記事一覧

ローマ人の物語/アントニヌス・ピウス

 賢帝の世紀・下巻はハドリアヌスの生涯の続き、そしてアントニヌス・ピウスについて触れられています。五賢帝最後の一人については、番外編を挟んだ後になります。
 昨日はトライアヌスとハドリアヌスが好対照だと書きましたが、ハドリアヌスとアントヌス・ピウスも好対照と言えますね。トライアヌスとアントニヌス・ピウスが似ているというわけではありませんが。
 同じ五賢帝でも、彼らは大分違ったタイプの皇帝たちでした。それが皆「賢帝」とされたのは、現実に即した対応能力の高さという共通点があったからでしょう。自分に合ったやり方で、そのときの帝国に合った統治を実施する。言葉にすると簡単ですが、実際は非常に難しいことだったのではないかと思います。ケース・バイ・ケースを重視したとされるローマ人らしいような気もしますが。
 そして次回は番外編。このシリーズで度々触れられている、ローマのインフラについての内容になります。

ローマ人の物語〈26〉賢帝の世紀〈下〉 (新潮文庫)
ローマ人の物語〈26〉賢帝の世紀〈下〉 (新潮文庫)塩野 七生

新潮社 2006-08
売り上げランキング : 1938

おすすめ平均 star
star皇帝にも色々いる
starあまりにも良い仕事をしすぎた逸品。

Amazonで詳しく見る

ローマ人の物語/ハドリアヌス

 賢帝の世紀・中の主人公は五賢帝の三番手、ハドリアヌス。即位の際に生じた疑惑や問題、「一貫しないことでは一貫した」と評される気難しい性格など、ハドリアヌスは個人としての面が強い人物のように感じました。上巻の主人公であるトライアヌスが「私」を見せず「公」としての面を強く持っていたのとは好対照ですね。まあトライアヌスは史料がほとんど残ってなかったという事情もあるんですが。
 中巻のメインはハドリアヌスが決行した「再構築の旅」。広大なローマ帝国の各地を、最高統治者が直接視察する。こういう発想がどこから来たのか結構気になりますね。当初は短期間で済ませるつもりだったのが、「これはまずい。他のところも見て回らなければ」とでも思うようになったのでしょうか。
 しかし、現場の人はどう思ってたのかと想像すると、少し笑えるのは気のせいでしょうかね。ハドリアヌスみたいな気難しく手厳しい皇帝が職場に現れるのだから、結構「うわ、今度うちに来るのかよ」とか思う人もいたんじゃないかな、などと勝手に想像してみたり。

ローマ人の物語〈25〉賢帝の世紀〈中〉 (新潮文庫)
ローマ人の物語〈25〉賢帝の世紀〈中〉 (新潮文庫)塩野 七生

新潮社 2006-08
売り上げランキング : 15614

おすすめ平均 star
star精力的な皇帝
star百聞は一見にしかず

Amazonで詳しく見る

ローマ人の物語/トライアヌス

 トラヤヌスとも。
 五賢帝の二番手であり「至高の皇帝」と元老院から称された彼の生涯が、文庫版「賢帝の世紀・上」のメインとなっております。
 彼自身は元老院からの受けもよく、市民や軍団からの指示も得て、戦争に勝利して領土を拡大に成功するなど、いろいろやっており、読む側としても飽きない内容でした。同時に、トライアヌスの仕事ぶりを見ていると、皇帝というのは普通の人間がやれるものではない、と再認識。三流では駄目、二流でも駄目、一流でも場合によっては駄目、というぐらい厳しい職務だったんでしょうねぇ……。
 個人的に気になったのは、このトライアヌスの伝記がろくに残っていないということでしょうか。作中でもいろいろと述べられてましたが、やはり遠い時代の出来事なのかな、とありきたりなことを考えてしまいます。

ローマ人の物語〈24〉賢帝の世紀〈上〉 (新潮文庫)
ローマ人の物語〈24〉賢帝の世紀〈上〉 (新潮文庫)塩野 七生

新潮社 2006-08
売り上げランキング : 7310

おすすめ平均 star
star賢帝トライアヌス
star読みやすくなって、ハイ!
starトライヤヌスの偉業

Amazonで詳しく見る

楠木正成(北方謙三)

 中央公論新社での北方謙三南北朝は「悪党の裔」→「道誉なり」→「楠木正成」という順番で発表され、私もその流れに沿って読み進めてきました。ところどころで前二作とリンクさせつつ、南北朝の英雄とされる楠木正成を等身大に描いた手腕はさすが。
 ただ、最初に本作を読んでいたらちょっと分かりにくいところがあったかもしれません。まあ南北朝時代は元々分かりにくい時代なんですが。
 描かれるのは臆病であり大胆、悩み続けながらも決断を下す、失望を胸に希望を求めた、という人間臭い楠木正成。地獄のような千早城を乗り越えた先にあったのが失意だったというのは切ないところ。
 正成がその命を落とす湊川まで描かなかったのは、そこまで行かずとも十分に正成という男を描ききったからでしょうか。私はそういう風に受け取ったので、それに関しては特に不満はありませんでした。
 人は利によって動く、という悪党の在り方を語る正成を見ていると、なんとなく「竜馬がゆく」の竜馬を思い出します。尊王攘夷に熱中する周囲を少し冷めた視線で眺めていたという点で、両者からは少し似た印象を受けました。

楠木正成〈下〉 (中公文庫)
楠木正成〈下〉 (中公文庫)北方 謙三

中央公論新社 2003-06-24
売り上げランキング : 23415


Amazonで詳しく見る

感想二つ

 マックで時間潰す間に読み終えたので、佐藤進一氏の「南北朝の動乱」について少し。
 この著書は四十年ほど前に書かれたもので、私が読んだのは割と最近中央公論新社から発刊されたものです。文庫サイズなので持ち運びに便利。分厚いので結構重いですけど。
 内容に関しては、後醍醐天皇による建武の新政から足利義満が日本国王を名乗るまで。いわゆる南北朝時代と呼ばれる時期全般を扱った著作なんですね。
 四十年前とは言え、内容は現在にも通じるものがあります。南北朝時代研究に非常に大きな影響を与えたものだと、あとがきで森茂暁氏が述べております(同氏の著書も持っているので、今後読み比べてみたいですね)。私は専門家ではないのでどの程度が現在も通用する説なのかは把握しきれていませんが、充実した内容であることは間違いありません。
 歴史の主役である著名人たちだけでなく、当時の農民や商人といった、あまり表に出てこない人々についても触れられている点は大きいです。
 多くの要素を無理のない形でまとめられているので、南北朝時代を本格的に調べようという私にとっては非常に助けになる本です。索引などもあって、後から見直すときも分かりやすいですし。

日本の歴史〈9〉南北朝の動乱 (中公文庫)
日本の歴史〈9〉南北朝の動乱 (中公文庫)佐藤 進一

中央公論新社 2005-01
売り上げランキング : 18972

おすすめ平均 star
star40年前の刊行ながら今でも基本書となる名著

Amazonで詳しく見る


 んで、そのあとに読んだのが北方謙三氏の「楠木正成」。題名の通り楠木正成が主人公で、若干同氏の作品である「悪党の裔」とのリンクが見受けられます。
 現在は上巻を読み終えたところですが、臆病でありながら大胆でもある人間正成を、男らしく描いている、といった印象。若さゆえか、似たような立ち位置にいた「悪党の裔」の主人公、赤松円心よりも悩んでいる場面が多いような気がしました。
 北方南北朝作品でよく重要人物としてあげられる大塔宮は今作も建材。物語の開始時期が「悪党の裔」や「道誉なり」より前なので、これまで描かれなかった彼の姿も描かれています。
 下巻でどう終わらせるのかが気になるところ。結構進み方ゆっくりなので、建武の新政辺りはさらっと流すんでしょうか。

楠木正成〈上〉 (中公文庫)
楠木正成〈上〉 (中公文庫)北方 謙三

中央公論新社 2003-06-24
売り上げランキング : 93585

おすすめ平均 star
star人らしい正成の像
star私的には△でした
star古い史観を打破する正成像

Amazonで詳しく見る

ローマ人の物語/ティトゥス、ドミティアヌス、ネルヴァ

 なぜか読むのに時間がかかった「危機と克服(下)」。なんでだろう。
 今回はヴェスパシアヌスの後を継いだティトゥス、ドミティアヌス、ネルヴァまでを描いた物語。と言っても、ティトゥス、ネルヴァがあっさり亡くなっているので、実質この巻の主人公はドミティアヌス……とも言いにくいような。
 ローマ人の物語は個人よりもローマという国家に重きを置いて描かれており、人物に関しては比較的ドライに描かれていることが多い(カエサル辺りは個人重視になってましたが)のですが、ドミティアヌスに対する見方は、特にそれが顕著に表れていたような気がします。彼個人を描くのではなく検証する、といった方が正確でしょうか。そうした色合いが濃かったので、ドミティアヌスの治世には触れられていましたが、彼個人にはさほど触れられていないように思えました。まあ記録抹消刑になってる人なので(しかも古代)、個人を描くというのが非常に難しいというのもあるのでしょうけど。
 この巻での見所はティトゥス編の最後、彼に対する皮肉まじりの評。それと巻末におまけとして書かれていた詩人の物語の二点でしょうか。詩人の話は本編よりも面白く感じたかも。
 ネルヴァは本当に影が薄くて語ることがないなぁ……。


ローマ人の物語〈23〉危機と克服〈下〉 (新潮文庫)
ローマ人の物語〈23〉危機と克服〈下〉 (新潮文庫)塩野 七生

新潮社 2005-09
売り上げランキング : 15091

おすすめ平均 star
star厳格すぎた皇帝の末路
star皇帝ドミティアヌスはなぜ「悪帝」のレッテルを貼られたのか

Amazonで詳しく見る

ローマ人の物語/ヴェスパシアヌス

 ローマ人の物語。今回の舞台は三人の皇帝が相次いで倒れた後の時代。
 この巻では、前半が属州兵の反乱やユダヤ人との攻防、後半がヴェスパシアヌスの治世についての描写となっています。
 ヴェスパシアヌスは堅実という印象が最初に来ます。危険な博打はほとんどしない。それも、彼個人だけではなく、彼の周囲にいる人々皆がそういう姿勢であったために、内乱で疲弊した帝国の再建を達成出来たのではないかな、と思います。堅実過ぎて、それほど描写は多くありませんでしたが、それが彼らの魅力を損なうわけではありません。
 ただ、彼らが堅実な行動を取ろうとしたのは、やはり前の巻で触れた内乱の後だったから、というのもあるような気がします。多くの前任者たちの失敗を見ていれば、ある程度良識のある人なら堅実にやろうと考えたんじゃないかなぁ……。
 むしろ、個人の気質よりもローマ帝国のシステムの方が印象に残りました。ユダヤ人という特異性の強い人々と比較してみると、それがよりよく分かる気がします。


ローマ人の物語〈22〉危機と克服(中) (新潮文庫)
ローマ人の物語〈22〉危機と克服(中) (新潮文庫)塩野 七生

新潮社 2005-09
売り上げランキング : 4882

おすすめ平均 star
starローマ帝国の懐の深さ
starローマの危機管理
star「健全な常識」を持った皇帝の解決方法

Amazonで詳しく見る

ローマ人の物語/ガルバ、オトー、ヴィテリウス

 今回は、アウグストゥスの家系(ユリウス・クラウディウス朝)がネロの死によって終わりを迎えた後のローマの話。
 具体的な年を述べると紀元六九年(正確には六八年も少し含む)。この一年の間にローマ皇帝が三人も殺されたのだから、物騒な時代と評したくもなります。アウグストゥスの目指した『血統による皇帝』は、当人の資質が良いとは限らないという欠点がありましたが、血統という制約がなくなると実力者たちが俺だ俺だと皇帝の座を賭けて争うことになる、と。
 しかし、血統主義が薄れて実力主義の時代になった、とばかりは言い難い気もします。なぜなら、ここで皇帝になった三人が、どれもこれも皇帝として十分な力量を持っていなかったから。
 この話を読み終えての個人的な人物評。
 まず、ネロの後を継いだガルバ。ネロと同じくらい空気読めてません。加えて、その資質は凡人。変革期にこういう人が台頭すると却って事態がややこしくなる、という典型かと。最後はオトーによってあっさり暗殺。殺されるその瞬間、彼はその理由を理解できていたんでしょうか……?
 そんなガルバを暗殺して皇帝になったオトー。まず暗殺という手段が褒められたものではありません。気持は分からなくもないけど。あとは前線経験のなさでしょうかね。どちらかと言えば文人タイプだったのかも。
 で、オトーと同時期に皇帝の座を狙って決起したヴィテリウス。この話を読んだだけの印象で言うならば、ネロよりこいつの方がよほど酷いと言わざるを得ません。塩野さんはネロを「やるべきこともやるが、それを余計な行為で台無しにする」と評したのに対し、ヴィテリウスに対しては「やるべきことをやらず、やるべきではないことばかりした」と評しているのですから。
 しかし、この三人も問題ですが、その下で働く兵たちも問題あり、と言えます。勝者が敗者に対して残酷になるのはまあ、分かります。良いとは言いませんが。しかし同じ国民同士が争う内乱でこれが起きると、国内で憎悪が増大し続けるという悪循環が生まれてしまうという……。まあヴィテリウスの統率力のなさも関係あるんでしょうけど。それを考えると、カエサルやアウグストゥスは内乱というのをよく捌いた方だな、と思えてきます。
 最後のローマ市民の態度に関しては、タキトゥスと塩野さんで見方が変わっていましたが、私はどちらにも納得しました。大衆というのは、掴みがたく恐ろしいものですねぇ……。

ローマ人の物語〈21〉危機と克服〈上〉 (新潮文庫)
ローマ人の物語〈21〉危機と克服〈上〉 (新潮文庫)塩野 七生

新潮社 2005-09
売り上げランキング : 10863

おすすめ平均 star
starトップの大切さ
star感情による時代の動き
starローマ帝国の骨格

Amazonで詳しく見る

ローマ人の物語/ネロ

 今日も今日とて読書の秋。ローマ人の物語、今回はアウグストゥスの築いた平和が崩れるところ。『暴君ネロ』のお話です。
 読んでいてまず感じたのは、塩野さんのセネカに対する厳しい姿勢。一方的に叩いているというわけではありません。評価すべきところは評価してます。しかし、その評価する際の姿勢が厳しいなぁ、と。
 私はまだ知識人というものがよく分からないので、セネカのような人物はどう評価すればいいのか迷ってしまいます。クラウディウスへの仕打ちは個人的に嫌いなんですが、あれも政治的な意図があったわけですし……。
 で、肝心のネロ。キリスト教を弾圧したということで、現在に至るまで大悪人とか暴君といった印象が強い人物。
 この物語では『空気の読めない若者』というように描かれていたかな、と。あと若気の至りが非常に多いです。若き皇帝ということで共通しているカリグラと異なるのは、善政を多少なりとも行っていたという点。意外ですが、やるべきことはそれなりにやってるんですね、彼。ただ、それ以上に余計なことやって、獲得した支持率を尽く失っていくという。
 あと彼の問題点は、皇帝でありながら、それとは全然関係ないことに力を入れすぎたという点。皇帝という立場から離れて一人で何かするならいいんですが、彼は自分の趣味嗜好を皇帝という立場のままでやってしまった。公私混同と言っていいのかどうか分かりませんが、そういうことばかりやってたら支持を失うのも当然かな、と。しかも、その支持率回復のためにキリスト教に濡れ衣着せて弾圧したもんだから……。
 行動力はありながらも、現実性がなく、視野が狭い。この物語のネロからは、そんな印象を受けました。
 健全な肉体に健全な精神が宿るとは言いますが、健全な愛情なくして健全な精神は成立しないんじゃないかな、と、カリグラやネロを見てると思います。

ローマ人の物語〈20〉悪名高き皇帝たち(4) (新潮文庫)
ローマ人の物語〈20〉悪名高き皇帝たち(4) (新潮文庫)塩野 七生

新潮社 2005-08
売り上げランキング : 5589

おすすめ平均 star
starやりたいことと、やらなくてはならないこと
starネロのイメージがかわった。
starローマ皇帝のかたち

Amazonで詳しく見る

ローマ人の物語/クラウディウス

 駄目だ。最後のクラウディウスに対する仕打ちのせいで、セネカが嫌な人間に思えて仕方がない。実際はそれだけの人ではないんだろうけど。
 そんなわけで今日もローマ人の物語。文庫版は短くてさくさく読み進められるのがいい感じですね。巻数は凄く多いけど、一冊一冊は安めだし。総合的に見るとどうなんだろ。
 閑話休題。
 この巻では、失政を繰り返したカリグラの後を引き継いだクラウディウスが描かれています。前任者よりずっと年上。しかも前任者を暗殺した者たちに擁立された皇帝。失政者カリグラの後だから即位はスムーズに行われたけど、当時の人々はこの新皇帝にどんな感情を抱いたんでしょう。
 そんなクラウディウスは、ずばり情けない中年でした。生まれつき身体が弱く公職からも離されていたので、人にどう見られても「俺なんてそんなもんだよ」と考えてしまう。これがティベリウスなら完全に黙殺しそうなところですが、クラウディウスは何か開き直っていたような感じがします。「俺なんかどうせ」といった風に。
 ただし、クラウディウスはいわゆる歴史学者として生きてきた人だったので、先人の教えを生かす、という点では一流。イメージ的には、長年図書館の司書をやっていたおじさんが突然内閣総理大臣に任命されたようなものです。頭は良かった。地道な作業をコツコツと続けることも出来た。だから元老院にも、彼に協力する人が出てきたんでしょう。
 ただ、いきなり知らない人だらけのところに放り出されれば、誰だって不安になる。しかもクラウディウスは「俺なんかどうせ」気質の人だったから、かなり心細かったんじゃないかな、と思います。そこで自分と親しい奴隷を重用するわけですが、これで元老院が不満を抱く。格下扱いしてきた相手に実権取られたんだから、まあ不満も出て当然かもしれません。
 おまけにクラウディウスは家庭に、特に妻に恵まれなかった。気の弱い権力者ということでその妻はいろいろ問題を起こし、ある者は自害を命じられ、ある者は旦那であり皇帝でもあるクラウディウスを毒殺する。どんだけ気の毒な人なんだこの人は。
 でも、クラウディウスには何か親近感を抱いてしまうんですよねえ。私も歴史好きですし、身体もあまり丈夫じゃないからか。実際、現代でもこういうクラウディウスみたいなおじさん、いそうな気がします。皇帝と言うには情けなかったけど、学者としてなら良い人だったんじゃないかな、と思います。実際、学者のままで生きてた方が当人にとっては幸せだったんじゃないだろうか……。
 でもあのガリア民族の元老院入りに関する演説は素晴らしいと思いました。史家たちが称賛したっていうのも頷けます。


ローマ人の物語〈19〉悪名高き皇帝たち(3) (新潮文庫)
ローマ人の物語〈19〉悪名高き皇帝たち(3) (新潮文庫)塩野 七生

新潮社 2005-08
売り上げランキング : 8569

おすすめ平均 star
star「敬意」を払われることの重要さ
starクラウディウスは悪名高き皇帝じゃない。
star真骨頂

Amazonで詳しく見る