記事一覧

日暮の旅行日記・京都&大阪2008/第1話「京の朝」

 さて、昨日の続きです。

 夜行バスに揺られながら京都に着いた一行。
 私は田舎に戻る際に乗り慣れていたので、ピーター曰く「爆睡してた」。
 一方、他の二人はというと……ばっちり不眠症
 それゆえか、逆に超ハイテンション。
 人間、一線を越えると妙にノリノリになりますが、二人ともそんな感じでした。
 ちなみに私も釣られてノリノリ。人間、集団で行動する時は多数の勢いに乗ってしまうものなのです
 先行きが若干不安ですが、とりあえず京都駅には無事到着しました。

ファイル 70-1.jpg
(京都駅前、ガイドブックを参照する緑)

 朝食は評判のラーメン屋「第一旭本店」にて。
 行く途中「立ち小便禁止」の張り紙があったことを深く心に刻みつつ、徒歩数分で店に。

ファイル 70-2.jpg
(第一旭本店にて、特製ラーメン)

 麺が普通のラーメンとは少し異なり、食感が素晴らしい。
 お店自体は素朴な感じでしたが、とても美味でした。

 ちなみに、食事中は皆静かでした。
 行事が良いのか、それとも体力的にきつくなってきたのか……。

 朝食を食べ終えた後は京都御苑へ。
 いよいよ京都旅行の本番です!

日暮の旅行日記・京都&大阪2008/プロローグ「古の都へ」

 私、先日まで大学の友人二人と卒業旅行へ行って参りました。
 今回はその経緯なんぞを。

 事の始まりは、確か昨年の夏か秋頃でしたか。
 友人の「緑の人(以下緑)」が、「旅行行こうぜ!」と持ちかけてきたのです。
 彼はこういう計画を立案し実行するのが好きな性質で、既に二回も一緒に旅行へ行ったことがあります。なので、そのときは深く考えず「良いんじゃない?」と返しました。

 ところがぎっちょん、冬頃になると私もいろいろと問題が生じまして。
 そう、就職活動が終わらないという致命的問題です。
 正直なところ、場合によっては断ろうかと思ったこともありました。
 ……結局、就職も無事に決まって行けることになったんですけどね。
 ですので、私にとってこの旅行、参加出来たこと自体が一つの奇跡なわけです。研修の予定で日程がずれ込むなどの問題も生じましたが、緑の手腕によって解決。無事、出発出来るようになりました。

 学生は、特に私は貧乏なので、移動手段は夜行バス。
 待ち合わせは東京駅。一番近いということもあって、私が最初に着きました。他二人は遠いですからねぇ。特にもう一人の友人ピーターは茨城県在住なので、東京来るだけでもちょっとした旅行です。
 ちなみに私は花粉症対策のため、旅行中はずっとマスクを装着してました。目印として分かりやすかったのか、早速ピーターと合流。
 こちらがリュックとショルダーなのに対し、向こうはリュックオンリー。スマートです。無駄がありません。
 最後にやって来たのはプロデューサー緑。何でも、しばらくの間風邪で倒れていて今も本調子ではないとか。
 しかし、彼はネタが大好きな性質でしてね。
 以前の旅行でも、思わぬ同行者「ウィー(Wiiにあらず)」を連れて来たりしてたんですが……。
 今回もまた、第四の同行者を連れて参りました。
 風邪だというのにね。よくやりますよ本当!(褒め言葉)

 そんな同行者の正体は、こちら!

ファイル 69-1.jpg

 旅行中コロコロ名前が変わりましたが、この日記では「クロ社長」で統一したいと思います。
 尻尾を引っ張るとプルプル震えて、鼻のあたりを押すと微妙にリアルな鳴き声を上げるのが特徴的。
 旅行中は何度も緑の手で、どこぞの軍師並に首を回転させられるはめになったので、そのうち千切れ飛ぶんじゃないかと冷や冷やものでした。
 ちなみに、社長の登場で話題はなぜか「ARIA」へ。以後やたらと「はひ」「ぷいにゅ~」が野郎どもの会話の中に現れるように

 ともあれ、三人と一匹での卒業旅行の始まり。
 夜行バスに乗り込んで、まずは京都駅を目指します。

ファイル 69-2.jpg

 出発直前、バスの中にて。
 手前が緑で奥がピーターです。個人情報がとかく問題視される時代なので一部加工してありますが
 私たちの座席は二階部分に上ってすぐのところ。緑の前がちょうど階段の手すりになっています。
 ちなみに、クロ社長は手すりの上に鎮座して、上ってくる乗客を威圧せんとしていました。に゛ゃあ。

二回目の研修終了

 今度もSQLとJAVAについて。JAVAはともかくSQLが一気に難しくなった気がします。まだ基礎中の基礎なんだろうに、先が思いやられます。

 ちなみに、昨日書いた京都旅行編は時間をかけて不定期連載にしていく予定です。間に別の話が入ることも多々ありますので、ご了承を。

私信:第二次卒業旅行は三月後半に中学・高校の頃の友人と行く予定です。そちらも余力があれば日記であることないこと書くつもりでございます。

第一次卒業旅行から帰還致しました!

 京都・大阪旅行から戻ってきました。
 なんというか……
 ボリューム満点!
 これほど濃い旅行は初体験かもしれません。時間の感覚が吹っ飛んで、キング・クリムゾンを叩き込まれたような気がしています。

 京都御苑!
 厳島神社!
 梨木神社!
 蛤御門!
 護王神社!
 二条城!
 神泉苑!
 金閣寺!
 北野天満宮!
 銀閣寺!
 南禅寺!
 清水寺!
 東寺!
 道頓堀!
 くいだおれ!
 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン!

 本当にいろいろなものを見てまいりました!
 これでしばらくはネタに困らな……げふんげふん。
 ともあれ、良い意味で刺激的な旅行でした。私はデジカメの電池が途中で切れてしまい、大阪の写真は撮れませんでしたが、それでも191枚も撮ってしまいましたよ。京都、恐るべし。
 これから時間をかけて、この旅行についてあることないこと書いていきたいと思います。

 登場人物
 日暮:花粉対策のため大抵マスク。別名キャシャーン。
 ピーター:クールな突っ込み担当。ただし瞬間爆発力は最大級。
 緑の人:旅行の立案・企画担当。タコとツンデレを愛する。

連続更新の終了

 少し前から、「毎日書こう」を目標にしてきたこの日記。その連続更新記録も、今日でストップになります。
 理由は単純、今日の夜から旅行に出かけるからです。行先は京都。旅行の様子は、22日に帰還してから面白おかしく、あることないこと語り散らしていく予定です。……なんか長くなりそうだな。しかも私の化けの皮が剥がれるかもしれない。
 ……まあいいや。あまり期待せずにお待ちください。

 とりあえず、22日まではメールなどへの返事も出来なくなりますのでご了承くださいませ。

今週からは花粉に注意だそうで

 死の宣告食らったような気分です。

 さて、今日はjavaの勉強を地味にやっておりました。以前作った(参考書に書いてあった)数当てゲームをちょいちょいといじってみたり(改造と言えるほど大それたことはしてませんが)。見るよりやる方が覚えやすいですね。
 同時にSQLの勉強もしようと思ったのですが、フリーのやつのインストールがなかなか難しい……単純に私が英語出来ないだけですが。
 もうちょい英語真面目に覚えていれば良かったかなぁ……。

過ぎ去った行事たち

 日記では書いてませんでしたが、一応二月の行事はそれなりにやってました。節分で落花生ばら撒いて食べたり、恵方巻きを黙々と食べたり、バレンタインは親から貰ったのを黙々と食べたり。……二月の行事って食べてばかりじゃないですかね?

 最近は一日が早くて、気を抜くとぼーっとしてる間に日が落ちてたりします。もっとしゃっきりせんと駄目ですね。
 とまあ書くことが特にない一日の日記でしたとさ。……明日は何かしよう。

尊氏の野望その八「武田・北条連合戦・第一幕」

 客将、村上義清の助力もあって奥州制覇に成功した古河公方足利家。しかし休む間もなく黒川城に攻めてきた武田家、古河御所を奪った北条家との戦が開始。後方では余りものたちに技術開発を急がせ、その間に進撃してきた武田の迎撃に出発。向こうは既に風林火山(武田の固有技術)を持っているので恐ろしく手強いです。
 ただ、統率能力では黒川城に待機中の師直、義経も負けてはいません。これに奥州組の津軽為信、最上義光を合流させて応戦。一度津軽為信隊が壊滅させられて捕虜にされるという事態も発生しましたが、捕えていた信繁隊を壊滅することで奪還に成功。信繁を捕えるという大金星。交渉で無償返還して、少しずつ名声を上昇。名声が上がると公家が来訪したとき、より上位の官職を買えるようになります。
 その間に北条から古河御所を奪還するため、奥州で修業済みの村上義清(騎馬・弓矢兵法コンプ)と佐竹義重、そして当主尊氏が太田城に集結。兵数に不安があるので、古河御所の領地にある建造物を破壊して城から敵を誘き出します。民衆からしたら良い迷惑でしょうが、ゲームのことなので気にしても意味はありません。
 時折綱成が出てきて苦戦することもありましたが、順調に相手の兵数を減らすことに成功。更に兵数を減らすため尊氏と義清でまだ生き残っていた宇都宮を襲撃。案の定兵数が減っていた太田を狙って、古河御所などから北条軍が出撃。ある程度引きつけたところで、小高城に移っていた義重が部隊を率いて太田に急行。尊氏と義清も引き返してこれを迎撃。関東国人衆も加わって、北条勢をボコボコに。ある程度叩いたところで、尊氏・義清は再度宇都宮を攻めて、今度は本当に滅ぼします。黒川城との間にあって邪魔だったので、これですっきりしました。
 その直後、内政は後回しにして、宇都宮と太田から古河御所を挟撃。兵数が減っていた北条はあえなく敗北。古河御所を奪還することに成功しました。しかし、北条勢はまだ小田原を中心に十万以上の兵を有しています(このゲーム、兵数の桁がおかしいのは仕様です)。さて、どう攻めるべきか……。

24シーズン6「ところでマイクはどこ行った?」

 現在ヘラー長官からジャックがきっつい一言を喰らった場面。「君は呪われている」。論理的ではないものの、ジャックが言い返せないのもまた事実。まあサスペンスの主人公なんて皆呪われてるようなものだしなぁ。
 この辺りにきてCTU内部の人間模様に随分と変化が。前半男を上げたマイロが微妙な男になってしまい、代わりにドイルが評価上昇中。そしてブキャナンが大人の事情でリストラされて後任がナディア。この人選は意外なようで、割としっくりきました。クロエやモリスは指揮官タイプじゃないしマイロも全体の統括をするような感じではない。ドイルは貴重な現場指揮官だから、残るはナディアかなぁ。ともあれ、ブキャナンは無事に退場出来そうで一安心。これまでのCTUロス支部長はいずれも悲惨な形で退場したので。特にライアン・シャペルは今思い出しても気の毒。

 一方大統領サイドはウェインが無理し過ぎてダウン。症状が重いので、今後登場するのかどうかが危ぶまれます。万全の状態で再登場することはもうなさそうかも……。
 大統領代理になったダニエルズとトムのやり取りは何か妙におかしみを感じます。なぜだろう。ダニエルズの駄目男っぷりがどういう方向に転がるのかが気になります。ローガンみたいになるのか、愛嬌のある駄目っぷりを見せてくれるのか。……そういえばローガンどうなったんだろう。
 何気に政治家サイドでお気に入りだったマイクがいなかったのがちょいと寂しいところ。この分だとシーズン6は出ないまま終わりそうです。トムとマイクの討論とか見てみたかったんですが。どっちも仕草が妙に面白くて印象に残るんですよねえ。

 んで、オードリー。今回の彼女を見ていると、ジャックと別れる程度で済んだケイトはまだ良い方だったのかな、とか思います。彼女もシーズン2では散々な目に逢ってましたが、テリーやオードリーに比べれば……。
 そう考えると、キムの選択肢は賢明だったのかもしれませんねぇ。

家事手伝い

 母が風邪引いたので家事手伝い中。食事作りはやっぱり大変ですね。献立決めるのが一番面倒。掃除と洗濯は慣れたのでどうとでもなりますが、食事は毎回違ってくるので慣れるようで慣れません。

 ついでながら、昨日支払したばかりの空気清浄機が届きました。アマゾン早いよ。
 今は私の後ろで微妙に音たてて動いております。効果のほどはよく分かりませんが、心なしかすっきりした気分。加湿器の効果なのか、少し寒くなるのが難点ではありますが。これからの時期花粉で酷い目にあうので(確定)、空気清浄機は強い味方になってくれそうです。