記事一覧

配属先決定

 予定よりも少し早く、研修が終わりそうです。今日突然言われたので驚き。嬉しい反面怖くもあります。どんな現場になるんだろう……。

 現在若干酔いが回っているので、今日は旅行日記はお休みです。

さすがに今日は無理

 気づいたら十時過ぎてました。
 家帰って来たのは十一時過ぎ。
 疲れよりもむしろ出された問題解けない苛立たしさが胸に残ってます。
 明日こそ挽回じゃあああ!

金曜の夜は心躍る……?

 翌日が休みということで嬉しい……という思いを、脳みその疲れが良い感じに帳消しにしてます。覚えること多いから多分土日も勉強しなけりゃ駄目っぽい。ただ、そろそろ何かが掴めそうな感じではあります。今まで気体だったものが液体になりそう、ぐらいのものですが。固体になるのはまだまだ先か。

 ついでながら、当然というかなんというか退社時間が日を追うごとに遅くなってきております! 入社してから、まだ一度も定時退社してません!
 はじめて定時退社出来た日を自分の中で「定時記念日」と名付けようかどうか考え始めた今日この頃。
 なお、頭が上手く働かないので旅行日記はまた今度です!

酔ってるので無理でした(旅行日記)

 現在入社式と、その後のお花見から戻って参りました。途中で退席するつもりだったのに会話が弾んで最後までいてしまいました。おかげで現在ちょいと顔が赤いです。明日の研修、しっかりとやらねば……!


 ちなみに嘘企画の跡地はこちら
 本当は小学校に明治期の人物を入れ、中学・高校をもっと充実させたかったんですが、時間が足りず断念。でもこのアイディア自体は結構面白いんじゃないかなー、と勝手に思ったりしてます。日本史に名を馳せた連中が学園でドタバタとか。

明日からいよいよ社会人

 今日で無責任でいられる期間ともお別れです。
 一日中家の中にいただけなのに、ある意味卒業式より感慨深いものがありました。いいのかそれで。
 まあ家の中にいたとは言っても、いろいろとやってたんですけどね。明日のスピーチの原稿書いたりとか。あとは本番でミスしないことを祈りたい。

 ちなみに明日は入社式のあと、そのままお花見。
 帰ってきて余裕があったら旅行日記の続きでも書きます。
 というか、仕事始まったらさすがに不定期になりそうです。この日記。

久々に更新

 本当に久しぶりの小説更新です。と言っても新作ではなく「異法人の夜・第一部」の修正なんですが……(文章自体は一から書いてるので準新作と言えなくもない)。最近は小説書くモチベーションがどんどん低下してきて、密かに危機感を募らせています。こんなもんじゃないはずだー!

 それとは関係ありませんが明日からはまた旅行です。二泊三日で伊豆・箱根・小田原の辺りをぶらぶらしてくることになると思います。帰ってきたら即ビジネス研修→一日空けて入社式→以後研修という流れ。やる気出していかないと負けそうですねぇ。

久々の読書報告

 最近自分ってどういうキャラだっけかな、と思うことがよくあります。
 新しい環境に入ると、周囲もそうですが自分自身のことが改めて気になってしまうんですよねえ。そして考えても大して意味がなかったりするのがお約束。人間の目は内側には向いていないのです。自分のことなんて、見えてるつもりでも直接は見えてないもんです。


 とまあ春っぽい語りはさておいて。
 しばらく旅行の話ばかりしてたので、久々に読書報告でも。
 最近では「韃靼疾風録」と「零崎曲識の人間人間」を読みました。
 韃靼疾風録は司馬作品の中では低めの評価でしょうか。つまらなくはないんですが、純粋な小説というよりも「司馬作品」という色合いが非常に濃く表れており、登場人物と読み手の間にも距離を感じたというのが大きな原因。今まで興味の対象外だった清朝の成立に関心が出来ましたけど。
 ただ、庄助とアビアのやり取りの場面だけは司馬作品の中でも群を抜いているような気がします。多分司馬作品ベストカップルを挙げろと言われたら、この二人は上位に食い込みます。

 零崎曲識の人間人間は「戯言シリーズ」の外伝にして「人間シリーズ」の外伝。まさに外伝オブ外伝。単品で見たらさっぱりだと思いますが、外伝として捉えるとエンタメ精神が充実した一冊だったと思います。
 そういうサービスもさることながら、今回の主人公・曲識の脇役っぷりが個人的には斬新でした。そんな脇役が最後の戦いで見せた意地は見事でした。……まあ余計な一言のせいでアレでしたが(この辺りは戯言シリーズ最後まで読んでないと分からないだろうなあ)。

私信(コメントくださった方へ)
旅行日記は意図的に、回によって文体も変えてましたからね。
本来私の文体というか作風は、最終回のものが基本なんですよ(苦笑)。
ともあれ、読んでいただきありがとうございました。恐縮です。
今後とも、書くこと読むこと学ぶことを忘れないよう頑張っていきます!

韃靼疾風録〈上〉 (中公文庫)
韃靼疾風録〈上〉 (中公文庫)司馬 遼太郎

中央公論社 1991-01
売り上げランキング : 85794

おすすめ平均 star
star司馬、最後の小説
star途中でギブアップすると損!
star日本民族の祖を探求されようとした物語でもあり、おもしろい書です。

Amazonで詳しく見る

韃靼疾風録〈下〉 (中公文庫)
韃靼疾風録〈下〉 (中公文庫)司馬 遼太郎

中央公論社 1991-01
売り上げランキング : 84747

おすすめ平均 star
star清王朝成立の壮大な歴史浪漫!
star主人公に著者の魂が乗り移っている。

Amazonで詳しく見る

零崎曲識の人間人間 (講談社ノベルス ニJ- 21)
零崎曲識の人間人間 (講談社ノベルス ニJ- 21)西尾 維新

講談社 2008-03
売り上げランキング : 72

おすすめ平均 star
star次回作で最終作、零崎人識の物語にも期待
starこのシリーズ(?)を読んだのは初めてだけど
starラストは思わずしんみり

Amazonで詳しく見る

事前プログラミング研修終了

 さっき家に戻りました。
 研修の打ち上げで飲んだので少し酔ってます。
 しかし、うちの会社はいろいろな人がいらっしゃる。同期だけでも十人十色。今日の飲み会では割と本性表す人が多かったので、とても楽しかったです。

 あ、旅行日記はまた明日。次かその次辺りが最終回です。

疲れた

 今日で学生生活が終わりました。
 終わり方自体は結構あっさりしてましたねえ。大学自体の卒業にはさほど思うことはありませんが、生涯を通しての「学生」が終わったことは多少感慨深いものがあります。

 まあ肩書や生活は変わりますが……。
 私という人間がそこまで変わるわけではございません
 変化は無論あるのでしょうが、それは「自分自身を失う」なんて大袈裟なことではありません。これまでの生活の中で培ってきた「自分」として、今後の人生を乗り切っていきたいと思います。
 変わるべきところは変えて、変えられないものは磨き上げる。
 そういう心づもりで、これからも頑張っていきます。

ちょっと一息

 最近は京都旅行のことばかり書いていたので、少し息抜き。

 近頃は入社に備えての勉強、借りてきたDVDの観賞、その他諸々の所用が中心の生活を送っています。小説の執筆はあまり進んでないのが現状。少しずつは書いておりますので、三月中に一つか二つは更新したいと思います。
 と言っても、今週の水曜から祖母の家へ行ったりするなど、予定が結構あるので、時間がどれだけ取れるかは分かりません。まあ、無理しないようにぼちぼちやっていくつもりです。
 異法人の夜は第一部の修正があと二、三か月で終わればいいかな、といったところ。四月になったらもっと時間がなくなること必須なので、もっとかかるかもしれませんが。
 息抜きに短編でも書きたいなあ、という衝動もあったりします。さてはて、どうすべきか。

 ちなみに、忘れ去られそうな「足利尊氏の野望」。実は先日、全クリしてしまいました。プレイ日記はキリのいいところまで書いて、あとは一気に畳んでしまおうと考えています。ゲームの方でも、武田と北条倒せば勝負決まったようなものでしたので。