作品も良いですが、本作のように、幅広い視野でまったりと『日本人』を眺めて見るのも良いのではないでしょうか。


この国のかたち〈2〉 (文春文庫)
この国のかたち〈2〉 (文春文庫)司馬 遼太郎

文藝春秋 1993-10
売り上げランキング : 124855

おすすめ平均 star
starこの国のかたちは、司馬が読者に課した宿題
star日本の文化を知る
star新しい憲法の枠組み

Amazonで詳しく見る

 ついでながら、話にちょいと出たので私が読んだ『武士道』も紹介。大学の講義で用いたものです。
 この著作は、著者が外国人との対話において「日本は宗教もないのにどうやって道徳を学んでいたのか」と尋ねられたことがきっかけで書かれたものです。欧米諸国での道徳の基礎は宗教によるところが大きかったので、日本人というのは『世界』から見れば相当奇異に映ったのでしょう(一応日本にも神道や仏教はありましたが)。『武士道』とは、その問いかけに答えるために書かれた作品と言っても過言ではありません。
 単に『日本人はこうであるべきだ』とか『日本人はこうしてきた』で片付けることなく、自国や他国の様々なものを引き出し、比較検討しながら"武士道"とは何だったのか、というものを掘り下げています(武士たちの多くが持っていた何かを、新渡戸氏が煮詰めて結晶化したのが『武士道』という著作及び思想と称すべきか)。題材は一つですが、様々な視点からそれに臨んでいるという点は興味深く面白みがあります。
 ここで私が紹介するのは、大学の講義で使用した訳本です。他にも武士道はいくつか訳本がありますので、読みやすいと思ったものを選ぶのが一番だと思います。岩波版は、活字慣れしてない人にはちょっときついだろうし。


武士道 (岩波文庫)
武士道 (岩波文庫)新渡戸 稲造 矢内原 忠雄

岩波書店 1938-10
売り上げランキング : 791

おすすめ平均 star
star武士道はその表徴たる桜花と同じく,日本の土地に固有の花である
star最早日本語訳では意味が解らない本
star外国人の如く「武士道」を読まざるを得ない我々の古典

Amazonで詳しく見る

この国のかたち/一

 ローマ人の物語は、文庫版がこの前紹介した「終わりの始まり」までしか出てないので、しばらくお休みです。というわけで、久々に司馬遼太郎さんの著作に戻ることに。
 長編小説は「韃靼疾風録」とかを除くとあらかた読んだので、たまには趣向を変えてエッセイの方でも。
 今回読んだのは「この国のかたち」。事前に氏の著作を読んでいればより楽しめると思いますが、この作品から読み始めても内容はすんなり頭に入るかと思います。歴史小説は分かりやすく伝えるのが難しいと思っているのですが、そういう意味では司馬さんはさすがという印象ですね。
 ちなみに、本シリーズを通して感じられるのは「昭和初期の軍事政権への批判」。これは徹底していて、現地で参戦した人の言葉なだけに重みがあります。司馬さんに限ったことではないですが、戦争を知らない世代からすると妙な感覚ですね。まだ百年経ってない時代の話なんですが。
 特に取り上げられるのは「統帥権」。私は公務員試験を一時やってみようと憲法や民法を軽く学び、「法は解釈次第」というのをおぼろげながら感じ取りました。そういう観点からすると、統帥権というのは肥大化した解釈の化け物という印象があります。それ自体も恐ろしいですが、こういうものが「解釈」によって誕生した世の中というのも恐ろしいもんです。
 そういう戦争に関する話題だけでなく、日本文化のさり気ない点について触れたり、近隣諸国(中国や朝鮮半島)の文化について触れていたりもするので、様々な視点から楽しめる作品だと思います。
 小説作品を読んで司馬さんのファンになったという方は、より濃厚に氏の考えに触れることが出来るので、こういうエッセイもお勧めですよ。人物主体でないという点以外は小説とそんなに雰囲気も変わりませんしね。

この国のかたち〈1〉 (文春文庫)
この国のかたち〈1〉 (文春文庫)司馬 遼太郎

文藝春秋 1993-09
売り上げランキング : 11745

おすすめ平均 star
starこれも小説と同列に扱うべき堂々たる司馬作品である
star日本人とは何か
star詩的!

Amazonで詳しく見る

ローマ人の物語/内乱とセプティミウス・セヴェルス

 ガルバやオトのときとはやや異なる様相を呈した、コモドゥス死後の内乱。そして、それを勝ち抜いたセプティミウス・セヴェルスの物語。
 内乱をセヴェルスが勝ち抜いたのは、優れた能力の持ち主であることの他に、思い切りの良さがあったからでしょう。いきなり同郷のライバルを「共同統治」という餌で抑え、首都を抑え、遠方の敵を討ち、後顧の憂いを除いたところで「共同統治者」であるはずの同郷人をあっさり撃破。
 何か怖そうな印象もあって、スッラを思い出してしまいます。
 個人的に、セヴェルスはどうも好きになれません。専制君主っぽいからでしょうかね。あまりローマ皇帝らしくないというか。彼は彼なりにローマのことを想って行動したのかもしれませんし、その能力もあるという自信があったのかもしれません。確かに、彼の経歴からすると、一度定めた目的を達するという点においては相応の能力はありそうです。問題は、方向性でしょうか。もう少し違う視点を彼が持っていたら、と思います。
 ある意味、マルクス・アウレリウスと対になる印象があります。この二人を足して二で割れば、ちょうど良かったんじゃないか、などと。

ローマ人の物語 31 (31) (新潮文庫 し 12-81)
ローマ人の物語 31 (31) (新潮文庫 し 12-81)塩野 七生

新潮社 2007-08
売り上げランキング : 972

おすすめ平均 star
star内乱期ではあるが人材の宝庫を感じさせる
starああ、終わりの始まりがはじまってしまった!
star日本人必読の書。

Amazonで詳しく見る

ローマ人の物語/コモドゥス

 マルクス・アウレリウスの続きと、その息子コモドゥスを描いた「終りの始まり」中巻。
 マルクスに関しては、人材面では恵まれていたが、それを活かしきれなかったという印象があります。将軍たちとの関係自体は良好そのものでしたが、やはり総司令官としてのマルクスは……。
 ローマ皇帝が単なる政治家であれば、マルクスは優れた統治者でいられたのかもしれません。あるいは、功績はさほどなくとも人々から好かれる皇帝であったかもしれません。養父のアントニヌス・ピウスのように。しかし、ローマ皇帝は戦略家という面も持ち合わせており、彼にはその才が欠けていた、のかもしれません。

 コモドゥスについては、どことなくネロに近いイメージがありました。最初は、統治者としてはちょっとずれているかもしれないけれど、そこまで悪帝ではなかった。しかし、身内との関係悪化から少しずつ壊れていく。
 気の毒ではありますが、肉親との間に確執が起きたのがネロやコモドゥスといった後世曰く「悪帝」である人々だと考えると、有能な皇帝はその辺りも察して身近な人間関係のメンテナンスとかも行っていたのかな、などと思います。そういうのに無頓着そうな人もいますが(ティベリウスとかハドリアヌスとか)、彼らは肉親との確執などさして気にもしなさそうな鋼鉄の精神持ってそうですからねぇ……。


ローマ人の物語 30 (30) (新潮文庫 し 12-80)
ローマ人の物語 30 (30) (新潮文庫 し 12-80)塩野 七生

新潮社 2007-08
売り上げランキング : 1028

おすすめ平均 star
star哲人皇帝の失敗
starローマの没落の始まり
starこういう物を待っていた。

Amazonで詳しく見る

ローマ人の物語/マルクス・アウレリウス

 どうも、いけない。
 最近、閉塞的になっているのか、余裕のある振る舞いが出来ない。
 時間的余裕はあっても精神的余裕がない、と感じることが多いのである。
 こいつはまずい。

 というわけで、今日から毎日日記を書くという目標を立ててみることにします。何もせず悩むよりはましだと信じて。


 そんなわけで、ローマ人の物語の感想。
 今回は哲人皇帝として名高いマルクス・アウレリウスの話。
 ある意味カエサルやアウグストゥス並に知られ、その評判も上々の優良皇帝マルクス。塩野さんは、彼を少し違った視点から捉えています。
 詳しい内容は省きますが、読み終えたとき私の胸に去来したのは「哲人皇帝」でもなく「マルクス・アウレリウス」でもなく「ローマ人」ですらない、何か言い表しがたい歴史の波というか、因縁めいたものでした。
 史料も小説も同じですが、歴史を我々が考えるとき、必ずその視点は後世のものになります。だからこそ、当時の人々は気づきもしないことも、簡単に気づくことが出来る。
 カエサルやハドリアヌスには、そういったことに気付く能力――簡単に言ってしまえば先見性――があったんでしょう。そして、アントニヌス・ピウスやマルクス・アウレリウスにはそれがなかった。おそらく、当時のローマ人のほとんども。まあ、持ってないのが普通だと思いますが。
 そういう意味では、アントニヌスやマルクスを一概に批判することも出来ないんですよねえ。彼らは一生懸命だったはずだし、当時の人々もそれを認めていたのだから。

ローマ人の物語 29 (29) (新潮文庫 し 12-79)
ローマ人の物語 29 (29) (新潮文庫 し 12-79)塩野 七生

新潮社 2007-08
売り上げランキング : 1661

おすすめ平均 star
star帝国のかげり
starうまく機能しているかに見えた帝国の大いなる機能不全
star五賢帝最後の皇帝にローマ凋落の翳りが見える

Amazonで詳しく見る

ローマ人の物語/ローマのインフラ

 何気に今年初の日記になりますねー。半ば日記の存在忘れてました。
 そんなわけで今回もローマ人の物語。実は文庫版のは、今出てるやつ全部読んでしまってるんですけどね。……今回紹介するの読んだの半月以上前だったような。

 で、今回のローマ人の物語は番外編。これまでの巻でも度々触れられてきたインフラに焦点を定めた内容となっています。
 ローマのインフラと言えば街道が特に目立ちますが、それ以外の水道・教育等にも触れられています。知れば知るほど、二〇〇〇年程前のこととは思えなくなりますね。「人間が人間らしく暮らす」ことの根元にあるのは、今も昔も変わらないのかもしれません。
 帝国の規模も考えると、ローマ人はインフラマニアだったとしか思えなくなりそうです。メンテナンスとかもあるし、負担も凄かっただろうに……。二〇〇〇年後の現在でも残ってるのがあったり、現在の道路と重なる部分もあったりと、感心するよりも恐ろしいような印象さえありますねえ……。

 ちなみにカラーで史跡の写真などが掲載されており、ちょっとしたお得気分も味わえました。映像だけで表現出来ないものを文は表現出来る、その逆もまた然り、というわけで、よりローマを身近に感じられるようになった気分。一度行ってみたいですねえ……全部回るのは無理でしょうけど(時間かかりすぎる)。


ローマ人の物語〈27〉すべての道はローマに通ず〈上〉 (新潮文庫)
ローマ人の物語〈27〉すべての道はローマに通ず〈上〉 (新潮文庫)塩野 七生

新潮社 2006-09
売り上げランキング : 2883

おすすめ平均 star
starもう一人の天才に始まる大事業
star「必要な大事業」
star時系列を飛び越えて

Amazonで詳しく見る

ローマ人の物語〈28〉すべての道はローマに通ず〈下〉 (新潮文庫)
ローマ人の物語〈28〉すべての道はローマに通ず〈下〉 (新潮文庫)塩野 七生

新潮社 2006-09
売り上げランキング : 2894

おすすめ平均 star
starインフラの話だけでここまで読めるとは・・・
star社会のインフラ

Amazonで詳しく見る